To: Cc: Bccについて


やなけんです 今更あほな質問ですが
上記の意味をどなたか教えて下さいませ。
と質問したところ

梁川 健一 さん: (○○ML主宰より)

To: その人宛(一人)または列記してメールを送信する場合。

CC: 参考までにお送りする宛先(複数の方に宛てたアドレスが表示される) 直接の用件はなくても、参考にメール
内容を見てもらいたい人や、宛先で設定し た人にメールを送ったことを知らせたい人などを、CCで設定して送信します。
CC は、Carbon Copyの略です。

BCC: 誰に宛てたかは表示されない 送信されているということを隠してメールを送りたい人を、BCCに設定して
送信し ます。
宛先やCCでメールを受け取った人、BCCで受け取ったほかの人は、
BCCの人にメー ルが送られたことを知ることができません。
BCCで受け取った本人は、宛先やCCで誰にメールが送られているのかを知ることが できます。
BCC は、Blind Carbon Copyの略です。

メーラーのヘルプに記載がございます。

○△.プロ ○□さんより

Bcc: を使って、複数の人に送信する時は、私は以下のようにしています。ご参考 までに
宛先の To: には、自分のアドレスを入力。
送信先のアドレスは、全て Bcc: に入力。
本文の先頭に、Bcc: を使って送信している旨を書き込み、
その後内容を書く。
こうしてあげないと、To: に書かれたアドレスの人には普通のメールでも、
Bcc: にアドレスの書かれた受信者は、どこにも自分のアドレスが表示されな
いため、 他人のメールが間違って送信された物のように見えるからです。
(また、To: に書かれたひとりのアドレスは結局、全員に見えてしまいますしね)

当然、自分にも1通帰ってきますが、まぁこれはご愛敬と言う事で。

いつもいつも有益なアドバイス有難うございます。

戻る