私の名前はキムサムスン

      2006.4
全16話
キム・ソナ キム・サムスン
ヒョンビン ジンホン
チョン・リョウォン ユ・ヒジン
ダニエルヘニー ヘンリー
イ・ギュハン ミン・ヒョヌ
イ・アヒョン サムスン姉


『私の名前はキム・サムスン』は、どこにでもいる平凡な女性が、若いハンサムな男性と恋に落ちる、
そんな現実離れしたロマンスを、実に現実的に描き出した傑作ドラマ。
韓国版『ブリジット・ジョーンズの日記』


美人でもスマートでもなく、若くもないオールドミスのパテシエ、サムスンは
裕福で、頭もよく美男だが性格の悪いジンホンのレストランで働くことになる。
ある日サムスンは男性とお見合いすることに。しかし、その隣でお見合いをしていたジンホンが、
自分の見合い相手から逃れるため、突然サムスンに契約恋愛をしようと提案し…。


このドラマは、はっきり言って面白いです!
10人に見せたら、10人が面白い!と言ってくれました☆

そして、主人公がデブという発想が新しい!
デブの気持ちが痛いほどにわかり、それでいて、デブにも恋する権利がある!ときめいても良いんだよ☆みたいな・・・デブに優しいドラマだった気がします。

サムスンの悲惨体験は自分にも心当たりのあるものが多く、デブ代表としてはかなり共感できて面白かったですv
痩せてる人が見るとどう思うんだろう???面白いとは言ってたケド・・・

このドラマでヒョンビンを知ったわけですが、最初に見たときは、雨上がり決死隊の宮迫を格好良くした人だなと思いました。なかなかカッコいいのに、宮迫がちらつき、ちょっとシリアスシーンも笑えちゃった。
でもアイルランドやノンストップ見た後に、再度見ると、ヒョンビンはカッコいいですね。出来れば前髪あったほうが良いかな。
でも、デブでもあんな素敵な人と恋愛できて、夢見ちゃいますよね。

キュンキュンもいいけど、そればかりでなく、突然現実に引き戻されてロマンチックばかりにいかないところが、リアリティに溢れてて良かった。

トイレシーン・オナラ・腹枕・・・とかあまりドラマで見ないシーンが多かったのが斬新だった。

笑えるシーンは多かった。中でも、山頂で二人が再会するところはお気に入りだ。
逆に、幸せの絶頂で、壊れてしまいそうと泣くサムスンに亡父が励ますシーンもとても良かった。

最後のアメリカについて行ったり、おばさんの世界旅行とかはちょっと意味不明だった。

そう言えば、このドラマ、
ヒジンを精算できずにいるサムシクの姿は、昔のうちのパパを見ているようだった(爆)
だから面白かったのかも。今ではうちがサムスンバディだけど;

キム・ソナシは、初めて見たと思ってましたが、実はビョン様のひまわりで一度見てたんですね。
全然変わってて自分では気づけませんでした。このドラマに出るにあたり、監督に「太って来い」という指示をうけて逆ダイエット?をしたんですね。俳優魂を感じちゃいます。うちの場合は俳優魂なくても太っていくけど・・・ある意味容易い要求だったりして。
本当、体を張った演技が多くて、大ファンになりました。頭もとっても良いらしく、日本語もぺらぺらだそうです。


     
  
   


この動画をMyTubeで見る

 韓国俳優の人気投票はこちら