寂地山系案内板山口の山main menu

  

雪の寂地山

upload 2005. 1.31

犬戻し峡登山口-寂地山頂上-犬戻し峡登山口

map

 お蔵入りになっていたずいぶん古いネタですが、冬の登山記録が少ないので、3年前に雪の中、犬戻し峡登山口から寂地山に登った時の様子を紹介します。
 雪が降ると私の車では登山口まで行けないので、基本的に冬は冬眠しているのですが、会社の同僚のK氏の四駆で寂地峡に出掛けました。実はこの前年にもK氏と二人で松ノ木峠から雪の冠山に挑戦したのですが、ミスコースもあって登頂できずに途中で時間切れで引き返しましたので、今回は寂地山最短コースでリベンジ。雪が多くてまたまた大苦戦でしたが、なんとか無事登頂に成功。天気も良く真っ青な空の下、雪の寂地山のブナ林を楽しむことができました。
 なお、雪山が楽しいのは晴れて暖かい日だけです。吹雪きにでもなると、場所によっては自分のつけたトレースさえ、すぐに消えてしまうことがあります。迷って暗くなるまでに下山できなければ1000m程度の山でも一晩で凍死する危険がありますので、雪山には天候に十分注意してお出掛け下さい。


区間所要時間(分)
犬戻し峡登山口-(120)→稜線に出る-(20)→寂地山頂上-(50)→犬戻し峡登山口


  2002. 1.12(土) 晴れ

6:00 周南市発
 K氏の車で寂地峡に向かう。明らかに道にも雪が積もっていると予想されるので私の車では行けない。
 寂地峡から登るとかなりのロングコースになるので雪が多そうな日は、雪の装備がない我々には頂上まで辿り着けそうもない。寂地林道終点からなら無雪期1時間なので3倍時間が掛かっても大丈夫。犬戻し峡登山口を目指す。
7:50 犬戻し峡着
 以前、雪の寂地峡に来た時は、チェロキーをもってしても寂地林道が登れなかったのだが、今回は無事に登って行ける...と思ったら、犬戻し峡遊歩道の上側の降り口あたりでスタック。雪が深くてレガシーの車高では前に進めなくなってしまった。

8:00

登山靴に履き替え出発
 やむを得ず道が広い所に車を置いて歩いていく。すでに30cm位雪が積もっていて先が思い遣られる。林道終点の登山口まで30分も掛かってしまった。果たして頂上まで行けるのだろうか?
8:30 犬戻し峡登山口着
 林道終点には車はなく、もちろんトレースもない新雪を行く。登山口から頂上までは約2km。いきなり急登となるが、葉を付けている杉林の中を行く間はそれほど雪は深くない。しかし、杉林を抜けて葉を落としたブナ林となると雪は膝近くまでとなり、最初の1kmに1時間近く掛かってしまった。
9:30 あと1km
 さて、ここからが正念場。登るに連れて雪が深くなり、膝上まで埋まってしまうと前に進むのも困難となる。先頭で雪と格闘すると、すぐに体力を消耗して全く前に進めなくなりギブアップ。数分毎にK氏と交代しながら進む。これで吹雪きにでもなれば完全に遭難者状態だが、今日の空は真っ青! 異常に空が青く見える。白い雪と青い空のコントラストを背景にブナの木々が美しい
 稜線近くになると時折腰まで雪に埋まるようになりますますペースが落ちる。と言いながら、実はこうやって雪と戯れるのが面白い訳で、ずっと膝下の雪で普通に登れてしまっては、わざわざ来た甲斐がないというものだ。
10:50 稜線分岐
 ようやく稜線の分岐に到着。この1km足らずに1時間半近く掛かってしまった。10分で100mしか進んでない計算になる。しかしここまで来たからには、這ってでも頂上へ行くしかない! 意を決して頂上へ向かうと謎の足跡を発見! 人間くらいの大きな足跡がコースを横切っている。我々の前はもちろん、頂上からも右谷からも足跡はないにもかかわらず、その足跡は登山道もない冠山方向から安蔵寺山方向へ向っていた。あの足跡は一体...?
 這うこともなく、なんとか無事に馴染み深い寂地山頂上に到着。
11:10 寂地山頂上(1337m)(昼食)
 テーブルの上の雪をどけて昼食の準備。しかし、私のガスバーナーはガスが残り少ないせいか、なかなか湯が沸かず生煮えのラーメンとなってしまった...。
 登りは休憩を除き約2時間半、本当に無雪期の3倍掛かってしまったが、下りは無雪期と大して変わらないだろうから、頂上でのんびり過ごす。
 私は安蔵寺山の写真を撮ろうと北西方向へブナ林を分け入ってみたが、林が切れる所がなく結局枝越しの写真しか撮れなかった。安蔵寺山は頂上付近南斜面(展望台の辺り?)がスキー場のように真っ白になっていた
 頂上のテーブルに戻ると、K氏はテーブルの上に雪だるまを作っていた。
13:05 昼食を終え出発
 今日は素晴らしく天気がいいのに誰1人登ってくる人もなく、ずっと頂上を独占することができた。置き土産をテーブルに残して出発。
 雪の下りは無雪期よりもむしろ楽ちん。雪がクッションとなり段差も楽々、膝への衝撃もなく走るように降りられる。勢い余って転んでも痛くない。自分達の足跡を崩しながら進むと登りは2時間半掛かったが、下りは1時間足らずで登山口に到着。
14:05 犬戻し峡登山口着
 登山口には帰着したものの、車は林道の途中で置いてきてしまったのでまだまだ遠い。林道の雪は溶け気味で、靴にしみ込んでくると冷たいので先を急ぐ。それでも30分近く掛かって車に帰着。
14:30 車に帰着
 かなり苦戦したが、このコースは短いのでなんとか頂上まで登り切ることができた。前回寂地峡から登った時はみのこし峠までしか登れなかったし、前年にK氏と松ノ木峠から冠に挑戦した時も途中敗退、何れも登頂できなかったので、今回は雪の中、初めて頂上まで行くことができて大満足であった。
14:50 犬戻し峡発
16:50 周南市帰着
 




page top寂地山系案内板山口の山main menu

アンケートにお答え頂ければ幸いです。