近鉄学園前駅(奈良交通・関西空港行きリムジンバス)

 

概要

 奈良市の西部、近鉄奈良線学園前駅(奈良県奈良市)にあるバスターミナルです。バスターミナルは北口と南口の2箇所ありますが、高速バスとリムジンバスは北口バスターミナルから発車します。乗り入れバス会社は『奈良交通』です。

 近鉄学園前地区は関西でも芦屋(兵庫県)と並ぶ高級住宅地区です。それ以外にも周辺にニュータウンが建設され、また、けいはんな・関西文化学術研究都市も南端にも近いので、近鉄けいはんな線が『学研奈良登美が丘』駅まで延伸されるまでは、学研都市への入口の役割も果たしていました(今でも学研都市精華地区へのバスは走っています)。

 現在、近鉄学園前駅(北口)には、徳島行き高速バス(徳島バスと共同運行。但し、近鉄学園前駅には朝奈良発・夕奈良行(原則奈良交通便担当)のみ停車)と、関西空港行きリムジンバス(関西空港交通と共同運行)が乗り入れています。

 なお伊丹空港行きのリムジンバスと、夜行高速バス(『やまと号』)は乗り入れていません。

 

 

アクセス:(近鉄学園前駅の情報は近鉄HPを参照してください)

 近鉄学園前駅には北口と南口がありますが、必ず北口(北改札口)から出てください。北改札口は奈良行きホームと直結しています。大阪行きホームとは連絡地下道でつながっていますので、奈良方面から来た場合は連絡地下道を通って北改札口から出てください。

 北改札口を出たら、目の前が北口バス乗り場です。

 奈良行き高速バスと関空行きリムジンバスは8番乗り場からの発車です(改札を出て右手になります。)。

 

 

設備

 バス停(上屋つき)ときっぷ売り場(案内所)があります。

 案内所は北改札口近鉄特急券売り場窓口の右隣にあります(改札を出て左手にあります。)。

 コンビニは8番乗り場の近くに『am/pm』があります。また、駅ビルにはファーストフード店など飲食店もあります。

 

 

『近鉄学園前駅(北口)』乗り場の地図はこちら

『奈良交通』のHPはこちら

 

 


 

 

 

 近鉄学園前駅(北口)です。奈良市西部の住宅地にあり、名前のごとく『帝塚山学園』や高級住宅地(大手企業の社長さんの家が多い)があり、近鉄奈良線の中でも高級感漂う駅です。

 駅自体は奈良市内にあります。特急(有料)や快速急行などが停まりますが、駅自体は単純な相対式2面2線です(追い越しは出来ません)。

  駅には北出口と南出口があり、それぞれにバス乗り場があります。

 写真は大阪行きホームから階段を降りたところを撮影したところです。奈良方面から来た場合は地下道を通って奈良方面行きホームにある、北出口に向かう必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北口の改札口です。ご覧のとおり改札の目の前に奈良行きホームがあり、大阪から帰って来た場合、階段を使わずに改札を通ることが出来ます。

 高速バス、リムジンバスに乗車する場合は、この改札を通ってください。(北口・南口とも改札口は各1箇所しかありません)。

 北口バスターミナルです。学園前北地区へのバスの他に、けいはんな線の各駅や学研都市各地へのバスの起点となっています。

 来るバスはすべて奈良交通ですが、この付近の住宅地と県南部の山岳地帯(温泉で有名な十津川村も奈良交通のエリアです)を同じ奈良交通が担っているわけで、奈良県の『南北問題(県北部に人口が集中している)』を奈良交通を使うと実感します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案内所です。北口の特急券売り場(写真の左)の隣にあります。

 ここでバスの定期券・ICカード『CI−CA(シーカ・奈良交通専用のプリペイド式ICカードです。'07年4月からは『PiTaPa』『ICOCA』も使えます。)』の他、高速バス(徳島行のほかに、首都圏方面の夜行高速バス『やまと号』)やリムジンバス(関西空港行きは原則予約が必要です)のきっぷが買えます。

 北口の乗り場一覧表です。南口バス乗り場の案内も記載されています。行き方も記されています。圧倒的に北口のほうが多いです。

 

 これを見ると高速・リムジンバスは8番乗り場からの発車が分かります。しかも高速バス・リムジンバスの運賃・予約センターの電話番号も記されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 北口8番乗り場です。高速・リムジンバスのほかはスクールバスとゴルフ場送迎バスしかやって来ません。

 事実上、リムジンバス(と『徳島線高速バス』)乗り場専用となっており、一般路線バスはやって来ません。

 バス停です。1本で十分なのですが、なぜか『関西空港リムジンバス』用に2本立っています。

 恐らく、1本は時刻表掲示専用にしており、事実そうなっています。リムジンバスについては、路線図も掲載されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時刻表です。関空行きはそこそこありますが、徳島行は朝の1本しかありません。奈良〜徳島線は2往復体制ですが、夕方の徳島行は停まりません(朝の徳島発も同様)。

 確かに学園前駅に立ち寄ると、時間的にロスをしてしまい、この路線の利用者は大抵日帰り観光客が多いので、徳島から学園前へ日帰りで利用するお客さんは少ないでしょうから、それなら第二阪奈を直行して奈良に早く行ったほうが徳島のお客さんにとってもメリットがあります。逆は、ここでお客さんを拾って徳島に向かった方が便利です。

 関空線の注意書きです。

 予約の勧めや、荷物についての注意書きが書かれています。

 一番下は、徳島線開設のお知らせです。ただ結構時間が経っている(少なくとも半年以上)のですが、このような告知は1年くらいするのが普通でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


路線一覧:(一部停留所は省略)

・『徳島行き昼行高速バス』・・・小鳴門橋・松茂経由JR徳島駅行き

 (天理駅(朝徳島行(夕徳島発)は特定日のみ)〜)近鉄奈良駅始発・JR奈良駅・近鉄新大宮駅経由、

 第二阪奈生駒・大阪(天王寺)にも停車(天理・奈良〜大阪(天王寺)までは乗車のみ)。

 (徳島バスと共同運行、但し、近鉄学園前駅には、朝徳島行・夕徳島発のみ停車(朝徳島発・夕徳島行は通過))。

 

・『関西空港行きリムジンバス』・・・関西空港行き

 (学研都市京田辺(近鉄新田辺駅)または北大和一丁目〜)学研けいはんなプラザ始発、第二阪奈生駒にも停車(乗車のみ)。

 関西空港交通と共同運行)

 


感想

 奈良発の関空リムジンは西名阪利用なので、学園前駅線は学研都市地区とセットになっています。

伊丹空港行きはありませんが、上本町(上本町BC)や難波(OCAT)乗換えで代用できるので、なくてもそんなに不便ではありません。

 徳島行は利用促進のため、朝徳島行・夕徳島発が立ち寄っているのはやむをえません。利用が見込めるので、あえて時間を犠牲にしてここに停めているのでしょう。

 あと、東京行き夜行高速バスが欲しいところですが(現状では近鉄奈良駅まで行く必要があります)、せいぜいJR奈良駅始発の『やまと号』をここまで延長するくらいしか出来ません。学研けいはんなプラザ始発近鉄学園前駅経由にしてJR奈良駅に行っても面白いのですが・・・。


←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る