花まゆとは 教室案内  花まゆ写真集   HOME   


  第2回林正太郎・酒井登巳子   二人展

同郷 岐阜県土岐市下石の陶芸作家 林正太郎 とのコラボです

       会場 : 岐阜県土岐市  セラトピア土岐

期日 : 2012年7月5日〜8日

      


 

ゆきぼたん : 志野にはふんわりふっくらしたうっすらピンクの大輪ボタン

 

 

 

 

 

 

沈丁花 : 同じく志野の花生けには繭と小さな沈丁花

 

 

 

 

はなくぬぎ : 黄瀬戸には緑そのままの天蚕を使いました

 

 

 

 

ホープ : 直径40cmの壺に生成りの花まゆを大きくいけてみました

 

ほたるむらさき : キビソという製糸の副産物を利用、ほたるの軌跡にも似て

 

 

 

IZAYOI  : 満を過ぎ枯れ尾花でも影に味わいがあふれた作品

 

 

 

 

繭椿 : 繭をそのまま生かした花まゆならではのつばき、緑の大皿に花弁浮かべて

 

 

 

 

みずあさぎ : 迫力ある花器に淡いブルーの薄い薄い花弁を集めた大輪

 

 

 

 

 

豊饒 : 製糸の副産物キャリアと繭そのまま、たわわに実る豊かさを 

 

 

 

 

(中央)   シルクロード : 4mを超える花まゆ会員の共同作品

 

(右の作品)  さくら草 : 唯一陶器を使わない作品、こね鉢に醤油と酒の絞り袋をコーディネイト

  

 

 

花まゆとは 教室案内  花まゆ写真集   HOME