JR舞子駅(地上)(山陽電鉄バス)

概要:

 舞子駅は神戸市垂水区にあるJR神戸(山陽)線の駅です(朝を除き快速が停車(夕方の一部を除く))。北側に山陽電鉄舞子公園駅があり、南側はバスターミナルで、その南に国道2号線が走っており、目の前に海岸線、そして明石海峡をはさんで淡路島が見えます。この駅を有名にしたのは駅の真上を通る神戸淡路鳴門自動車道で、ここが世界最長のつり橋である明石海峡大橋の袂になります。そして、その橋の手前(すなわち駅のほぼ真上寄り若干北側)に『高速舞子』バス停が設置され、JR・山陽電鉄と高速バスの乗換えが出来るようになっています。

 駅前バスターミナルは垂水区内の路線バス(山陽電鉄バス・神戸市バス)が乗り入れていますが、山陽電鉄バスが東京・立川行き夜行バス『レッツ号』(立川バスと共同運行)を運行しており始発となっています(垂水・学園都市・三宮経由)。これを使えば、淡路島からでも舞子乗り継ぎで利用が出来るので、隠れた淡路島⇔東京(立川でJR中央線に乗り換えれば新宿に行ける)ルートになっています。

 

アクセス

 JR舞子駅からは改札口からバスターミナルまですぐです。山陽舞子公園からは少し(10分弱)歩くことになる(バス乗り場がJR南側しかありません)ので、垂水での乗換えがベターです。なお舞子駅バスターミナル⇔高速舞子BS間は10〜15分は見ておくこと。

 

設備

 バス停(上屋付)のみです(ちなみにJR舞子駅および高速舞子BSまではほぼ雨に濡れずに行けます)。切符売り場はありませんので、あらかじめ用意しておくこと(ローソン・ファミマか大手旅行代理店(但し手数料必要な場合あり)で)。売店等はJR駅施設を利用。

 

地図はこちら。山陽電鉄のHPはこちら

なお『高速舞子バス・ストップ』の紹介文はこちら

 


 

 JR舞子駅駅舎です。橋上駅舎になっており、北口と南口があります。目の前に見える高架橋は神戸淡路鳴門自動車道です。

 改札前です。左が南口・右が北口です。一般路線バス&立川行き夜行高速バス乗り場は南口のバスロータリーです。ちなみに高速舞子BSは北口になります。

 南口の通路を標識通りいくとバス乗り場にたどり着きます。立川行きは南側のバス停からの発車となります。屋根が駅からバスロータリーまで屋根があるので、濡れません。前方に明石海峡大橋が見えます。

 バスロータリーです。市バスと山陽電鉄バスが乗り入れて来ます。JRとの乗換えは便利なのですが、山陽舞子公園駅までは距離があります。山陽電鉄にしてみたら、お客をみすみすライバルのJRに送り込んでいる形になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 『夜行高速バス東京(立川)行き』とかかれています。他の行き先は書かれていないので、普段は空いています(降車場も別ですし、予備的です)。

 時刻表です。ものの見事に立川行き1本のみです。

 なお、舞子駅には山陽電鉄バスの案内所はありませんので、あらかじめ、チケットを買っておく必要があります。

 駅南口〜バスターミナル間の通路にも高速舞子への案内があります。『レッツ号』と淡路島・四国へのバスへの乗り継ぎはこの案内を通ると近道になります(但し、駅からは北口経由が早いです)。

 もう一度明石海峡大橋です。目の前の渋滞道路は国道2号線です。すぐそばに(約3〜4km先)に淡路島が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


感想

 駅ロータリーは夜行1本だけなので、ほとんどイメージがないです。舞子=高速舞子のイメージが定着してしまっています。

 まあ、案内がかなりしっかりしているので、間違える人はあまりいないでしょうが・・・。

 新設夜行路線もなさそうですし、当面このままでしょう。案内所は欲しいところですが・・・。

 


 

 ←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介〜関西地区』に戻る

 

←『日本の主な高速バスターミナル(乗り場)紹介』に戻る

 

←『OMUNIBUS(バスの部屋)』に戻る

 

 ←『TERMINAL(HOME)』へ戻る