中津城下町 金谷口と金谷武家屋敷跡 その2   (その1



中津市の公式ホームページに中津城下町 町名 木戸口説明が新しく掲載されています。
城下町の町名、木戸口の説明があります、ご覧ください。

金谷本町


中津城下町 金谷武家屋敷跡
金谷口から南方向を見る。
この通りは金谷で唯一広い道路です。
名前の金谷本町も中心を意味するのでしょう。
この道路を中心に左右に細い道路が作られています。

中津城下町 金谷武家屋敷跡
金谷口方向(北側)を見る。
日豊線のガード見える。
その向うの樹木は金谷口 お囲い山の「たぶの木」

中津城下町 金谷武家屋敷跡
レンガ色の土塀の建物は元寺子屋でもあった、元寺院。




神戸大学の創立者を記念した公園。

水島公園




中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡







平成20年5月黒瀬さん撮影。
金谷武家屋敷跡の発掘調査。

場所は上記のお堂の位置にあたります。





金谷西の丁





中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡


金谷上の丁



中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡



金谷森の丁



中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡 神社



中津城下町 金谷武家屋敷跡









中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡
「金谷山の神」の東端から大江八幡の森を見る。
写真右側に川があるが、江戸以前の大家川の跡と思われ、島田口付近から中津城下町の外堀となる。
川から右側は昭和30年頃までは蓮田だった。
道路を右側に行くと、大江八幡の裏の橋に通じる。



中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡



中津城下町 金谷武家屋敷跡
道路を真っ直ぐ行くと、大江八幡の裏の橋に通じる。

写真の後方のビルがある部分は昭和30年頃は蓮田だった。




中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡

中津城下町 金谷武家屋敷跡
写真の後方の森は大江八幡の境内。
この道は大江八幡の付近から萱津町になります。

中津城下町 金谷武家屋敷跡
昔の地図から想像するとこの付近(写真右側)に「留心学舎」があったらしい。

写真の左側は萱津町 安養寺






金谷東堀端 金谷西堀端についてはその1をご覧ください。

大部分の写真は黒瀬 戦一さん提供です。
江戸時代の地図は片端町吉本さん保管のもの。

「城下町中津」は黒瀬さんの協力を戴き内尾の責任で作成しています。

2006年2月12日
2008年5月18日
ご意見ご希望は城下町中津の掲示板にどうぞ

Counter