端午の節句

初節句とは? 男の赤ちゃんが生まれて、初めて迎えるお節句(5月5日)を初節句としてお祝いします。
正式には「端午の節句」といいます。
鎧・兜が身を守る? 大昔からの長い武家政治の中で、鎧や兜は男子にとって非常に大切なものでした。
それが今日では、その「精神」を大事にするためと、戦いの身体防護として、
鎧、兜は「身を守る」という大切な役目をもっているため、五月人形として鎧や兜を飾る事が、
男の子の誕生を祝い、無事に成長して、強く、立派な男となるようにとの家族の願いを意味します。
つまり、鎧、兜が身を防いでくれて、その子に交通事故や大きな病気がありませんように、
受験、就職、結婚など、「人生の幸福にめぐまれますように」という想いが
鎧、兜にはこめられているのです。
五月人形は誰が買うのか? 一般的には、お嫁さんの実家から贈るとされていますが、
今日では、可愛いいお孫さんのためにという意味で両家折半にするとか、
「跡取り」という意味から、主人の実家からとか、鯉のぼりはお嫁さん側で、
五月人形はお婿さん側に分けるとかなどではっきりとした基準はなくなりました。
しかし、地方によってはその地方のしきたりがはっきり残っている場合もあるようです。
又、仲人、親戚、友人は、「脇飾り」となる人形(金太郎、馬飾り、神武天皇や鍾馗(しょうき))などを贈ります。
地方によっては当家より小型の鯉のぼりを贈るところもあります。
贈られた方は、そのいただいた鯉のぼりを全部泳がすので、
何十匹もの鯉のぼりが空にたなびくさまはまさに「壮観」の一語です。
五月人形や鯉のぼりは
いつ頃飾るのか?
4月中旬頃までには飾りたいものです。
又、五月人形や鯉のぼりは飾る日が重要なので、人形を買ったり、
配達してもらうのは大安などにこだわる必要はありません。
むしろ混雑する日曜日や大安の日をさけた方が、ご自分の予定に合わせる事ができ賢明です。
但し、買ったお店で飾りつけて頂く場合やご自分で飾られる日は大安・友引などに行ってください。
そして、一番重要なのは毎年人形を飾ることです。
年一回のお祭りです。
面倒くさがらずに、毎年飾りつける事によって、節句の情緒を感じ、家族の願いもきっとかなえられるでしょう。
誰が飾るの? 男の節句という事で、おじいちゃんやお父さんなど男性が飾るのが良いとされていますが、
こだわる必要はありません。
しかし、「大鎧」などは、重量があるので男性でなければ難しい作業です。
又、良心的な専門店では、「大鎧は飾りつけて納品」している店舗もあります。
お求めの際に確認するのも良いでしょう。
五月人形はいつしまうのか? 季節の節目という節句の由来を考えると5月5日の節句を過ぎると飾っておく意義も薄れてしまいます。
遅くとも5月中頃までの天気の良い日にはしまいたいものです。
鯉のぼりも同様です。
鯉のぼりの汚れは軽く洗い流すか、よくふき取って、乾いた状態でたたんで保管してください。
お返しはどうしたらいいか? お返しは「お子様の名前」で内祝として出します。
古くから、ちまき又は柏餅が多く使われます。
お礼の手紙に赤ちゃんのスナップ写真をつけるとなお喜ばれるでしょう。
但し、お祝いをいただいた方をお祝いの席に招待すればお返しの必要はありません。
端午の節句のお祝いは? 本来は、5月5日の当日又は5月4日の晩(宵節句といいます)にお招きします。
なるべく5月5日過ぎは避けましょう。
両家の両親やお祝いを下さった方や友人を招きます。
菖蒲とは? 菖蒲は、男の子にふさわしい「勝負」や「尚武」に通じている事と、
又このシーズンに咲く事から「端午の節句」には欠かせないものとなっています。
「勝負に勝つというよりも世の中に出て、勝負できるような男になれ」という想いがこめられています。
又、葉菖蒲の葉や根を刻んで布袋にいれて煮出し、湯舟に入れて入浴すると、
神経の緊張をほぐし、血行を助けます。これが「菖蒲湯」です。
次男、三男が生まれた場合の
お祝いは?
その子が無事に、立派に成長するようにとのお祝いであり、
五月人形は赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けている事から、
基本的には、その五月人形は一人一人のお守りなのです。
神社のお守りを割って二人で分ける事はしないのと同様に、父親の五月人形を譲り受けたり、
兄弟兼用にするのは避けたいものです。
本当は兄弟平等の五月人形が望ましいのですが...次男、三男の場合には、小ぶりの兜飾りなどを、
その子の無事の成長を祈る意味で準備されたらいかがでしょう。
五月人形や鯉のぼり等、いただいたものはその子が大人になった時(昔なら元服、今なら成人式)で、
その役目は一応終わったと考えられます。
全国各地で人形供養が行われていますので、できれば、供養を受けてからおさめてもらいます。
人形供養ができなければ、何らかの方法でご自宅の庭の土にかえしてあげて下さい。
鯉のぼりか、鎧、兜飾りか? 五月人形の飾りには大きく分けて、外飾り(鯉のぼりや武者幟)と内飾り(鎧、兜飾りや子供大将飾り)に分かれます。
本質的には、立身出世を願う鯉のぼりと、その子の無事の成長を願う内飾りは意味が違うので両方飾るのが望ましいのですが、
地方によっては(場所の関係もあるのでしょう)鯉のぼりをメインに、内飾りは形だけというところもありますし、
都心部では、内飾りをメインに鯉のぼりは小さなものにするというところもあります。
今日では鎧、兜など内飾りをメインに考える方が増えています。
以上のしきたりは、もちろん標準的なものです。
全国各地には様々な風習、しきたりがありますので、
当然主人側の実家とお嫁さん側の実家とで違う場合も考えられます。
(旧暦や月遅れでお祝いをしている地域は現在でもかなりあります。)
要はお互いの理解と気持ちの問題です。
電話や手紙などで良く話し合ってその違いを深く理解した上で、
楽しい「端午の節句」をお祝いください。