1.バスターミナル飢餓地区の期待の星が・・・。

 神戸市の交通の要所言えば三宮です。JR・阪急・阪神・地下鉄2路線・ポートライナーの各線が集まり、市民だけでなく、観光客も必ずといっても訪れる場所です。

 ところが、高速バスのターミナルはほとんど言ってもなく、JRバスと神姫バスが小規模なターミナルがあるのみ)、酷い場合は路上で乗り降りといった路線もありました。一体どこから乗るのだ!!という問題は特に明石海峡大橋の開業で神戸⇔淡路島・四国間のバスが激増するに従い、観光都市・神戸にとって頭の痛い状態になっていました。

 そこで神戸市は地震で再建されることになった三宮・新聞会館(愛称ミント神戸)1Fに高速バスターミナルを新設することになり、『これで神戸に本格的高速バスターミナルができる。』と期待されました。

 2006年8月下旬、神戸市から新バスターミナル『三宮バスターミナル』開設記者会見(会見内容)で示された内容は・・・・、今後問題を引き起こす内容でした。

 

 

 3.やはり間違うお客が・・・

 そうこうしているうちに、開業日の11月26日を迎えました。開業当日に行って見たのですが、バス会社の人と神戸市の方が数人居られました。とりあえず洲本まで行ってみようと切符売り場に行ったのですが、ラミネート加工した行き先を書いた紙を張っている状態で、お世辞にもピカピカというわけにはいきませんでした。売り場も状態で係員の方が窮屈に座っておられ、かわいそうに思いました。 そこにある青年が『(洲本市五色町の)高田屋嘉兵衛公園に行きたいのですが・・・。』と訪れました。五色方面のバスは神姫バスが担当ですが、神姫バスは旧来のターミナルから発車です。係員の方がここじゃないよと案内していました。バスターミナルを出てJRの改札附近にはこんな看板が出ていました。(↑神姫三ノ宮バスターミナル|三宮バスターミナル→)これじゃ、間違うのも当たり前です。開業初日から混乱してました。

 

 4.神戸&淡路島・四国への玄関口だからこそ

 ここまで3回少々辛口で記事を書いてきました。何しろ問題点が多すぎるのです。主な問題点を挙げると

1.神姫バス・阪神バスなど乗り入れないバスが多い。特に伊丹・関空行リムジンが乗り入れないのは致命的。

2.切符売り場が狭い。無理やり窓口を3箇所設置しているので手狭。あと予約不要の淡路島行も窓口発売なので混む。

3.案内所がない。観光案内所は交通センタービル(JR西口1F)にあるので、どこで聞いたら分からない。バスターミナルのインフォメーションとしても必要。

4.時刻表はあるが、発車案内板がない。プラズマディスプレィを1〜2台置いてほしい。

5.バスターミナル出口車路が1箇所しかないので神姫バスのバスを含めて三宮東交差点(東急インのところ)まで混む。などがあります。

 

 今回、今までバスターミナルがなかった神戸・三宮に新聞会館(ミント神戸)の建替えによってバスターミナルができたのは評価に値します。5年後には阪神三宮駅に東改札口が新設されミントと直結されるので、アクセスも向上される予定です。このバスターミナルがもっと使いやすくなるよう、ハード・ソフト面においてももっと向上するよう神戸市・各バス会社の努力を期待したいしたいと思います。

 

(補足)三宮バスターミナルの紹介文は”YAKUMOBUS NET” OMUNIBUS〜日本の高速バスターミナル(乗り場)紹介〜の1コンテンツ『三宮バスターミナル(ミント神戸1F)』に紹介しております。こちらもご覧ください。また『神姫バス三ノ宮バスターミナル』『神戸三宮(日本生命ビル前)』の紹介文もございます。

 

 2.本当に大丈夫か?

 神戸市からの報道資料をHPで見て、私はびっくりしました。

 『こんなに小さいのか!?』

 何しろ乗車8バース、降車3バースと書いてありましたが、実際には新設は乗車5バース、降車1バースの新設です。最初『JRが現在使っている2バースは残るだろう』と思って図を見たら、どう見ても廃止です。さらに乗り入れ会社はJRバスは当然として、日本交通・フットバスまでは驚きませんでしたが、驚いたのはシティループや4つのホテルバスが乗り入れるとなっていました。『ホテルバスってどれだけ走っているんか?』と各ホテルのHP見たら結構走っており(特にポートピアHはすごい)、これだけで1バース確定です。

 逆に神姫バスは自前のバスターミナルを残すみたいでほとんど乗り入れせず、阪神電鉄バスにいたってはTDL・千葉行きを除き、空港リムジン含め路上のままです。思わず『うまいこといくんか?』と疑問になってきました。

 9月になると工事は大詰めとなり、10月11日にJRバスの乗り場が仮開業ということでミント1Fに乗り入れ始めました。ミント神戸は10月に開業したのですが、1Fだけは工事中という奇妙な状態になりました。

 

 

(写真は神姫BTとミントBTを併記している看板。本文とは違う位置で撮影)

 

(写真は阪神電鉄バス乗り場『日本生命前(路上です)』)

(写真は三宮バスターミナルの待合室)

 夜の神姫バス三ノ宮ターミナルです。帰宅客などでにぎやかです。

三宮バスターミナル物語

  2006年11月26日、神戸・三宮に念願の総合バスターミナル『三宮バスターミナル』が誕生しました。しかし問題点も多いです。筆者なりにまとめてみました。(YAKUMOBUS JOURNALからの編纂です)

 (三宮バスターミナルについての概要はこちら


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  


 ←PLATFORM(コラム集)に戻る

←"YAKUMOBUS NET" TERMINAL(HOME)へ戻る