語源

ベガルタ:の語源は七夕の織姫と彦星のベガとアルタイルからきています。(元ブランメル・伊達男、商標権の問題で改称したエンブレムの鷲は、彦星の属する「わし座」に由来し、「勝利をもたらす鷲」を象徴。サポーターとチームの情熱が一体になり、「炎の流星群」となる姿をイメージしています。
ゴールデンイーグルス: 金鷹(きんたか) いぬわし

 ワシ(鷲)とは、タカ目タカ科に属する鳥のうち、オジロワシ、イヌワシ科にて、比較的大きいものをワシ、小さめのものをタカ(鷹)と呼ぶが、明確な区別はなく、慣習に従って呼び分けているに過ぎない。
鷲はその姿から鳥の王者とされ、信仰の対象になったりした。ローマ皇帝の紋章は双頭の鷲であった。ナポレオンやイギリス王室など鷲を紋章にしているところは多い。
アルバニアの国旗には双頭のワシが描かれている。メキシコ国旗に描かれているワシはウィツィロポチトリの予言鷲」と呼ばれる。「蛇を咥えた鷲がサボテンの上にとまっている場所を見つけ、そこを都とせよ」という神託に従い、現在のメキシコシティに安住の地を見つけたというアステカ族の神話にちなんだものである。
アメリカ合衆国はハクトウワシを、フィリピンはフィリピンワシを国鳥としている。
鷲の尾羽は矢羽根として最高のものとされる。奥州の名産として朝廷や伊勢神宮の遷宮の折などに鷲の尾羽を献上したという記録が残っている。


タカ(鷹)、ワシ(鷲)、ハヤブサ(隼)の仲間

戻る