しもつかれ
しもつかれの作り方田沼の初午祭り

「しもつかれ」は、栃木県を中心に、福島・茨城・埼玉・群馬等周辺各県の一部に分布する郷土料理で、旧暦の2月最初の午の日である「初午(はつうま)」の朝に、赤飯と、藁髱(わらづと)に入れた「しもつかれ」を、屋敷の稲荷様の祠に供えて、五穀豊穣・商売繁盛を祈願する。森高千里の名曲『ロックンロール県庁所在地』の歌詞の「♪栃木は宇都宮〜♪」の後ろにも「♪しもつかれ、しもつかれ〜♪」とコーラスが入ってるくらいの、栃木県の代表的な郷土料理であり、名前の由来には諸説色々とあるみたいなのだが、おそらく「しもつけ(下野)」と無関係ではないと思う。ていうか、そう思いたい。
材料は正月の塩鮭の頭と、節分の福豆の残りと、大根、人参、酒粕。
細かく切った鮭の頭を骨が柔らかくなるまでアクを取りながら煮込み、皮を除いた炒り豆(大豆)と、鬼おろしで荒くおろした大根と人参を加え、酒粕・砂糖・醤油を入れて味を整えてさらに煮込み、冷まして味が染み込んだものをご飯に乗せて食べる。
正月の塩鮭の頭は悪霊を追い払う呪力を持ち、節分の福豆にも「破魔招福」の力がある。「しもつかれ」は、破魔の力を持つ食材を食べて厄よけを願う縁起物の信仰食であり、初午の朝に7軒のしもつかれを貰って食べると中気にならないとも言い、昔は近所で互いにくれ合う風習もあった。
とはいえ、正月の塩鮭の頭、節分の福豆の残り、酒を絞った残りカスである酒粕は、いわば余り物の残菜のようなもので、イイ按配にこなれた大根と人参の加減と、酒粕の臭いと鮭の生臭さも相まって、パッと見、酔っ払いが嘔吐したゲロか生ゴミそのもの。どうだ!他県人にこれが食えるか!!と、グロ系の郷土料理があることを、ちょっと誇らしげに自慢したくなったりもする。云われや材料を知らずにいきなり食べろと出されて即座に箸をのばせる人がいれば、探求心旺盛な相当なチャレンジャーだと思うが、見た目の厳しさに反して構成材料は至ってマトモな食材なので、食べると美味しいんですよ、本当に。
基本的には、初午の日に屋敷稲荷に供える「お供え」の料理だが、最近はスーパーや惣菜屋さんで売っていて、いつでも手軽に楽しむことができる。

スーパーで買った袋入りの「しもつかれ」
材料は鮭の頭・炒り大豆・大根・人参・酒粕と「しもつかれ」の定石通り通りだが、見た目も味もおとなしくて、一般向けに日寄った感じが通にはやや物足りない感じはする。ただ、ビギナーの場合、いきなり見た目がグロすぎては、口に入れる勇気がなかなか出ないだろうから、入門用には向いている。
スーパーの惣菜売り場で買った袋入りの「しもつかれ」 鮭の頭・炒り大豆・大根・人参・酒粕と定石通り
見た目はゲロか生ゴミにしか見えませんが 大人の味で、ご飯のおかずにピッタリ

道の駅たぬまで買った「しもつかれ」
見た目も臭いも味も上記の袋入りよりもグッとディープな感じで良いのだが、炒り大豆ではなく落花生が入っているのが、「正月の新巻鮭の頭と節分の福豆の残り」という「しもつかれ」の大前提ともいうべき定義から逸脱している。まあ、落花生でも美味しいし、1年中買えるという時点で、既に「初午に作る縁起物」という定義から外れてるから別にいいんだろうけど。これを買った時、他の買い物客のおばちゃんたちが、「このしもつかれ美味しそうねえ」などと会話していた辺りが、さすが栃木県。
道の駅たぬまの朝採り館で売っていた「しもつかれ」 炒り大豆ではなく落花生が入っている
吐瀉物感が高く酒粕の臭いもきつくてイイ感じ 食べると美味しいんだよね、これが

佐野ファーマーズマーケット菜果な花で買った「しもつかれ」
鮭・大豆・大根・人参・酒粕の基本具材の他にゴボウ・椎茸・油揚も入っていて豪華で、クセがなくて食べやすく、おそらく誰が食べても普通に美味しい。生臭いクセがないのは鮭(の頭)があまり入っていないため。私は美味しいと思うのだが、「これじゃただの酒粕味の五目煮だ」と、鮭の味が好きな「しもつかれ通」のうちの母にはやや不評で、このクセのなさは、「しもつかれ」として評価が分かれるところ。ちなみに母は道の駅たぬまの「しもつかれ」が鮭が一番多くて美味しかったとのこと。
佐野・菜果な花で買った「しもつかれ」 基本具材の他にゴボウ・椎茸・油揚も入って豪華
見た目もなかなか吐瀉ぽくて、Good Job !! 鮭が少なめで生臭くないのが意見の分かれる点

地産地消の楽しみ トップへ戻る