古要神社 古要舞いと神相撲


黒瀬さんから写真と説明文を送っていただきました。

3年に1回開かれる古要神社の祭りがありましたので 見に行きました。

最初は神社境内の様子です。
中津市伊藤田 古要神社

中津市伊藤田 古要神社

中津市伊藤田 古要神社

祭りの進行は何も解説や紹介がなく お神楽と同じような笛、太鼓に合わせて
進んで行きました。
夜6時からでしたがその前に神楽の奉納があり 時間が来ると 神楽の囃子方が
舞台の中央に陣取り演奏します
見物人はその舞台に上がって見ますが 上がれない人は周辺の立ち見でした。

中津市伊藤田 古要神社 古要舞いと神相撲

中津市伊藤田 古要神社 古要舞いと神相撲

最初はくぐつの舞から始まりましたが 人形は小さなものでした 入れ替わり立ち代り
登場しますそれが終わって 神相撲が始まりました 相撲人形は大小ありますが
激しい動きで触れ合う木の音がしていました。

中津市伊藤田 古要神社 古要舞いと神相撲

中津市伊藤田 古要神社 古要舞いと神相撲


最初は普通の取り組みが続きますが 途中では大きな体格の東方の横綱の〔祗園〕
が勝ちます。
しかし西方の横綱 〔住吉〕は小兵ながら全部を倒して終わりと行った神相撲でした。
人形をあやつる人〔オドリコ〕 神社氏子8名が白衣を着て分担しますが
祭りの7日前から厳しいしきたりに従ってお宮の楽屋にこもり 女性の炊いたものや
女色を忌み避けて長老から厳しい指導を受けるそうです。

名称:古要舞と神相撲
日時:平成17年10月12日(水)18:00〜
場所:中津市大字伊藤田 古要神社

なお福岡県吉富町の八幡古表神社でも4年に一度神相撲が行われる。
共に国の重要無形民俗文化財に指定。


2005年10月14日

Counter

ご意見ご希望は城下町中津の掲示板にどうぞ