各    種    手    摺 

 

一言に手摺と言っても素材によって感じが変わったり、付ける所の環境によっても変わってきます。手摺は使う人の安全を守る構造物・・・」それだけではないような気がします。手摺のデザイン一つでその場のイメージガラリと変わってしまうほど重要な要素があると思います。ここでは当社が施工した手摺について紹介します。

 

okujoutesuri.JPG

 屋上の落下防止用手摺。

スチール製

笠木:柱は丸パイプφ42.7

格子は丸棒φ13

 2rensustesuri.JPG

 これは某小学校に納めた手摺。

ステンレス製:ヘアライン仕上げ。

笠木:柱はφ42.7

笠木が二連になっています。

子供にも優しい配慮がなされてあります。

 miharu_hanedasi04.JPG

 スチール製手摺。

笠木:柱は□80x40の角パイプ。

格子は□25x12の角パイプ。

 拡大

 室内の階段手摺及び、ロフトの手摺です。

全て丸パイプφ38で製作してあります。

 dc021516.JPG

 少し変わった手摺。ロートアイアン手摺。

笠木はFB4.5x44。わざと機械でごつごつ感を出しています。

格子は鉄筋をウェーブさせて変化を付けています。

 

拡大

 アルミ製手摺です。

笠木は65巾のかまぼこ型。

 

拡大

 ロートアイアン手摺。

丸棒φ16をカールしています。

個人邸の内階段用手摺です。

dc120507.JPG

 ステンレス製手摺。

笠木:□40x20。

格子:丸パイプφ27.2。

常識はずれですが、笠木と柱はヘヤライン、格子の丸パイプは#400番研磨と異色の物になっています。

仕上げ方が違うので普通はやらないです。

 

home

 

*