平成17年箭弓稲荷神社例大祭

平成17年9月20日21日に埼玉県東松山市の箭弓稲荷神社で20日に宵宮祭が21日に
例大祭が行われました。
当日は多くの関係者が参列されていて厳粛の中、歴史誇る神社らしい厳かに執り
行われました。

箭弓稲荷神社

箭弓稲荷神社の創建は、和銅5年と伝えられています。その後平安末期、源頼信が
平忠常の討伐に向かう途中、箭弓稲荷神社に詣でて、敵退治の願書を呈し、太刀一振と馬一頭を奉納し、一夜祈願しました。
その晩、白狐に乗った神から箭と弓を授かる夢を見てこれは、神様のお告げだと、
直ちに兵を起こして敵陣に攻め込み戦いに勝ちました。頼信は喜びこの社殿を寄進
したといわれます。社殿内外の彫刻はすばらしく、商売繁盛、開運の神としても
知られています。数々の絵馬と共に県や市の文化財に指定されています。