最終更新日
2016年8月1日

ハニココの輸入元=ディアンタマを支える会代表の広若が経営する東京・羽村ののんびりカフェ中車水車小屋のリンクはこちらです。

メルマガ

ギフトセット

砕いて細かくしたハニココを篩(ふるい)で選別する。この後乾燥機にかけて完成

ハニーココナッツ

インドネシア伝統のココナッツ椰子の花蜜を煮詰めただけの無添加・無農薬・無化学肥料・手づくりの甘味料
それがハニーココナッツ。(ココナッツシュガーとも言われています)血糖値の上昇を抑え、ミネラル豊富な健康食品。
1998年に始めたハニココ販売で毎年700人以上のインドネシア児童に奨学金を送っています。

ハニココ奨学金を受けている
Kanisius小学校の子どもたち

朝夕の二回、お父さんはココ椰子の木に登りつぼみの先から蜜を集めます。これがハニココの原料です。

それを約二時間煮詰め、固まる寸前に砕いて粉にしたのがハニーココナッツ=ハニココ。

ハニココ200g袋入と竹籠入
一袋・籠で1人1ヶ月分の奨学金に

竹籠づくりは家事の合間の手仕事
地元資源を生かした女性の貴重な収入源

ハニココギフトセットご注文から発送まで3週間でOKです。結婚式のギフトや節目の慶事に喜ばれています。

Facebook「ハニココ屋」で日々の活動をお知らせしています