鹿島槍ヶ岳・五竜岳
1971年(昭和46年)8月

行 程 扇沢−柏原新道−種池小屋−爺ヶ岳−冷池小屋(泊)−布引岳−鹿島槍ヶ岳−八峰キレット−五竜岳−唐松山荘(泊)−唐松岳−八方尾根−白馬
天 候 2日:晴れ 3日:快晴 4日:快晴
メ モ 初めて北アルプスを歩いた山行。何故鹿島槍ヶ岳を選んだのかは忘れたが、松本清張の推理小説の舞台となった山で、それが記憶にあったからかも知れない。
大阪から夜行急行“くろよん”で早朝信濃大町着。バスで扇沢まで行く。初めての北アルプスの登りは結構きつかった。小屋泊まりにもかかわらず、あれやこれやと荷物を詰めすぎたためでもある。どうにか種池小屋に着き、爺ヶ岳を越えて冷池小屋に向かう。初めて見る立山、剣岳、鹿島槍ヶ岳が印象的だった。
2日目は朝4時に小屋を出発し、布引岳でご来光を迎えた。朝焼けに染まる立山、剣、そして遙か彼方に見える槍、穂高を始めとする北アルプスの嶺々に対して夢中でシャッターを切ったことを覚えている。鹿島槍ヶ岳には6時頃に到着した。ここまでは良かったのだが、そのあと八峰キレットを過ぎて五竜岳に向かう途中でばててしまって五竜岳直下の雪田で長い休憩をとった。何とか霧の中の五竜岳を越えて唐松山荘に着いたのは午後6時頃だった。
3日目も快晴の天気で、唐松岳から五竜岳、剣岳などの展望を恣にした。しかし慣れない縦走の疲れもあって八方尾根を下る足どりは重かった。八方池で白馬三山の眺めを楽しんだのを最後に、初めての北アルプス行は終了した。


柏原新道登山口から赤沢岳方面を見る 柏原新道から針ノ木岳方面を振り返る
柏原新道から針ノ木岳を望む
柏原新道から岩小屋沢岳を望む 爺ヶ岳への道
鹿島槍ヶ岳
爺ヶ岳への登りから立山・剣を望む
立山遠望(手前は種池小屋) 爺ヶ岳への登りで
布引岳からご来光を拝む 八ヶ岳と富士山
布引岳から爺ヶ岳と北アルプス南部
布引岳から槍・穂高遠望
布引岳から針木岳、赤牛岳、薬師岳、立山遠望
布引岳から立山、剣岳を望む
布引岳から剣岳遠望
鹿島槍ヶ岳山頂
鹿島槍ヶ岳から北アルプス南部を望む
五竜、白馬方面を望む
唐松岳からのご来光
唐松岳からの五竜岳
八方池と白馬三山 八方池からの白馬岳
八方尾根から見た不帰キレット 八方尾根にて

ホーム地域別山行一覧年別山行一覧