十三参り
大人への変換期に、体力と知力を授けていただくお参りです。
十三参りの由来

生まれた年の干支が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳)に行われるのが十三参りです。

現在はあまり盛んに行われていませんが、いまから百年ほど前から始まった行事で、数え年十三歳の男女が、
福徳と知恵と健康を授けていただくために、親子ともども虚空蔵菩薩にお参りする習わしでした。

十三歳という年齢は、男女ともに、肉体的にも生理的にも子供から大人へ変化していく時期です。
特に精神的に不安定な頃なので、親子でお参りし、心のけじめをつけようというのがこの行事の始まりなのでしょう。
特に女の子にとっては、初潮を迎える年齢で、心の変化も大きいときです。
大人になったことを祝って、きちんと子供に自覚させ、これからの無事を祈ろうという意味合いが強まって、
だんだんと女の子中心のお祝いになっていったようです。

現在では初潮年齢も早まり、十三歳で祝うという意義が曖昧になってきているようですが、
現代社会の中で、たいへん不安定な精神状態におかれている少年少女の状況を見るにつけ、
この年齢でお参りすることの大切さを感じます。
また、現代では、十三歳といえば受験準備のまっただ中でもあります。
知恵を授かるためのお参りとしても最近では盛んになってきています。

お祝いのしかた

お参りする日は、陰暦の三月十三日、現在の四月十三日にあたります。

当日女の子は、本裁ちの晴れ着に踊り帯やかかえ帯を結び、一人前の娘としての装いにします。
ただ、現在は、男女の別なく参拝される方も増えてきていますので、大人としての自覚を込めた服装であれば、
特にこだわる必要もないと思います。大切なのはお参りし、祈るこころです。

現在はお参りする先も虚空蔵菩薩とは限らず、日頃からお世話になっている神社仏閣へ足を運ぶ方が多いようです。

親子で参拝し、「知」「美」など、祈願する事柄を本人の自筆で一文字書いたものをお供えし、祈祷してもらいます。
一文字を祈願した絵馬などを奉納するのもよいでしょう。
参拝を終えたら、後ろを振り返ってはいけないというしきたりがあります。
振り向くと知恵を返してしまうという言い伝えからきた風習のようです。

お参りから帰宅した後は、子供の成長を見守ってくれる祖父母、親戚、知人などを招いて会食するのもいいでしょう。

十三参り」、知る人ぞ知るこのこの言葉。

旧暦の3月13日、現在の4月13日に数えで13歳になった男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ…智恵の仏)に
お参りして福徳(ふくとく…幸福と財産)、知恵を授かる行事。

数えの13歳(満12歳)は、生まれた年の干支が一回りして初めて迎えた年。

身体も心も子供から大人へと変わる頃だからこそ、大人の知恵を授かるようにお参りする。

別名「知恵もらい」ともいわれている。

女の子にとっては最初の厄年。厄除けの意味も含まれている。

昔は、医学も発達していなかったから子供に対する祈りや願いが強かったのでしょうね。

でも、親が子を思う気持ちは今も同じ。

年齢の節目節目に健やかな成長を祝い感謝するそんな儀式を大事にしたいですね。

これからもずっと……。

子供が13歳になった時に参拝する『十三参り』がある。
多分、三十日秘仏の十三日に配されているからであろうという。
十三参りは京都の法輪寺が有名で、虚空蔵菩薩から知恵と厄除けを授けて頂きます。
しかし、渡月橋を渡り終えるまでは後ろを振り返ってはいけない。なぜなら、授かった知恵と厄除けが戻ってしまうからです。

京都嵐山の法輪寺はこちら

  http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/