2.古田武彦氏の説のウソ

 

2−1 景初3年が正しい理由

私は、古田武彦氏の『古代は輝いていたT』を読んで、こんなに面白い本はないと感じました。
ところが、『古代は輝いていたV』を読み終えたとき、この大ウソを暴きたいと考えていました。

卑弥呼の遣わした使者が帯方郡に朝貢を願い出た年は、
「魏志
倭人伝」では、景初2年(238)になっています。

しかし、「魏志東夷伝序文の次のような記述から、
この
景初2年が、3年の誤りであることが分ります。

公孫淵(こうそんえん)が父祖3代にわたって遼東の地を領有したため、
天子はそのあたりを絶域(ぜついき:中国と直接関係を持たぬ地域)と見なし、
海のかなたのこととして放置され、その結果、
東夷との接触は断たれ、
中国の地へ使者のやってくることも不可能となった。

景初年間(237〜239)、大規模な遠征の軍を動かし、公孫淵を誅殺すると
さらにひそかに兵を船で運んで海を渡し、
楽浪(らくろう)と帯方(たいほう)の郡を攻め取った

これ以後東海のかなたの地域の騒ぎもしずまり、東夷の民たちは中国の
支配下
に入ってその命令に従うようになった。
(今鷹真・小南一郎・井波律子訳『三国志2』世界古典文学全集24B:筑摩書房)

この序文から、魏が帯方郡を攻め取ったのは公孫淵誅殺後であることが分かります。
また、「魏志公孫淵伝」によると、
公孫淵誅殺は景初2年8月23日の出来事です。

それゆえ魏が帯方郡に太守を置くのは、景初2年8月以後のことになり、
景初2年6月に、倭国の使者が帯方郡へ朝貢を願い出ることはあり得ないことが分かります。

この事実に最初に注目したのは、『梁書』の編者、姚思廉(ようしれん)のようです。

「梁書倭伝」には、『魏志』の東夷伝序文と公孫淵伝の記述を踏まえて、
「魏の景初3年、公孫淵が誅せられた後になって、卑弥呼は始めて使いを遣わして朝貢した」
と記しています。

『梁書』に10年ほど後れて成立した「晋書倭人伝」には、
「宣帝(司馬懿)が
公孫淵を平らげると
倭の女王は使いを遣わして帯方郡にやってきて朝見した」
とありますが、これは、「梁書倭伝」の記述を下敷にしたものではないでしょうか。

姚思廉は、倭国史に大いに関心を寄せていたらしく、
「景初
年→景初年」の外にも、「国→国」、「与→与」、
桓霊の間(後漢書)→霊帝の光和年間」、「(宋書)→
などの書き換えをしています。(
珎  弥

そのうえ、『宋書』に載っていない、5世紀の倭王と済のつながりが、
父と子であることなどを記しています。

ところで、『日本書紀』顕宗即位前紀には、
梁書武帝紀」の文を利用して作文した個所があります。

だから、日本史を編纂していた書紀の編者たる者が、
梁書
倭伝」を見ていない、とは考えられません。

その証拠に、神功39年の項には、「この年は、太歳己未(つちのとのひつじ)である」
と干支だけを記し、その後に分注として「
明帝景初3年39年)6月、倭の女王、……」
と、「魏志
倭人伝」の記事を引用しています。

書紀では、天皇の元年を表す際に太歳干支を用いていますが、
この太歳己未は、何を表そうとしているのでしょうか。
見方によれば、この年は親魏
倭王の元年であり、同時に魏の少帝曹芳の元年になります。

いずれにしろ、本文がその年の干支だけという異例の記事は、
明帝の年号でありながら、実際には丸1年少帝曹芳の年号であった、
景初3年
という年号の異常さに注意を向けるものであることは間違いないでしょう。

また、景初2年は誤りで、景初3年が正しいとする
姚思廉の指摘に賛意を表す意味もあるのではないかと考えられます。

なお、干支は1から60までの数字を循環させるのと同じ意味があります。
だから、干支で年を表す場合、60年前と60年後は干支が同じになります。

1〜3世紀の間では、59年・119年・179年・39年・299年が己未の年に当たります。
そして、神功
39年己未39年に相当します。

つまり、<神功紀の年数+200年=西暦の年数>という等式が成立するわけです。
(書紀の編者に西暦の知識があるという意味ではありません)

このことに注目すれば、<神功皇后の年齢は、ちょうど100歳>であることや、
神功紀に、<干支2巡分(120年)新しい百済王に関する記事>が載っていることに
作為を感じないでしょうか。

後に紹介しますが、このようなことに作為があるのではないかと疑うことによって、
『日本書紀』の年代を復元するための手がかりが得られることになります。

それはさておき、江戸中期の朱子学者で政治家として知られる新井白石も、
姚思廉の指摘を敷衍するかのように、
「古史通或問(わくもん)」において、

使に景初二年六月倭女王其大夫をして帯方郡に詣りて天子に詣りて朝献せん
事を求む。其年十二月に詔書をたまはりて親魏倭王とすと見へしは心得られず。
遼東の
公孫淵滅びしは景初二年八月の事也。其道未だ開けざらむに我国の使人
帯方に至るべきにもあらず。

と述べています。

<上記の文は、古田武彦氏の話題作『「邪馬台国」はなかった』(角川文庫)から孫引きしました。
「魏
使」は明らかに「魏」の誤記ですが、そのままにしておきました。>

東洋史の京都学派をなしたという内藤湖南も、次のように、正しい捉え方をしています。

景初二年六月は三年の誤りなり。神功紀に之を引きて三年に作れるを正しとすべし。
倭国、諸韓国が魏に通ぜしは、全く遼東の公孫淵(こうそんえん)が司馬懿(い)に
滅ぼされし結果にして、淵の滅びしは景初二年八月に在り、
六月には魏未(いま)だ帯方郡に太守を置くに至らざりしなり
梁書にも三年に作れり」(『卑弥呼考』)<上記の古田氏の著書より孫引き>

このように、『魏志』の東夷伝序文と公孫淵伝に基づいて、
姚思廉・新井白石・内藤湖南の三人は、異口同音に、次のように述べている訳です。

公孫淵が滅んだのは、景初2年8月だから、6月にはまだ魏は帯方郡に太守を置いてない。
景初2年6月は、3年の誤りである。

これに対して、現代の学者は、「景初年」の注として、次のように記します。

明帝の年号。景初年(239)の誤り。『日本書紀』所引の『魏志』および『梁書』は年とする。

すなわち、何らかの手違いによって、)が)となり、)が)となることならば、
長い年月の間には、十分起こりうることで、怪しむに足りない、という考え方をしています。

そして、陳寿は「邪馬国」の「」を「」、「景初年6月」の「」を「」と記していたので、
書紀の編者や姚思廉が見た「魏志倭人伝」には、景初
2年はまだ3年と正しく記していた、
という考え方をしているようです。

このような安易な考え方に対して、古田氏は鋭い批判の矢を放ちました。

中でも、3世紀から12世紀までの)との字形を丹念に調査して、
この2字はよく似ているとはいえないことを明らかにし、

さらに、『三国志』全体のの用例を全て調べ、
「邪馬
国」は、「邪馬国」の誤記ではありえないことを検証した手法は、
日本古代史学者の学問的姿勢に対する警鐘として、大いに評価します。

しかし、残念ながら、古田氏の説にはウソが多すぎます。その事実を知っていただくために、
古田氏がどのようにウソを積み重ねて、読者をミスリードするかを検証してみましょう。