JR・京阪・地下鉄山科駅(京阪バス)

概要

 山科駅はJR(琵琶湖・湖西線)・京阪(京津線)・京都地下鉄(東西線)の3路線が交わる京都市山科区の駅です。駅自体は別々ですが、乗換えは容易です。そのため、乗換え(たとえばJR草津方面→地下鉄三条京阪方面など)のパターンが多く、多くの乗換え客でにぎわいます。位置的には北側にJRの半高架駅・南側に京阪の地平駅(上下線で駅舎が分かれており、構内踏み切りで連絡)があり、その地下に両駅を南北に突き刺すように地下鉄の駅があります。

 山科駅のバス乗り場は一番南にある京阪西行き(御陵・三条方面)駅舎の南側にあります。京都東ICから近いので、夜行バスを中心に高速バスが停車します。高速バス乗り場はバスロータリーの一番南です。

 

アクセス:(各鉄道構内図は『リンク1』参照)

 ・JR・・・南側の改札を出て、目の前の京阪の構外踏み切りを渡れば、右にバスターミナルがあります。

 ・京阪・・・東(浜大津方面)から来た場合はホームの改札(南改札)を出てすぐ目の前を出てすぐです。

          西(御陵方面)から来た場合は構内踏切を渡り反対側のホームの改札(南改札)から出てください。

 ・地下鉄・・・地下道上ればすぐです(駅の北側になります)。

 なお、山科から御陵以遠(蹴上・三条京阪・二条方面)へは京阪・地下鉄どちらでもいけますが、

蹴上以遠(三条京阪・二条方面)に行かれる場合は必ず地下鉄を使ってください。

(反対方面からも同じです。この場合は六地蔵行きに乗って地下鉄山科駅で降りてください(浜大津行きは×です)。

なぜなら、京阪は次の御陵から地下鉄に乗り入れるために京阪+地下鉄の2社分の運賃が適用されてしまい高くついてしまうからです(かつては京阪(京津)三条まで三条通に併用軌道の路線がありましたが、地下鉄開業時、御陵で地下鉄乗り入れと引き換えに京阪京津線の京津三条〜御陵間が廃止になってしまいました(但し、次の御陵までは京阪のほうが安いです))。

 

設備

 屋根付バス停と京阪南側駅舎(御陵・三条京阪方面行き)西側に案内所があります(ここで切符が買えます。但し、夜は開いていません)。

 駅前ですのでコンビニは何箇所かあります(バス停前にam/pmがあります)。

 

地図はこちら。京阪バスのHPはこちら

 

 


 JR山科駅(南側)です。向かいには地下鉄の入り口と京阪の東行きホームと北駅舎があります。バスロータリーは出口左手にある踏み切りを渡ります。

 京阪山科駅北駅舎(浜大津方面行き)です。ここから、大津市街地と琵琶湖観光基地の中心部、浜大津へ行けます。地下鉄乗り入れの関係で、このホームは乗る人がほとんどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは京阪山科駅南側駅舎(御陵方面)です。こちらは逆に降車客が多いです。駅舎左手にバス案内所があり、ここで高速バスのチケットも買えます(夜は閉まっています)。右手はもうバス乗り場です。なお山科駅からのバス路線は、地下鉄開業時にバス事業を京都市交通局から京阪バスに譲渡されています。

 バスロータリー全景です。標準的なつくりです。高速バスは写真の左側奥からの発車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高速バス乗り場です。昼間の便が金沢行きの2往復しかないので、普段は降車場です。一般路線バスのバス停は併設されていません。高速バスの行き先はすべて書かれています。

 時刻表です。金沢行きを除き、すべて関東方面の夜行バスです。交通が便利なところなどで、滋賀県の人も利用が可能です(ちなみに八王子行きは廃止になっています。)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 交通の要所なので、意外と夜行便が多いです(昼便の金沢行きはそのまま五条通経由で行ってもいいと思いますが・・・)。

 ここで乗り換えると、京都・大津はおろか大阪・神戸へもJRで行けてしまいます。

 実は隣の大津駅および京阪浜大津駅には近江鉄道バスの高速バスがあり、この面で実は隠れた競合になっていることに気づきました。

 やはり、対首都圏はおいしいのでしょう(その分ツアーバス含め、すさまじい競争ですが・・・)。

 


  ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る