トップページ

次ページへ

すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、
 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、
 値なしに義と認められるのです。
』(ローマ3:23−24)

 
国の法律違反したことだけをと思う人は多いです。
 それらの法律は国が変われば変わるものであって
 罪の基準とはなりません。
 そしてそれらの法律は社会生活や人間関係だけに関するもので
 神の存在もその中には入っておりません。

 
しかし聖書は神が示した明確な罪の基準があります。
 それは
全人数に対する神が決めた法律です。
 神によって造られた人間はその法によって
 
自分自身を見なければなりません。

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの
 主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。
』(ローマ6:23)

 
聖書が示す罪とは?