カラスノエンドウ
料理:若芽の天ぷら・若芽のソテー若鞘の天ぷら

空き地・畑・道端など、どこにでも節操なく生えていて、食べられる野草としての有難味がまるでないマメ科の野草。先端の柔らかな若芽と花の部分を摘んで生のまま天ぷらにするとマメ科特有の風味がして美味しい。サヤエンドウを小振りにしたような若鞘は天ぷらにすると結構イケル。
密生するカラスノエンドウ 赤色の花とてんとう虫
実物よりもややアップ サヤエンドウそっくりな若鞘・天ぷらはイケル

若芽の天ぷら 若芽のソテー
先端数センチくらいの柔らかな若葉と花の部分を摘み採ってよく洗ってから使う。生のまま天ぷらにすると美味しい。塩コショウで炒めてソテーにしてもそこそこ食える。
天ぷら・クセがなくマメ科植物の風味が絶妙 油で炒めて塩コショウで味付け・まあまあイケル

若鞘の天ぷら
若鞘はタネの膨らんでいない薄くてペラペラの柔らかい物を摘む。かなり若い物を集めたつもりでも煮付けたくらいでは固くてボソボソでとても食えた代物ではないのだが、天ぷらにすればそこそこ普通に食える程度に柔らかくなり、豆っ!ていう感じの風味でとても美味しい。
家の畑の隅で摘んだ若鞘 若鞘の天ぷら・かなりイケル

地産地消の楽しみ トップへ戻る