木曽駒ヶ岳
1972年(昭和47年)11月

メ モ

昭和45年に続いて木曽駒ヶ岳に登る。
玉ノ窪小屋まで前回と同じコースを辿る。高山では既に初冬の11月初旬の山行のために多少の不安感もあり、生憎の空模様で雨が降り出した時はどうしようかと思った。しかし天気の崩れは小さく、何とか登り続けてこの日は無事玉ノ窪山荘に泊る。
2日目は晴れたが快晴とまでは行かなかった。それでもうっすらと雪が積もっている木曽駒ヶ岳の頂上からは御嶽や北アルプスを望むことが出来た。この日は山頂付近を歩いて宝剣山荘に泊まる。夜間は厳しい冷え込みになった。
3日目は素晴らしい快晴。南アルプスから朝日が昇り、この前に勝るとも劣らない光景が広がる。鋸の歯のような宝剣岳の姿を眺めながら伊那前岳を越えて駒ヶ根へと下って行った。

行 程
(国土地理院地図

木曽福島−登山口−玉ノ窪山荘(泊)−木曽駒ヶ岳−宝剣岳−宝剣山荘(泊)−宝剣岳(往復)
−伊那前岳−ウドンヤ峠−宮田製品事業所−駒ヶ根

天 候 3日:曇り後雨 4日:晴れ 5日:快晴


空木岳方面を望む
御嶽遠望 木曽駒ヶ岳山頂
乗鞍岳 笠ヶ岳と穂高・槍遠望
南アルプスからのご来光 南アルプス南部の山々
八ヶ岳を望む 伊那前岳と雲海
空木岳を望む
宝剣岳

 
ホーム地域別山行一覧年別山行一覧