アンチエイジングレストラン

コンテンポラリー薬膳料理

 薬膳の本質とは何か?それは中国料理であることではありません。中国医学の考えを基に作られた料理のことです。故にフレンチもイタリアンもスペイン料理も、中国医学を基に施膳されれば全て

薬膳料理となりうるのです。

究極の料理論

電子書籍 「21世紀料理進化論」 絶賛公開中!

 

Y's Gallery

  ワイズ         ギャラリー  

ysgallery2006@yahoo.co.jp     

医は食なり、食は医なり 

 日本人には日本人にしか創れない、そして創らなければいけない料理がある。日本から世界へ発信する料理

日本人に受け継がれた美意識と旨味そして薬食同源を取り入れた、「見て美しく、食べて美味しく、身体に良い」

究極の食の形  

2011春コレクション

  鶏ささみ肉のバロティーヌ     ホタテのムースのラビオリ     3日間昆布〆した桜鯛のロースト    姫リンゴのクロッカン

 

伝統=革新

「伝統とは革新である」

伝統とは伝言ゲームではない。現在、伝統文化とされている物はすべて革新により生まれたものである。千利休による茶道然り、野々村仁清による京焼き然り、当時は革新的だったものが後世になり伝統へと変わって行ったのである

 

伝統には受け継ぐ人間の他に、創り出す人間も必要なのだ

 

その時代の文化や気候、流行の中で生きた人間のフィルターを通して新しい物を創り上げるべきである。人は進化し続けなければならない。昨日よりも今日。今日よりも明日。それがたとえ小さな一歩だとしても。

今私たちがやるべきことは、先人が遺してくれた財産を進化させて、後世に伝えるべき物を創り出し、次の世代へと受け継ぐことなのである。受け継ぐべきはレシピではない。魂であり、スピリッツであり、想いなのである。それが伝統となるか、消え行くかは後世の人間が決めることである。私たちは自分の感性を信じ、たどり着く事のないその理想を追い続け、近づく努力を続けるべきなのである。たとえそれが誰にも認められなくとも。

  コンテンポラリー薬膳料理 ワイズギャラリー

 Counter

 produce by Yoshiyasu Yanagisawa