おたから通信オンライン>ようこそ(トップページ)

トップページ

更新情報(最終更新2006年7月14日)

  • 6,7月のトピックス・ニュースを更新
  • 事務所開所日の掲載をはじめました
  • 5月のトピックス・ニュースを更新、こどもまつり特設ページ開設

詳細は掲示板をご覧ください。

おめでとう!子ども劇場40周年

子どもの豊かな成長と文化の発展を願って40年

「子どもに夢を!たくましく豊かな創造性を!子どもに未来を開く智恵と勇気を!」

1966年6月11日、子ども劇場は会員192名で福岡で誕生しました。以来40年、その運動は47都道府県の600を超える地域に広がっています。

福岡県内では現在24の子ども劇場で1万人の会員が活動に参加しています。また40年間で子ども劇場会員として活動に参加した方は43万人を超えています。

子ども劇場40年記念事業

現在県内の子ども劇場から16名の実行委員が集まり準備を進めています。

子ども劇場40周年を祝う会

日時 2006年7月17日(火曜、祝日)
場所 ふくふくプラザ(福岡市)

40周年記念パンフ

現在記念パンフを作成中です。会員の皆さんにお届けします。主な内容は以下の通りです。

  1. 子ども劇場の歩み―大切にしてきたこと―
  2. 県内24子ども劇場の紹介

「ワンコインかんぱ」のお願い

子ども劇場の会員や応援してくださっている多くの方々に、ワンコインに思いを託していただき、1万人の皆さんと一緒に40周年をお祝いしたいと思います。

「ワンコインかんぱ」は子ども劇場事務所や例会会場で受け付けています。皆様のご協力をお願いします。

ニュース

例会については「劇をみる会」のページをご覧下さい。

立柳聡講演会「子どもの権利を創る-つぶやく子どもと向き合う大人-」
ムーブフェスタ2006市民企画事業 第12回北九州子ども文化セミナー

ムーブフェスタ2006市民企画事業として北九州子ども劇場は、立柳聡さんの講演会を行います。

講演では、2004年の国連子どもの権利委員会で日本に子どもたちが行ったプレゼンテーションのビデオをもとに、代表に同行した立柳さんのお話があります。その後グループに分かれて感想、意見の交換を行います。

日時 2006年7月23日(日曜日)
場所 北九州市男女共同参画センター ムーブ
大セミナールーム
時間 13時30分から16時30分
参加費 子ども(18歳まで)100円、大人600円

託児のご案内

今回の企画では託児を用意しています。事前の申し込みが必要ですのでご注意ください。

  1. 託児料300円が必要です。
  2. 受け付ける人数は10名程度(1歳6ヶ月から未就学児)です。
  3. 当日欠席の場合は、その旨連絡をお願いします。なお託児料の払い戻しはできませんのでご了承ください。
  4. 申込用紙は「おたから通信」と一緒に配布しています。必要事項を記入の上、北九州子ども劇場事務局にファックスしてください。小倉南の事務局ではありませんのでご注意ください。

2006年6月のトピックス

ピアニカ隊結成(2006年6月25日)

6月25日のピアニカ隊の練習には、小学1年生から中学生までの子どもたちが集まりました。

例会当日は、高校生の会員によるエレクトーン伴奏にのって松田昌さんと競演します。

韓国の舞踊と遊びを体験してみよう
2006年7月低学年例会「牛になったサンヒョン」事前企画(2006年6月18日)

JPスタジオの森亮輔さんと佐藤さきこさんを迎えて、サムルノリ(韓国の伝統楽器)、扇の舞、羽根けり、板あそびなどを体験しました。

子どもキャンプ説明会(2006年6月17日,18日)

6月17日と18日に開催された子どもキャンプの説明会には、40家族(子ども47名)と10名の青年が参加しました。

青年によるキャンプの説明で、初めて参加を考えている保護者もホッとした様子でした。一方ベテラン参加者の保護者からは、楽しいエピソードが披露されました。

(この企画の参加者募集はすでに締め切っています)

大いに盛り上がったスポーツ大会(2006年6月4日)

志井小学校で開催したスポーツ大会には、幼稚園の年中組から中学生までの子供23名、大人12名が参加しました。

日時 2006年6月4日(日曜日)
場所 志井小学校体育館
時間 10時から15時

2006年4月のトピックス

「子どもと地域」を考える講座に7名参加(2006年4月29日)

子ども劇場福岡県センター主催で、開かれた「子どもと地域」を考える講座に小倉南ブロックから7名が参加しました。

講座では、神戸大学教授の広木克之さんが「手をつなぐ子育て」と題して講演を行いました。

こどもまつり、200名の参加で大成功(2006年4月23日)

心配されていた天気も次第によくなり、活動しやすい一日でした。参加者は、各グループコーナーの「西遊記クイズ」「きんと雲飛ばし」で様々な妖怪と戦い、天竺への切符を手に入れました。

子どもバザーでは、手作りお菓子を売ったり、買ったり、ゲームをしたりと大いに楽しみました。

こどもまつり特設ページを開設しています。

日時 2006年4月23日(日曜日)
場所 神理幼稚園どんぐり広場
モノレール徳力嵐山口駅下車徒歩5分
時間 10時から15時
参加費 4歳以上200円(保険料込)
4歳未満は無料、保険加入希望者は50円

しだれ桜のお寺DE落語 第二弾(2006年4月12日)

昨年大好評でだった「しだれ桜のお寺DE落語」の第二弾を行いました。

日時 2006年4月12日(水曜)19時から
場所 護念寺
参加費 2000円(ほうじ茶と桜餅つき)

「西遊記」大人向け交流会(2006年4月11日)

5月の低学年例会「西遊記」で孫悟空を演じる劇団「むすび座」のもりひさのぶさんを迎えて大人向けの交流会を開催しました。

きんと雲をつくりました
2006年5月低学年例会「西遊記」事前企画(2006年4月7日ほか)

5月の西遊記公演の事前企画としてきんと雲を作って遊びました。

2006年3月のトピックス

新成人を祝う会(2006年3月19日)

今年も新成人を祝う会を開きました。今年の新成人は2名です。

中学生や高校生、青年達が実行委員となって、二人の大人への門出を祝いました。当日は素晴らしいパーティー料理やいろいろと趣向を凝らした出し物で賑わいました。

二人のこれからの人生が豊かなものになるよう願っています。

日時 2006年3月19日(日曜)19時から21時
場所 徳力団地集会所
参加費 300円(小学3年生以上)
必要な物 料理1品、はし、皿、コップ、新成人へのプレゼント(1世帯2品)

2006年2月のトピックス

嘉穂劇場で「お芝居 春若丸」を見よう
子ども劇場40周年行事
(2006年2月18日)

子ども劇場は発足40周年を迎えます。記念行事として嘉穂劇場で「春若丸」公演が行われました。

詳細は子ども劇場福岡県センターのサイトをご覧ください。

抹茶&ぜんざいdeおしゃべり会(2006年2月9日)

赤ちゃんを連れて・・・子どもが幼稚園に行っている間に・・・もう子どもは大きいけど・・・いろんな人とお茶しながらおしゃべりをしましょう。今回はお抹茶とぜんざいで。

ということでしたが、結局大人だけの優雅なぜんざい会となりました。

日時 2006年2月9日(日曜)10時30分から12時30分
場所 小倉南ブロック事務所

2006年1月のトピックス

こんにゃく座の役者さんと一緒にあそぼう(2005年1月28日)
2006年2月低学年例会「あおくんときいろちゃん」事前企画(2006年1月28日)

こんにゃく座の役者さんと一緒に体を動かしたり、音あそびなどをしました。

日時 2006年1月28日(土曜)10時30分から12時30分
場所 小倉南コミュニティー(志徳幼稚園)

子ども集会開催(2006年1月22日)

「今年子ども劇場で何がしたいか」を考える子ども集会を開催しました。

日時 2006年1月22日(日曜)10時から13時30分
場所 徳力団地集会所

ワークショップ「能楽入門」
2006年2月高学年例会「THE 能」事前企画(2006年1月13日)

広博社の方を講師にお招きし、能の歩き方、鼓などを体験しました。

日時 2006年1月13日(金曜)19時から21時
場所 大手町練習場(ムーブ内)

2005年12月のトピックス

前期全体サークル代表者会議開催(2005年12月12日)

小倉南ブロック前期サークル代表者会議を開催しました。25人が参加し、「子ども劇場の中で楽しかったこと」をテーマに意見を交換し交流を深めることができました。
>>詳細を読む

日時 2005年12月12日(月曜)10時から13時
場所 徳力団地集会所

琵琶・尺八・語りのコラボレーション
―平家、乱世の波に翻弄された人たち―
プリティウーマンおおぶたくらぶ第4弾
(2005年12月10日)

プリティウーマンおおぶたくらぶの第4弾は無事終了しました。日本の伝統芸能の良さを再確認することができたステージでした。第5弾は、2006年春の柳亭えんじ第2弾です。ご期待ください。

日時 2005年12月10日(土曜)19時から21時
場所 龍泉寺(小倉南区守恒)

2005年11月のトピックス

任務完了!
−まちを遊ぶ〜忍者修行〜無事終了−
(2005年11月23日)

若き忍者よ、みたび集え!

いよいよ君たちの忍者修行と時がきた。君たちの知力・体力・心力のすべてを動かして、思いっきり遊ぼう!

冒険は君の心の中にある、いざ!「まち」に集まれ!
>>詳細を読む

連絡不足についてのおわび

私どもの連絡の不十分さから、忍者修行当日、保護者の皆さんを寒い中長時間お待たせしてしまいました。申し訳ありませんでした。

今後は、連絡の内容、体制を見直し、再発防止に努めてまいります。

Challeng-ed(チャレンジ・ド)
−演出家 印南貞人さんをお迎えして
(2005年11月12日)

Challeng-ed(チャレンジ・ド)これは過去形ではなく受身形です。障害を持つ人をあらわす新しい言葉で、正式にはThe Challengedといいます。

「自分の使命や課題に挑戦するチャンスを与えられた者」として、ハンディキャップや困難を跳ね返し、あらゆる可能性を求めて成長してほしいという願いのこもった言葉です。

Challeng-ed(チャレンジ・ド)の演出家、印南貞人氏の語る作品への思いをお話しいただきました。
>>詳細を読む

2005年10月のトピックス

前進座の役者さんと一緒にあそぼう(2005年10月23日ほか)
2005年11月低学年例会「オバケちゃん」事前企画

劇団前進座の横澤寛美さんと水上琴野さんと一緒に、体をたっぷりつかって遊びました。
>>詳細を読む

2005年9月のトピックス

第3年度新体制きまる(2005年9月15日)
(小倉南ブロック全体サークル代表者会議)

9月15日、徳力団地集会所で小倉南ブロック全体サークル代表者会議を開催しました。この会議では第2年度のまとめと第3年度の活動および人事について討論を行いました。
>>詳細を読む

「さんしょう太夫」事前交流会(2005年9月9日,10日)
(2005年10月高学年例会「さんしょう太夫」事前企画)

東京ミュージカルアンサンブルの木俣貞雄さんを迎えて、芸術文化に触れることの大切さをお話しいただきました。

日時 2005年9月9日、10日
場所 ウエル戸畑
参加費 1000円(1ドリンク付き)

2005年8月のトピックス

まずはキャンプは楽しいです−子どもキャンプ無事終了(2005年8月11日から13日)

8月11日から13日に子どもキャンプを行いました。この会には48人が参加しました。実行委員長のコメントを紹介します。

実行委員長より

普段あれだけ自然に囲まれている場所に行く機会がないので、一年に一度行き、いつもと違う空気を味わいほっとするのはすごいいいことだなーと実感します。

料理大会ではいろんな珍料理(笑)が出てきて作っている光景を見ているだけでも楽しかったです。

今回は実行委員長という形で参加させてもらいましたが、本当にきつくて大変でした。でも、すごい良い経験になりました。

今年のキャンプで今後のいろいろな課題が出てきました。良かった点は来年も受け継ぎ、悪かった点は改善し、もっと良いキャンプになればなーって思ってます。

最後にキャンプに参加したすべての方々お疲れ様でした!
来年もキャンプをするという方向で話しているので、ぜひ来てください!
またキャンプ以外のイベントもあるので、そちらもぜひ来てくださいね!

人形を作ってあそぼ!ワークショップ(2005年8月3日,4日,5日)
(2005年9月低学年例会「おれはママじゃない!」事前企画)

人形劇団プークの俳優さんに“ひよこ”人形の作り方と遊び方を教えてもらいました。作った人形は例会会場入口に展示しました。

日時 場所
8月3日(水曜)14:00〜16:00 志井市民センター
8月4日(木曜)14:00〜16:00 文化記念公園管理棟
8月5日(金曜)10:00〜12:00 徳力団地集会所

参加費、必要なものなどは下記の通りです。

参加費 ひとり900円(材料費含む)
キャンセル時の返金はできません
必要なもの はさみ
申し込み期限 7月30日(土曜)まで
おことわり 未就学児の参加には保護者の付き添いが必要です。
この場合、参加費は必要ありません。

2005年7月のトピックス

子どもキャンプ続報−参加者による「遊びの会」(2005年7月16日)

7月16日、子どもキャンプ参加者で遊びの会を開催しました。この会には小学生23人、中学生11人が参加しました。

実行委員長より

第1回の班会が無事に終わりました。

毎年恒例の「へぼぬけ」をし、なかよくなったところで班ごとに分かれ、自己紹介やメニュー決め等をしました。決めごとがすべて終わった班もあり、今後の班会をどうするのか気になります。

7月16日には「遊びの会」をやりました。自由参加なのでどのくらいきてくれるのか心配でしたが、ほとんどのキャンプ参加者が来てくれ、うれしかったです。

「何でもバスケット」「震源地を探せ」「だるまさんがころんだ」「山田ゲーム(山田君が紹介したので山田ゲームと命名)」の4つをしました。どれも盛り上がり、みんな楽しそうでした。最後の最後に罰ゲームが多かった某高校生Aのギャグで締めくくりました。

「アフタフ・バーバン」が今年もやってきます
幼児のためのげんきあそびごっこ「ニコニコ山はたいへんだ!」開催(2005年7月2日、3日)

闇忍者が好評だった「アフタフ・バーバン」が今度は幼児(未就学児)対象作品をもってやってきます。

ニコニコ山の住人「なかよし3人組」が繰り広げるお話はどうなるのでしょう。
>>続きを読む

2005年6月のトピックス

リコーダー教室(2005年6月11日、12日)
(2005年7月小学生以上例会「マジカルリコーダー」事前企画)

みなさんは音楽の時間にリコーダーを習って、むずかしいな、つまらないなと思ったことはありませんか?
今回は、リコーダー奏者の柳沢里美さんと久美さんが優しく、楽しくリコーダーを教えてくれます。
>>続きを読む

2005年5月のトピックス

ホレ北、ヤレ北、北さんがキタ
−北島尚志さん講演会「遊び心が世界をかえる」(2005年5月26日)

2004年、2005年と2年連続で開催した「忍者修行」を企画した「キタさん」こと、北島尚志さん(劇団「アフタフ・バーバン」代表)の講演会は、101名の参加でした。多数のご来場ありがとうございました。
>>続きを読む

2005年4月のトピックス

わくわく探検隊−子どもまつり(2005年4月24日)

子どもまつりは約200人が参加し盛況のうちに無事終了することができました。ご協力ありがとうございました。

人形づくりワークショップ「なにができる!?レジ袋人形」
(2005年5月幼児例会事前企画)

"劇団ののはな"の納富さんを講師に行った人形づくりワークショップ「なにができる!?レジ袋人形」は約60人の親子が参加し、指人形や紙袋人形を作りました。どの人形も個性ある独創的な作品でした。
>>続きを読む

しだれ桜のお寺DE落語
(プリティウーマンおおぶたくらぶ第3弾)

ライトアップされたしだれ桜が見事な護念寺で開催された「しだれ桜のお寺DE落語」は120人の参加でした。次回公演もご期待下さい。

2005年3月のトピックス

子どものための地域舞台公演(通称「子ぶた」)
ご来場ありがとうございました

湯川グループと守恒グループが地域の子どもたちのためにお届けした両公演への多数のご来場ありがとうございました。
とくに3月20日の公演は福岡県西方沖地震直後にもかかわらず230名もの方が来られ、大盛況でした。

抹茶DEおしゃべり会(2005年3月10日)

赤ちゃんを連れて・・・子どもが幼稚園に行っている間に・・・もう子どもは大きいけど・・・いろんな人とお茶しながらおしゃべりをしました。
>>続きを読む

モモとエンデの贈り物(3月5日)
5月小学生以上例会「モモと時間どろぼう」事前講演会

ドイツ語講師でありエンデ研究家でもある堀内美江さんを迎えて、「モモ」に込められたメッセージと作品の魅力についてお話しいただきました。
>>続きを読む

2005年2月のトピックス

子どもバザー実行委員会(2月26日)

子どもまつり(4月23日)での子どもバザーにむけて実行委員会を子ども11人の参加で開催しました。自己紹介の後、グループ毎の話し合いの様子などを報告しました。
>>続きを読む

中期全体サークル代表者会議(2月25日)

徳力団地集会所で21名の参加で開催しました。活動報告、質疑討議の後、ブロック会議メンバーによる小劇(笑劇?)「どうして仲間づくりをするのかな」とそれをうけてのグループ討議をしました。
>>続きを読む

2005年1月のトピックス

こども集会(1月10日)

今年、子ども劇場でどんなことがしたいかというテーマで、小学3年生以上の子ども達が、思い思いに発言し、にぎやかな雰囲気の中、5つのやりたいことが決まりました。
>>続きを読む

2004年12月のトピックス

おしゃべりDEクリスマス会(12月16日)

「小学生以上の活動はあるけど乳幼児の親子の活動が少ないよね、サークル会も開けていないというサークルとかもおおいし・・・」という声が昨年からあがり、今年から少しづつ、乳幼児親子の集まりをやってみようということで、開催しました。
>>続きを読む

小倉南ブロック全体サークル代表者会(12月10日)

全体サークル代表者会がありました。小倉南ブロックの今年度の目標や、グループの目標および各クラブの紹介があり、四半期の見通しも出されました。これからも仲間づくりに力を入れながら各目標に向かっていきましょう。
>>続きを読む

北九州子ども劇場NPO法人認証記念パーティー(12月4日)

当日は「ウメコがふたり」の事前講習会の後、各ブロックの仲間たちが大勢でパーティーのための会場設営を短時間の内に終えました。

行政関係者、地域の支援者、劇団の方々も多数おみえになり、オープニングは理事さんたちのコーラス「Tomorrow」ではじまりました。市の柏木財政局長から温かいメッセージをいただき、石田戸畑区長の乾杯の音頭から各々のテーブルで、なごやかな楽しい交流がありました。

参加された方々の一言メッセージがどれも温かく、劇場の今後の活動を支援し、期待されるものでした。エンディングは副理事長親子のリコーダー演奏で終わりましたが、終始なごやかな雰囲気のパーティーでした。

ごあんない

おたから通信オンラインは北九州子ども劇場小倉南ブロックの活動をみなさんにお知らせするサイトです。
子ども劇場について

このページの内容

トップページです。最新の話題をお届けします。

連絡先

電話 093-961-9176