ピンク色の文字が平成14年4月1日に改正された部分。

新卓球(ラージボール)ルール
平成14年版

第1章 総則
(目的)
第1条 このルールは、日本卓球ルールに規定したボールの寸法をラージサイズとしたボール(ラージボール)を使用する新卓球ルールとして制定する。
 2 「第2章 基本ルール」では幅広く卓球の普及とともにレクリエーションとして卓球を楽しむことを目的とした諸規則を、「第3章 競技ルール」では、JTTAが主催または主管する競技大会で適用される諸規則を定めた。なお、その他の団体が主催するラージボールによる競技会にあっては「第3章 競技ルール」を合わせ適用して競技を行うことが望ましい。
 
第2章 基本ルール
(テーブル)
第2条 テーブル表面は長さ274cm、幅152.5cmで床上76cmにあるものとする。
 2 プレーイング・サーフェスは、木材またはこれに類する材質のものとする
 3 プレーイング・サーフェスの色は、単一色で反射しないものであれば、白、青、緑等明るいものであってもよい。ただし、エンドおよびサイドに沿ってプレーイング・サーフェスの色に対応した2cm幅のラインならびにダブルスのために3mmのセンターラインが引かれたものとする。
 
(ネット)
第3条 ネットの最上部は、全長にわたってプレーイング・サーフェスの上方17.25cmになければならない。ネットの色は任意とする。
 
(ボール)
第4条 ボールはセルロイドまたはプラスチック製とし、直径4.4cmの球体で、重さ2.2〜2.4gのオレンジ色で無光沢のものとする。
 
(ラケット・ラバー)
第5条 ラケットの大きさ、形状、重さは任意とする。ただしラケット本体は平坦で堅い木製(85%以上が天然の木)とする。
2 ラケットの打球面には、表ソフトのサンドイッチラバーが握りの部分を除くラケット全面いっぱいに貼られていなければならない。
3 ラケットの縁にテープを貼る場合には、ラバーの外側まではみ出ないように貼るものとする。
4 ラケットの両面を規定のラバーで覆う場合には、それぞれの打球面は、明らかに異なる色にしなければならない。

(競技方法)
第6条 競技は次によって行う。
1 1マッチは3ゲームで構成されるマッチの勝敗は2ゲームを先取した者または組を勝ちとする。
2 1ゲームは11ポイント先取した競技者または組を勝ちとする。
3 両競技者または両組のポイント・スコアが10:10に達した時は、以降2ポイントリードした競技者または組を勝ちとする。ただし、両競技者または両組のポイント・スコアが12:12になった場合には、先に13ポイントになった競技者または組を勝ちとする。
 
(サービス)
第7条 サービスは、サーバーのフリーハンドの手のひらを開きその上にボールを掴むことなく自由に転がる状態で乗せ、いったん静止させてから開始する。このときボールの位置はエンドラインより後方で、かつプレーイング・サーフェスの高さより上方になければならない。
 2 手のひらの上に静止させたボールに回転を与えることなく上方に投げ上げてから、そのボールが落下する途中を打たなければならない。ただし、投げ上げる高さは任意とする。
 3 打たれたボールは先ず自領コートに触れ、次いでネットアセンブリを越えるかまたは迂回したあと、レシーバのコートに触れるように打球するダブルスの競技では、そのボールが最初にサーバのライト・ハーフコートに触れ、続いて相手の組のライト・ハーフコートに触れなければならない。
 4 サービスのボールがサーバーの手のひらを離れる瞬間から、ボールが打たれるまでの間、ボールとラケットは常にプレーイング・サーフェスよりも高い位置でサーバーのエンドラインよりも後方になければならない。
 5 ボールが打たれる位置は、そのボールがサービス側のコートのエンドラインよりも後方で、同時にサーバーの腕、頭、脚を除いた、サーバーのエンドラインから最も遠い身体の部分よりも更に後方であってははらない。
 6 主審または副審に、競技者の行うサービスが正規の条件に合致しているかどうか見えるようにサービスすることは競技者の責任である。
 7 主審が競技者のサービスの妥当性について疑問をもち、また副審もそのサービスの適否について確信が持てない場合、そのマッチにおいて初めての疑問であればポイントの判定をせずにサーバーにその旨注意を与えるものとする。
 8 そのマッチにおいてその後、その競技者またはダブルスにおいてはパートナーが同じ理由で疑わしいサービスを出した時は、相手競技者または組にポイントが与えられる。
 9 サービスは2ポイント毎に交替する。ただし両競技者または両組のポイント・スコアが10ポイントに達したときは、以後1ポイント毎に交替する。
 
(打 球)
第8条 打球はラケットハンドに握られたラケットの正規のラバーの貼ってある側で、あるいはラケットハンドの手首から先で打たれた場合を有効とする。
 
(ポイント)
第9条 次の場合、その競技者の失策として相手競技者の得点となる。
 1 正規のサービスができなかった場合。
 2 正規のリターンができなかった場合。
 3 打球したボールが相手コートに触れずに、相手コートのエンドライン(延長戦上を含む)を越えて外にでた場合。
 4 正しいサービス動作で出されたサービスがサーバーのコートでバウンドした後、ネットあるいはサポートに触れないか触れるかいずれの場合でも、相手コートに入らずエンドラインを越えた場合。
 5 サービスを除いて、ボールが自領コートにいったんバウンドした後、そのボールを打球する前に、ボールが再度テーブル表面でバウンドしてしまった場合。
 6 相手競技者の打ったボールが、自領コートに触れる以前に、プレーイング・サーフェスの上方で、競技者自身あるいは競技者が着用または所持している物に触れた場合。あるいはプレーイング・サーフェスに向かって飛んでくるボールが、自領エンドラインを越える以前に、競技者自身あるいは競技者が着用または所持している物に触れた場合。
 7 ボールを続けて2回打った場合。
 8 正規のラバーの貼られていない側の面で打球した場合。
 9 テーブルを動かした場合。
 10 ラリー中、競技者または競技者の持ち物がネットあるいはサポートに触れた場合。
 11 ダブルスで同じ競技者が2回続けて打球した場合。
 12 促進ルール適用時にサーバーが相手競技者(レシーバー)に13回の正規のリターンをされた場合。
 13 ラリー中にフリーハンドがプレイングサーフェスに触れた場合。
 
(サービス、レシーブおよびエンドの選択)
第10条 じゃんけんに勝った者は、最初にサービスあるいはレシーブの選択、またはどちらのエンドでスタートするかを決める。じやんけんに負けた者は、じやんけんに勝った者が選択しなかった条件を選択することができる。
 
(エンドの交替)
第11条 エンドは、1ゲーム毎に交替する。最終ゲームでは、どちらかの競技者または組のポイント・スコア最初に5ポイントになったときにエンドの交替をする。
 
(ダブルスのサービス、レシーブ順序)
第12条 ダブルスの各ゲームでは、いずれのゲームにおいても最初にサービス権を持つ組が、そのうちの誰が最初のサーバーとなるかを決めなければならない。次いで、レシーバー組が誰を最初のレシーバーとするかを決めるものとする。
 2 続くゲームでは、サービス権をもった組はどちらの競技者が最初のサーバーになるか自由に選択することができる。ただし、その場合の最初のレシーバーは直前のゲームと異なった組合わせでレシーブするようにしなければならない。
 3 サービスの交替毎に、直前のレシーバーがサーバーとなり、直前のサーバーのパートナーがレシーバーとなる。
 4 勝敗を決定する最終ゲームで、どちらかの組がポイント先取したときには、エンドを交替すると共に、次ぎにレシーブする組は、レシーバーの順序を替えて直前のゲームと同じサービス・レシーブの順序になるようにしなければならない。
 
(促進ルール)
第13条 ゲーム開始後8分経過した場合、あるいはその以前に両競技者または両組から要請があった場合は、その時点から促進ルールが適用される。ただし、8分経過した時点で、両競技者あるいは両組のポイント・スコアが9ポイント以上の場合、そのゲームに対しての促進ルールは適用されないが、次のゲームからは適用される。

 2 いったん促進ルールが適用されると、その試合が終了するまで促進ルールが適用される。
 3 促進ルールが適用されると、1ポイント毎に交替してサービスを行わなければならない。
 4 ゲーム開始後8分に達したとき、ボールがプレー中であった場合には、そのプレーを中断させ、そのラリーでサービスを行った競技者のサービスで再開される。
 5 ゲーム開始後8分に達したとき、ボールがプレー中でなかった場合には、直前のラリーでレシーブを行った競技者のサービスで再開される。
 6 通常のポイント決定方法に加えて、レシーバ側が13回の正規のリターンを行えば、レシーバーの得点となる。

第3章 競技ルール
(テーブル)
第14条 テーブルはJTTAが公認したブランドのものを使用する。
 
(ラケット・ラバー)
第15条 ラケット本体には(財)日本卓球協会が公認したことを証明するJTTAAの刻印および公認メーカを示す表示・マークがなければならない。
 2 JTTAが公認した表ソフトラバーのみが使用できるが、高ラバーは使用できない。
 
(服 装)
第16条 JTTAが公認したブランドの半袖シャツおよびショーツあるいはスカートのみが使用できる。
 2 色、柄についてはボールの色とは関係なく任意とする。
 3 ダブルスペア、団体戦メンバーの服装の組み合わせは任意とする。
 4 チーム名を表す文字・マークは任意とする。
 
(競技領域)
第17条 競技領域は、長さ10m,幅5m以上とする。
 
(促進ルール) 
第18条 レシーバーの打球数をカウントするために、ストロークカウンターを導入する。このストロークカウンターは副審が兼任出来るものとする。ストロークカウンターはレシーバーが打球した直後に、レシーバーの打球数(最大13まで)を主審および競技者に聞こえるように英語で数えるものとする。
 
(練習および休憩時間)
第19条 試合開始前の練習時間およびゲームとゲームの間の休憩時間は1分以内とする。
 
(緊急中断)
第20条 試合中ラケット本体(木部)あるいはラバーが破損した場合には、競技者自身が別に用意した別のラケット、あるいは他の競技者より借用したラケットで直ちに競技を続行しなければならない。この交換のために競技領域を離れたり、あるいは相手競技者を待機させることはできない。競技領域内で直ちに代わりのラケットを準備できない場合にはその競技者は負けとなる。第21条 プレー進行中に生じたケイレンや疲労による競技中断はない。試合続行が不能になったらその時点でその競技者は棄権負けとなる。しかし、事故による転倒などによる負傷で競技続行不能な場合には、審判長の判断で最大10分の緊急中断が認められる。
 
(タオルの使用)
第22条 各ゲームの開始から6ポイント毎、およびマッチの勝敗を決定する最終ゲームにおけるエンドの交替時に、タオル使用のための短い休憩時間が認められる。
 
(競技者への助言)
第23条 競技者はゲームとゲームの間の休憩時間あるいは緊急中断中などの時間に限り、団体戦では誰からでも、個人戦では試合前に予め主審に届けた1名の助言者からのみ助言をうけることができる。
 2 違反の助言をした者は、最初はイエローカードによる警告をうけ、その後も違反助言を続けた場合には主審によりレッドカードが示され、その試合が終了するまでの間、競技場からの退場処分を受けることになる。団体戦の場合には、試合を通して2回目以降の警告をうけた者が全て退場処分となる。
 3 違反の助言には、言葉によるものに限らずゼスチャー等を利用したものも含まれる。
 
(バッドマナー)
第24条 競技者は相手に対して不当な影響を与えたり、観客に不決感を与えるような態度を慎まなければならない。
 2 警告とペナルティーの対象となる行為には、ボールを壊したり、故意にテーブルに傷をつけたり、繰り返し大きな声を出したり、すぐにプレーを開始しないスロープレーを繰り返したり、あるいは審判長、責任ある審判員の判断に従わないような行為が含まれる。
 3 主審がバッドマナーとして競技者あるいはベンチに最初に警告を出す場合は、イエローカードを示すものとする。
 4 一度警告を受けた競技者によって再び違反行為が行われた場合には、主審はイエローカードとレツドカードを同時に示して、相手に1ポイントを与えるものとする。さらに違反行為が続いた場合にはイエローカードとレツドカードを同時に示して、相手に2ポイントを与えるものとする。
 5 団体戦において、監督、コーチ、プレーをしていない選手の違反行為に対しては、該当者の球技領域からの退場処分はあるが、相手選手がこれによりペナルティーポイントを得ることはない。
 6 相手に2ポイントを与えた後、再び違反行為が続いた場合には、主審は審判長に報告する。審判長はこの報告を受けて、選手の競技会からの失格を含めて選手の処分を決定する。

(抗 議)
第25条 競技者間、監督間で合意がなされたとしても、主審あるいは副審等によるラリーの結果に関する事実問題の決定、あるいは審判長の下したルール解釈についてその決定を覆すことはできない。
第26条 誰も主審あるいは副審等によるラリーの結果に関する事実問題の決定、あるいは審判長の下したルール解釈について抗議することはできない。
第27条 個人戦においては競技者、団体戦においては監督が、主審あるいは副審等のルール解釈の問題について審判長に対して抗議することができる。審判長の判断は最終的なものとする。

付則)
第28条 本ルールに定めのない事項については、審判長あるいは大会委員長が日本卓球ルールおよび同細則を参考に判断する。これを最終判断とし、競技者、監督あるいはコーチはこの最終判断に従わなければならない。
 
本ルールの制定、改定の経過
     昭和63年 4月 1日 制定
     平成 2年 9月 1日 改定
     平成 8年 4月 1日 改定
     平成10年 4月 1日 改正
     平成12年 4月 1日 改正
     平成14年 4月 1日 改正

 

 


戻る