私と共に

このページは、私(シバヤン)が物心付いた時から、我が家で一緒に暮してきた犬猫達のページです。
この犬猫達はすでに旅立ちましたが、私の中では思い出ではなく、未だに一緒に暮しています。
私と共に同じ時間を生きて来た犬猫達、私に沢山の大事な事を教えてくれました。
動物は死んだ時に悲しいから飼わないとおっしゃる方もおられますが、
その悲しさも、生きていた時に得たものも、共に大事な財産になります。
今居るワンニャンも、ここに居るワンニャンも、私にとっては大事な家族です。
なにぶん古い写真ですので、写りの悪いのはご勘弁の程を・・・

ジョンです、私が物心付いた時にはもうかなりの歳でした、
写真も今ではこの1枚しか有りません。
余り記憶にないですけど、一緒に遊んだ記憶がうっすらと・・


クロです、私とはおよそ15年間暮しました、シェパードの血が混じっていたそうです。
左の写真は私(左)と姉が一緒に写っています、真中は私とクロ、
右の写真はクロの若い頃の写真です、どの写真も40年近く前の写真です、家の前だと思います


アルマンです、コリー犬。アルマンが来た時には、クロは10歳位だったと思います。
左はかなり成長した時の写真、真中と右はまだ1歳の頃です、私とクロが写っています、(可愛い(^_^;))



ポン、又はポン吉と呼んでいました。私が拾って来ましたが、経緯は忘れました。
アルマンとも仲がよく、夜遊びして私の部屋に入れない時は、アルマンのお腹に潜って寝てました。
真中は私の父に洗って貰っています、右は母が抱いている所です。
模様や色はバロンに似ていたと思います、顔は似ていませんが・・・

アルマンよりもポンの方が先に旅立ちましたが、アルマンが死んでからは、
我が家には3年程の空間がありました、妻と結婚して、すぐにミッチーが来ました。


ミッチーです、柴犬。父がある日突然ペットショップから買ってきました、驚きましたが嬉しかったです。
右はミッチーの子供、全部で4匹産まれました、陰に隠れて見えませんが、真っ黒の子犬も居ます。
それがゴローです。ミッチーはなぜか傘が嫌いで、開くと逃げていました、前世は傘?



ゴローです、ミッチーの子供。ゴローの写真はこの2枚しか有りませんでした。
もっとハッキリ写ったのを撮っとけば良かったです。
この犬は車に2度惹かれました、それでも大した怪我もせず、
寿命を真っ当してくれました、本当に元気な犬でした。
目つきはきつかったですが、ケンカ等はしない犬でした。

ゴローが旅立った後、また3年程の空間が開きます。
そしてボギー、妻(シバチャン)が拾ってきました。


リリーの兄弟のJ・J(ジェイジェイ)です、真白でした、もう1匹同じ真白で、
初代ポッポが居ました、こちらは写真が有りません、残念です。
左の写真の後ろに写っているのはリリーです、なんとなく幼さが・・・
右の写真はピッピとご飯を食べている所、
ピッピはまだまだ幼かったです。



バロンです。私が家の前で拾いました、右下の写真は私のお気に入りです。
とても可愛い猫でした、もし・・・もし生きていたらどんなネコになっていたでしょう。
バロンの事は今でも思い出すたびに残念でなりません。



リリーです、我が家の前のお地蔵さんの所に捨てられてました。
とても面倒見が良く、ピコやポッポの良きお姉さんでした、
私たちよりも犬のボギーになついてました。
ボギーです、17年生きてくれました。
猫たちが来てからも、猫の面倒をよく見てくれました。
可愛くて、怒る事なんて無い優しい犬でした・・・

思えば沢山の動物と暮して来ました、まだ写真の無い犬猫も居ます、、リリーの兄弟の初代ポッポ、
そしてリリー達とほんの少し過ごした初代ピッピ。
私にとっては決して忘れる事の出来ない家族達です。
私にとっては、とても大事なページになりました、このまま何時までも置いておきたいページです、
私が家族に会いたくなった時の為にも、大事にとって置きます、ずっと・・・・



トップへ戻る

1

1