国東半島峯道
ロングトレイル
【H28. 3.26〜4. 2】


国東半島で古くから行われてきた「六郷満山峰入行」のコースを基に、
トレッキングの醍醐味を味わう事のできる登山道や遊歩道を追加した
全長137kmのトレイル。自然あふれる里山を歩き、奇岩が立ち並ぶ
峰々を眺め・乗越え、有名無名の石造文化財や名もなき野仏に出逢う
ロングトレイルコースを六泊七日で歩く予定で出掛ける事にした。


磨崖仏に安全祈願しスタートする
【H28. 3.26】

熊野磨崖仏(9:40)〜真木大堂(10:45)〜朝日観音(11:40)〜田染荘(11:55)〜ほたるの館(12:20-13:00)
〜空木峠池(14:40)〜高山寺(15:35)〜
西叡山(16:15)〜山頂直下東屋(16:30)
<記載時間は途中休憩を含む>

夕日観音展望台より田染荘を眺める ・奥に西叡山

今日は、ロングトレイルの基点である熊野磨崖仏をスタートするのが遅いので、
「T-1コース」を進み、ロングトレイルには含まれていないが未登頂である西叡山
に登る予定である。

妻と孫に熊野磨崖仏まで送ってもらい周辺を散策した後、本日のゴール地点である
西叡山寺をめざし歩き始めるが、荷物が重い事・重い事、思うように歩が進まないが
周囲の風景を眺めながら、何んとか先をめざして一歩一歩前進すると「T-1コース」の
ゴール地点である高山寺に到着した。その後、西叡山に登頂後、宿泊場所に移動し、
夕食を摂り、テント内で横になっていたら何時の間にか寝ていた。疲れていたのだろう。

なお初めて歩くコースなので、心配していた道迷いに関しては、適所に道標・目印が
あり安心して歩けた。


j孫と妻の見送りを受け熊野磨崖仏を
スタートする


大日如来像


不動明王像

熊野神社

真木大堂をめざし
県道655号線を進む

ひらの分校計画?

ネットで調べたら
旧平野分校を拠点に、地域を元気に
しようと色いろな楽しいイベントを行って
いきます。
私たちの活動に興味を
お持ちの方や賛同いただける方、
一緒に活動しましょう!
」との事です

真木大堂に到着する


国東塔や五輪塔の立ち並ぶ
真木大堂境内の自然観察歩道を進み
朝日・夕日観音をめざす

太鼓橋を渡り
先をめざす


県道655号線から分れ<右の道>
間戸園地をめざす


世界農業遺産のシンボルである綺麗な溜池を眺めながら先をめざす


道傍でヤマツツジが開花していた

間戸園地に到着する


道標に従い先をめざす


穴井戸観音・朝日夕日観音分岐に到着

先ずは
石段を登り穴井戸観音をめざす

鬼封じ込め跡

岩崖の下に
穴井戸観音社殿

社殿の裏に洞窟があり
<奥行30m・幅20m・高さ15m>
「濡れ観音」が祀られていた

分岐に戻り
朝日・夕日観音をめざす


朝日観音<岩峰の東面>

夕日観音
<岩峰の西面>

夕日観音展望台


展望台からの眺め・田染荘・奥に西叡山


素晴らしい景観であった・日本の原風景?

分岐に戻り
田染荘をめざす

石畳調の道を下る


田染荘小崎地区に到着

ほたるの館

立寄ったが
人も居ないし自動販売機もなかった
ただ建物があるのみ


空木地区への入口


祈渕地蔵尊

空木集落を通過する


垢離場

立ち止まり桜を眺める


奥愛宕社の鳥居

社殿をめざし階段を
登っている途中に
亀石がある

奥愛宕社

社殿横に
御神木の大榊


奥愛宕社を後にし空木峠池をめざす

空木峠池

<空木峠は華岳と西叡山の鞍部>


周辺の景色を眺めながら高山寺をめざす

「T-1コース」のゴール地点である
高山寺駐車場に到着する

「T-2 高山寺→並石ダム」の
標柱が立っていた

その後
山門をくぐり高山寺へ・・・


駐車場から眺めた国東半島の峰々・ゴール地点の両子山も見える

参道に祀られた
石佛

西叡山高山寺

元カメラマンの御住職のお話を
お聞きしたかったのだが
先客の方が居られたので諦め
お参りをした後
西叡山山頂をめざした

綺麗に手入れされた庭


山頂をめざし自然林の中の快適な道を進む

15分程度進むと
展望台のある山頂に到着する


西叡山(標高 570.8m)
二等三角点
<基準点名:小田原>


山頂からの展望


今夜の宿泊場所である山頂直下の東屋

二日目に進む        山歩き日記2016年に戻る      トップに戻る