城端曳山祭 2007/5/5
約三百年の伝統を誇る国重要無形民俗文化財「城端曳山祭」の本祭は五日、南砺市城端地域の中心部で行われた。城端塗の粋を尽くした六カ町の曳山は、粋な庵(いおり)唄を響かせる庵屋台とともに各町内を練り歩き、江戸時代の絢爛(けんらん)絵巻を再現した。

 曳山は高さ約六メートル、重さ約七トンで、当番町の東上町の「鶴舞山」を先頭に、城端別院善徳寺前から巡行した。京都祇園の一カ茶屋や江戸吉原の料亭を模した精巧な庵屋台は、それぞれの曳山を先導し、六カ町の若連中が笛や三味線の音色に合わせて情緒豊かな庵唄を披露した。

善徳寺前に整列した六台の曳山 「庵唄所望」と書かれた家では曳山と庵屋台を停めて庵唄が披露されます。 東上町の庵唄を聴く時はここから↓
金泊や多彩な城端塗の粋をつくした、絢爛豪華な屋台・曳山の装飾品
西上町曳山の御神像
恵比須
西上町曳山の御神像
関羽・周倉
出丸町曳山の御神像
布袋
山を曳くとギュギュと音が出る
ことから「牛山」とも呼ばれている
小路を行く曳山 霞の懸かった五箇山
祭幕と提灯 秋にはむぎや祭りの会場となる善徳寺 南町獅子方
ファイル/wmv 曳山 南町 明和
再生時間/分:秒 0:20 0:49 2:38
容量/MB 0.27 0.63 1.92
Windows Mediaでご覧下さい
明和会獅子方 東上町曳山のからくり人形