Androidスマートフォンで模型をコントロール

 

運転台風コントロールアプリと操作方法

スマートフォンの画面でワンハンドル運転台のような操作ができるコントロールアプリです。

スマートフォンの画面に合わせて拡大されるようになりました。

ここからダウンロードしてインストールしてください↓

http://www.geocities.jp/y_taka216/ramonino/Android/Train_Controler.apk

始めにコントローラーのBluetoothモジュールとペアリングを行ってください。

アプリを立ち上げたら左上のBluetoothをタップし、接続するBluetoothデバイスを選択します。

設定後、右上のinteractをタップして運転画面に切り替えます。

  

コントローラーアプリの画面は以下のとおりです。

   運転画面

 

 1 メインボリューム

  マスコンモードでは上が減速、下が加速。
  ダイレクトモードでは下から上に向かって出力が増加します。

  マスコンモードで遊ぶ場合は、編成ごとに最低出力を調整して
  ください。

 2 方向転換レバー

 3 操作切替ボタン

  マスコンモードとダイレクトモードを切り替えます。

 

 中央の縦メーターはマスコンモード時の加速計。
 右側のメーターは速度計です。

 方向転換、および調整画面への切替は速度計が0でないと
 切り替わりません。

 

  調整画面

 

  最低出力

   動力車がギリギリ止まる位置に合わせ、ボリュームの遊びが
  なくなるよう調整します。   

  最高出力

   スケールスピードにこだわった運転をする場合は、出力の
  最大値を制限することができます。

  加速率

   マスコンモードでの加速率を調整します。

ポイント切替画面

 

 1 ポイント切替

   タップするごとにポイントが切り替わります。

 2 コマンドボタン

   マイコン側にプログラムした追加機能を呼び出すために
   使います。

アプリから送信されるパラメーター

シリアル通信で 255の次にパラメーターが送られます。

 

 1−140 PWM出力(線路への出力値)

 191−196 コマンド出力

 201 前進
 202 停電
 203 後退

 210 ポイント1切替
 212 ポイント1切替
 214 ポイント2切替
 216 ポイント2切替
 218 ポイント3切替
 220 ポイント3切替
 222 ポイント4切替
 224 ポイント4切替

 

 

【送料無料】電脳Arduinoでちょっと未来を作る

【送料無料】電脳Arduinoでちょっと未来を作る
価格:1,890円(税込、送料込)