都築学園2法人が申告漏れ 収益事業絡み1億6千万円

 福岡県や東京都などで大学、専門学校を経営する都築学園(福岡市、都築泰寿理事長)グループの2つの学校法人が、福岡国税局の税務調査で法人所得約1億6000万円の申告漏れを指摘され、修正申告していたことが6日までに分かった。

 このうち、一部について悪質な所得隠しと認定され、重加算税などを含め約5000万円を追徴課税された。

 修正申告したのは、福岡県太宰府市で第一経済大などを経営する都築育英学園と福岡市で専門学校を経営する俊英学園。

 関係者によると、筑紫育英学園は、2000年3月期までの6年間で、約1億円の申告漏れを指摘された。収益事業に伴う借入金を返済した後も、金利を支払っているように装い、架空経費と認定されたとみられる。

source:200109山陽新聞