トップページ > バーティカル・スリットハウス(沖縄県読谷村 / 新築住宅 / 設計監理)

 

バーティカル
スリットハウス

(読谷村)

 

 

●建築・構造・設備設計監理
 エス・エヌ・ジー デザイン

●照明計画
 LIGHT・PLAN  山本博之

●施工:明城建設

●床面積:95m2(28.7坪)

●階数:2階建て

●構造:鉄筋コンクリート造

 
メール

イメージ

 

バーティカル・スリットハウス
〜計画概要〜

古い住宅密集地の小さなスペースに建つ住宅。

生まれ育った実家敷地の一部を利用した新築住宅となります。

また、お菓子作りが趣味の奥様のアトリエも設置。

平屋の実家と2階建て新築住宅との暮らし方の関係をも計画。

敷地スペースが限らているがゆえに、道路との距離感もかなり近い。

更に駐車スペースを考慮すると境界壁を建てることが難しい敷地スペース。

必然的に道路に対して剥き出しの建物。

どのように安全を確保しながら、安心して暮らせるのかを模索。

それらを総合的に計画した結果、辿り着いたのが、縦型の細い窓(スリット窓)。

自然光を取り入れ、風の通り道を確保し、道路からの視線やセキュリティを確保することが可能となりました。

夜は、この縦スリットの窓からこぼれ出る照明の灯りが、道路面の防犯対策にもなることを期待する計画。

さりげなく、地域の防犯にも貢献出来ることも大切だと考えます。

今回は、縦ラインのスリットで、住宅密集地での暮らしの中で安心や衛生面での向上を計った住宅計画となりました。

今から完成が楽しみです。

 

 


沖縄県建築設計事務所 エスエヌジー デザイン

メール問い合わせ:info@su-ma-i.com