ディアンタマを支える会

 インドネシア・西カリマンタン州のNGOディアンタマの活動を日本で支えるために、97年に設立されたものです。会員は毎年の植林イベント兼スタディーツアーの参加者が中心です。当初は雨水タンク建設への寄付集めや、スタディーツアーの開催などが主な活動内容でした。最近ではディアンタマの活動も軌道に乗って来たため、主にハニココの販売による奨学金支援をやりながら不定期に寄付者・会員に向けてニュースを発行しています。また、2004年末のスマトラ沖津波災害では、ハニココ起案者ジョニーの現地救援活動に呼応して日本で募金活動を行い、ハニココ購入者の方々や関係者などの多大な協力を得て、民間でできる被災者救援活動のモデルを示すことができました。今後は西カリマンタンに限らず、ジョニーやディアンタマとのネットワークでできることを進めて行きます。現在、特に広く会員を募集しておりませんが、興味のある方、イベントなどの手伝いをして下さる方がいらっしゃいましたら事務局・広若までご連絡下さい。

毎年のスタディーツアーでは現地の人々と一緒に植林もやります

赤道直下の炭やき体験実習

ツアー名物カプアス河の夕日

雨水タンク築造現場体験

トップページへ戻る

ディアンタマを支える会事務局      205-0015  東京都羽村市羽中4-2-16-305
                       電話/FAX 042-555-9514 担当 広若 剛士   
                                         ひろわかつよし