分からない事,問題,社会,人生,生活
  山するめの漫画同人誌ホームページへ山するめの趣味の部屋 「懐かしのアメリカTVドラマ賛歌」
イーブックオフ イーブックオフ(買取)

「どうしても分かりません−自分って一体・・」


夏になると戦争について多くの事が論議されます。

いろいろな意見を聞いていて、ふと思いました。

世界大戦がなければ今生きている殆どの人が生まれてきてはいないのではないかと。

戦争がなかったとすれば、家族構成に番狂わせが生じてきます。

戦争で死んでしまった人達が、戦争がなければ生き延びて結婚したり子供をもうけますよね?

そうすると、戦争のせいで再婚したりした人達から生まれてきた人達は生まれていないことになってしまいます。

これが世界規模で起きると、今生きている人達の大半はいないことになるのでは?

これに戦争がなかった場合に生まれてくる人達が加わりますので、世界中が変わってしまいます。

では私達は戦争がなければ存在出来なかったのでしょうか?戦争がなければ存在していたはずの人達もいたはずです。

「あの戦争がなければ・・」と今の私達が考えることは自分の存在を否定することになるのでしょうか?

自分が存在するために大勢の人が死んだのでしょうか?大勢の人が戦争で亡くなった結果、自分という個が存在するのでしょうか?

多分後者だけど、なんか考えたくない。

「戦争は良くない、これからは起こすべきではない」ということは確かなんだけど、戦争という過去の故に存在できた僕たちって一体?こう考えると何だか複雑な気持ちです。

考えても分からないんですが、考えすぎると頭が痛くなります。

それよりも自分に命をつなげてくれた先人達に感謝しつつ、今生きて意識を持っていられることを感謝した方がいいですよね。

人間と人間の意識とはかくも不思議で貴重な存在だなあと思う今日このごろです。

「どうしても分かりません−時間旅行」


過去に遡ることが出来るのか?

よく議論される事ですが、過去に戻った時着地する場所はどうなるのか?これも考え始めたらなかなか大変です。

ドラえもんでは一旦四次元空間に入り、そこに置いてあるタイムマシンに乗って過去や未来に行きます。

のびた君とドラえもんが時間を遡って三次元にあるこの地球上に降り立つとき、地球は果たしてその位置にあるのでしょうか?

たとえば四次元空間に入って5秒前の同じ空間に戻ってくるとき、彼らが降り立つところは当然5秒前のその空間であるはずです。

地球はじっと止まっている訳ではありませんから、彼らの降り立つ所は運が良ければ地表でしょうが、運が悪ければ宇宙空間か地表にめり込むかということになるのではないでしょうか?。

地球はすさまじい勢いで動いています。

自転、公転していますし、地球が回っている太陽だって銀河系の中を移動しています。その銀河系も宇宙の中をどうやら動いているようなので、地球はかなり複雑な動きをしているものと思われます。

その空間から一旦外れて、地表のその同じ位置に戻ると言うことは相当の事をしなければならないのではないか?とまあこう思うわけです。

たとえば100年前に移動する。当然100年前の地球の位置を正確に補足してそこまで行かなければなりません。

超光速を達成したり、ワームホールを見つけだして時間を遡る方法をとっても、やはりその時点に存在する地球を補足するのはやっぱり大変でしょうね。でも地球に帰れなければ時間旅行も余り意味もなさそうだし。 (参考文献「ホーキング宇宙のすべてを語る」ランダムハウス講談社)

そういえばドラえもんのタイムマシンは時間旅行をするときにどこかに移動しているようでした。

時々過去の地球の様子がちらっと見えたりして・・

ひょっとすると、あれは時間と一緒に空間も移動しているのではないか?しかも地球の移動を正確にトレースしながら。

戸板に操縦席がついているだけのような機械かと思ったら、あれはすごい事をやっていたんですね。しかし四次元空間を生身でうろうろしている皆さんも凄いけど・・。

あー今日も眠れない・・

  山するめの漫画同人誌ホームページへ   山するめの趣味の部屋+コラム