竈門神社から英彦山銅の鳥居へ 峰入道を歩く
宝満山英彦山縦走
【H28. 3. 1〜5】


宝満山から英彦山への峰入道、主たる峰々は登頂を目的に、これまで細切れで歩いているが、
一度通して歩きたいと思い、テント・食料等を担ぎ(約16kg)、約80kmを歩きに行く事にした。

情報では健脚な方は三泊四日で歩き通しているが、私の現在の体力では無理なので、四泊五日で
完歩する計画とした。道中、水の確保が難しい区間もあり、重い荷物を担いでの山行となりそうだ。 

概略行程は下記内容で考えているが、天候と体力を考慮しながら臨機応変に対応するつもりである。 
【3/1】西鉄太宰府駅〜竈門神社宝満山三郡山〜香園林道登山口〜大根地山〜冷水峠           
                 【3/2】冷水峠〜五玉神社〜夜須高原記念の森〜白坂峠〜秋月〜古処山登山口〜古処山屏山〜宇土浦越     
               【3/3】宇土浦越〜馬見山〜栗河内分岐〜嘉麻峠〜小石原行者堂〜稜線出合陣尾〜糸ヶ峰〜林道出合        
           【3/4】林道出合〜愛敬岩〜大日岳釈迦ヶ岳岳滅鬼〜岳滅鬼峠〜三境界〜猫の丸尾〜籠水峠〜鬼杉
【3/5】鬼杉〜材木岩〜英彦山南岳中岳奉幣殿〜銅の鳥居                                                  


予想以上に寒い日もあったが、何とか予定通り歩き通す事が出来た。ただ16kgの荷物を担い
での五日間の歩きは、やはりきついものがあり、体力の低下をしみじみと感じた山行であった。

以前歩いた
大峯奥駈道熊野古道<小辺路〜雲取越>に比べると、 歩行距離が短く、その分
山行日数も短くてすみ<荷物が少なくてすむ>、楽であるだろうと考えていたのが大間違いで、
歳を重ね体力の低下が思った以上に大きく、楽な山行ではなかった。ただ天候に恵まれ、周囲の
峰々を眺め、出逢った方々に励ましの言葉を頂き、それなりに楽しみながら歩く事が出来た。


現地へ移動後
峰入道に取付く
【H28. 3. 1】 
 
竈門神社(7:30)宝満山(9:30-10:00)〜三郡山(11:30-12:10) 〜竜岩自然の家(13:40-14:10)
〜香園林道登山口
(14:40)〜大根地神社(15:55)〜大根地山(16:10-16:30)〜駐車場(16:40)
<記載時間は途中休憩を含む> 

大根地山山頂より三郡山方向を眺める

一日目は自宅を早朝に出発し、縦走路取付点の宝満山正面登山口に向かう。現地到着後、
竈門神社で安全祈願をした後、峰入道に取付き、宝満山・三郡山・・大根地山に登頂した後、
宿泊予定地の冷水峠をめざす予定である。

4:30過ぎに自宅を出発し、JRとタクシーを利用しスタート地点の竈門神社に約2時間半かけ移動した。
 到着後、、竈門神社で本山行の安全祈願をした後、
身支度を整え、登山口をめざしスタートする。
天気は上々、ボチボチと歩を進めると8合目付近より残雪が凍結している。慎重に行動し先をめざすと
宝満山に到着する。この頃には小雪が舞い気温は氷点下4℃寒い。常連さんとしばらく話をした後、
先をめざすと三郡山に到着。この頃には青空が・・・ただ風か強く寒い。まだまた先は長いので大根地山
をめざしスタートする。此処から香園登山口までは、ほとんど車道歩きで疲れる。何とか喘ぎながら歩を
進めると山頂に到着す。山頂からの展望は素晴らしく歩いてきた稜線を眺め満足気・・・・。さてこの後、
宿泊予定地の冷水峠へと思ったが、16kgの荷物を担いでの移動は、体力・時間面より無理だと判断し
山頂直下で寝る事にした。1日目にして目標未達成、先が思いやられるなぁ・・・・・・・・・。


JR行橋駅5:05発の「ソニック102号」に
乗車し現地に向かう

JR二日市駅に6:39に到着する

時間節約のため
タクシーを利用し
竈門神社をめざす


竈門神社に到着

山行安全祈願を済ませ登山口をめざす


宝満山正面登山口の一合目鳥居
鳥居を潜り先をめざす

先ずは
石段状の道を進む


杉植林帯の中を進む

二合目
一ノ鳥居

 
雰囲気の好い登山道

この辺りは
「羊腸の道」と
言われているそうだ

水場

 
百段ガンギを登る

中宮跡に到着

山頂をめざし
岩場を進む先行者(常連さん)

"大きな荷物を担いで訓練ですか!"
と尋ねられたので
"
英彦山をめざして縦走です"
と答えると
"
それはそれはご苦労さん!
気をつけて頑張って下さい"
との励ましを受ける

八合目

ロープの手助けで
岩場を登る後続者


馬蹄石


山頂に祀られた竈門神社上宮

気温-4℃の中
常連さんが次から次へと登ってきた

宝満山
(標高 829m)

これから目指す
仏頂山方向にはガスが掛かっている

残雪が凍結した
岩場を慎重に下る


仏頂山(標高 868.7m)
三等三角点
<基準点名:河原谷>

山頂には石仏が祀られている
樹林の中で展望は無し

 
三郡山をめざし残雪の道<アイスバーン状態>を進む

難所ヶ滝に立寄ろうかと思ったが
出逢った女性にお聞きすると
1/3程度の氷結だとの事なので
行くのを止めた

記念に一枚!

頭巾山分岐

縦走路を外れ山頂をめざす

頭巾山
(標高901m)

縦走路に戻り
航空路監視レーダー設備を
正面に見ながら
三郡山山頂をめざす


三郡山(標高 935.9m)
三等三角点
<基準点名:三郡山>

三郡山地の最高峰

 
今歩いてきた稜線を眺める

 
これから目指す大根地山方向の眺め


山頂を後にし専用道路<九州自然歩道>を
米の山峠方向に進む

途中
ショートカットコースである?
山道に取付く

専用道路に出合いしばらく進み
また山道に取付く
<目印がある>


白糸の滝分岐に到着

専用道路のゲートに
到着する

猪の親子が
食事中であった

県道65号線を進み
竜岩自然の家をめざしていると
熊本ナンバーの車が私の横に停車し
同年代の男性が
"何処まで行くの乗っていかないかね"
とお声が掛かったが
お礼を言い丁重にお断りした

後から見て
よほど足取りが悪かったようだ

竜岩自然の家の
休憩所に到着する


大根地山をめざし宝満川沿いの
香園林道を進む

御神光


道標に従い先をめざす

香園登山口に到着

参道を進む

 
扇滝・流水量は少なかった


大根地神社奥ノ院

朱色の鳥居を潜り
本殿をめざす

大根地神社本殿

山頂をめざし進む


大根地山(標高651.9m)
二等三角点
<基準点名:大根地>

 
山頂より三郡山を望む

今夜は山頂直下の
駐車場の隅でテント泊

二日目に進む       山歩き日記2016年に戻る      トップに戻る