ノカンゾウ(ヤブカンゾウ)
若芽(酢味噌和え)ヤブカンゾウの花蕾の天ぷら
近所の鉄道の土手や川の土手に群生している何だか土手に生えるのが好きな野草。初夏になるとオレンジ色のユリのようなきれいな花を咲かせる。春先に顔を出したばかりの若芽を株元の白い部分から掘り採り、茹でて水にさらしてから、酢味噌和えや辛子和えなどにする。アクやクセもなく甘くて美味しい。花の蕾も生で天ぷらにすると美味しい。

若芽(酢味噌和え)
群生するノカンゾウの若芽 若芽ややアップ
株元の白い部分から掘り採る 茹でてから酢味噌和え・甘くて美味しい

ヤブカンゾウの花
6月下旬から7月上旬にかけてオレンジ色の大きなユリのような花を次々と咲かせる。ノカンゾウの花は一重で6弁花で、ヤブカンゾウは八重咲き。家の近所のはノカンゾウではなくて、ヤブカンゾウだった。
土手一面に群生するヤブカンゾウの花 長い花茎を伸ばしたユリのような大きな花
八重咲きで大型のヤブカンゾウの花 1本の茎に蕾がたくさん付いていて次々と開花する

蕾の天ぷら
ヤブカンゾウの花の蕾 生のまま天ぷら・アクやクセもなくほんのり甘くて美味しい

地産地消の楽しみ トップへ戻る