アクセス解析
カウンター

▲前へ戻る  ▼次へ進む  


 囮の暗号「咎なくて死す」

現存する最古の「いろは」は、1079年(承暦3)に成立した『金光明最勝王経音義』
(音義=発音や文字の意味について説明を加えたもののこと)に、音を表す文字の表、すな
わち字母表として、表1のように、7x7個のマス目に記されている。このように、学問的な
世界で用いられていた「いろは」が、鎌倉時代以後、仮名の手習(習字)の手本に使われるよ
うになり、しだいに一般庶民にもなじみ深いのものになった。

そして、江戸時代になると、谷川士清(1709〜1776)の『和訓栞』の大綱のように、
7段書きした「いろは」の沓に相当する7字「とかなくてしす」(図1の太字)が、
「咎(罪)なくて死す」と読めるのは、意図的なものだという説が現れる。

また、竹田出雲(2世)作の『仮名手本忠臣蔵』(初演1748年)という人形浄瑠璃の題名は、
「仮名手本」=「いろは」47文字によって、主君の仇討ちをした赤穂浪士の数を示すだけでな
く、「咎なくて死す」によって、幕府のとった47士全員切腹という厳しい処置に対し、
無言の抗議をしている。当然、そのことは観客に通じたはずだから、江戸中期には、
「咎なくて死す」が多くの人に知られていたと考えられる。

さらに、吉澤義則氏は、『書道全集12』(平凡社)の中で、江戸末期に、「咎なくて死す」を
菅原道真の事跡に結ぴつけようとする説があったとしている。

竹田出雲には、道真の配流を大筋とする人形浄瑠璃『菅原伝授手習鑑』(初演1746年)
がある。「手習鑑=手習いの手本」とは「いろは」のことだから、この題も道真の死を「咎
なくて死す」と見ていることになる。すなわち、江戸末期ではなく、江戸中期にすでにそのよ
うな考え方があったということである。

大正時代にも、字母歌を本格的に研究した大矢透が、『音図及手習詞歌考』の中で、「咎な
くて死す」を問題にしている。大矢透は、この言葉を、「罪科もなく、清らかに死んでいく」
という意味に解釈し、「いろは」の内容とも密接に照応し、仏教思想の理想的境地を端的に表
現した言葉であるという。そして、もしこれが「いろは」の作者の工夫によるものであれぱ、
その周到さに驚かざるをえないし、また、かりに偶然であったとしても、幼童の徳育に利用す
べきであると述べているという(小松英雄著『いろはうた』中公新書による)。

だが、大矢透の著書は、一般の人々の目に触れるものではなかった。その著書に接する専門
の学者は、西洋流の合理的な考え方から、「咎なくて死す」を偶然と見なし、問題にしなかっ
た。戦後、現代かなづかいが行われるようになり、「いろは」が過去のものになってしまった
ため、この謎の言葉は、危うく永遠の闇に葬り去られようとしていたのである。

ところが、この言葉が、新たな生命を吹きこまれて、現代に蘇った。詩人の篠原央憲氏が、
その著書『いろは歌の謎』において、これを無実の罪で処刑されようとする万葉の歌人柿本
人麻呂が怨念をこめて残した、暗号による遺書だと論じたからである。

篠原氏は、『日本書紀』や『続日本紀』に、理解し難い奇妙な文章があることを不思議に思
い、日本古代の暗号を研究したという。そうなると、誰しも折句に注目する。篠原氏も、沓冠
の暗号を調べた。そして、その合間に、偶然「いろは」の沓の「咎なくて死す」に気づいたの
である。そのときのことを、篠原氏は次のように述べている。

これは、いったい、どういうことなのか。わたしは一瞬、戦慄した。偶然に、こんなこと
ばの配列になったのであろうか。「咎(罪)なくて死す」とは、無実の罪で死んでゆくこ
とを訴えたことぱである。このよわく哀しいひびきをもった暗号文は、いつ誰によって、
なぜつくられたのか、わたしは、それがつくられた古い時代、おそらく平安初期か奈良時
代ごろの、この作者の境遇に思いをはせたのであった。

(『いろは歌の謎』カッパプックス)

「咎なくて死す」を「無実であるにもかかわらず死す」と解釈した篠原氏は、「いろは歌」
を次のように訳している。

自分はかつて栄光の座で花やかに生きたこともあったが、それはもはや遠い過去のものと
なった。この世はあすがわからない。自分にかわって、いま栄華をきわめる者も、いまに
どうなるか、わからないのだぞ。生死の分かれ目の、きびしい運命のときを迎えた今日、
自分はもうなんの夢を見ることもないし、それに酔うこともない。
                                                 (同)

そして、無実の罪で処刑される前に、仮名47文字で素晴らしい内容の歌を作り、そのなか
に暗号を仕組むことができた天才歌人は、歌聖柿本人麻呂よりほかにはいない、と篠原氏は
考えたのである。

だが、『いろはうた』の中で小松英雄氏は、「日本語史の専門家にとっては、一笑に付すべ
き妄説である」と、篠原説を酷評している。「いろは」が平安時代に成立したものであるから
には、この酷評もやむを得ない。


▲前へ戻る  ▼次へ進む   

「いろは歌」の暗号  「いろは歌の暗号」の検索順位

 

 

 

 

 

 

アクセスカウンター