地産地消なファストフード(地域ファストフード)
チープで庶民的過ぎるため?郷土食や伝統食の仲間には入れて貰えず、一般にはB級グルメなどと称されているものの、安さと手軽さで地域の中では熱烈に支持されている、特色ある地域ファストフードが各地にあります。最近、こうしたB級グルメ系の食品を売りにした町おこしが、ちょっとしたブームになっていますが、明らかに市町村の枠を越えて広域的に分布している食品に対して、あたかも自分の町が元祖であり、自分の町だけにしかない名物であるといった手合の、思わずJAROに訴えたくなるような「うそ・大袈裟・紛らわしい」度を超した手前味噌が横行しているのがやや目立ち、せっかく着想そのものは悪くないのに、非常に残念な気がします。ただし、手前味噌が過ぎる町おこしのやり方が嫌なだけで、食べ物そのものは評価しているので、あくまでも私なりの視点で取り上げて行くつもりです。
※所在地は今後も平成合併以前の旧市町村名を採用して行きます(多少のブレは生じるかもしれません)。あくまでもアップした時点での個人的なレポートなので、その後の営業状況や価格の変化については、ほとんどフォローしていません。

名称 所在地 備考
フライ・ゼリーフライ
埼玉県行田市 一般的なフライとは全く別の、貧弱なお好み焼きみたいな素朴なファストフード
焼きまんじゅう 群馬県伊勢崎市等 上州名物のファストフード・こんがり焼いて甘い味噌ダレを付けた串刺しのまんじゅうは、なんとも言えない美味しさ
太田のやきそば 群馬県太田市 各店で特色のある焼きそばを作っている・概ね値段が安いのが嬉しい
富士宮のやきそば 静岡県富士宮市 マルモの硬めの麺と魚粉のトッピングが富士宮のお約束・なかなかイケル
ポテト入りやきそば
栃木県足利市 別に名物とか謳っていないが、これといった特徴のない太田のやきそばと比べたら足利の「ポテト入り」の方がよっぽど特色がある
足利市におけるポテト入り焼きそばに関する歴史的考察 数年間にわたってフィールドワークを重ねてきた焼きそば調査に基づき、足利における「ポテト入り焼きそば」の歴史に関する学説?を、遂に発表。
じゃがいも入りやきそば 栃木県栃木市 足利では「ポテト入り」だが、栃木では「じゃがいも入り」もしくは「いも入り」と言っていて呼称が異なる。
ポテトやきそば 栃木県小山市 小山市でも「ポテト入り」を発見。
いもフライ 栃木県佐野市 味は至って普通だが、いもフライを売ってる店がこれだけあるのは珍しい
いもフライ 群馬県館林市 館林でも両毛のソウルフード「いもフライ」を発見。
ポテトフライ 栃木県大平町 名称が異なるが物は全くの「いもフライ」。
地産地消の楽しみ トップへ戻る