ウド
料理:天ぷら

数年前に新潟の山あいの林道の横っちょで採ってきたウドの根を畑や庭の隅に植えておいたら、あまり増えないながら毎年律儀に生えてくるようになった。我が家の場合資源量が少ないので、「根元から掘り採って皮を剥いて生でガブリ」と楽しめるほどは採れないのだが、葉が開く前の若芽を次々に摘んで食べるようにすると春から初夏まで長い期間独特の香りと苦味を楽しめる。天ぷらや煮付けが美味しい。
これはちょっと大きく育ちすぎ まとめて芽が出てきた
ちょうど採りごろ

若芽を摘んで天ぷら
葉が開く前の若芽を軸の根本から摘む 天ぷら・アスパラみたいな食感で美味しい

地産地消の楽しみ トップへ戻る