感謝:

  まず、四川大地震の救援活動を行った際、多大なご支援をしてくださった日本政府、各団体と人民の皆様に心から厚くお礼を申上げます。又、中日両国人民の友誼が永久にと心から願っております。皆様のご健康を心から祈りしております。

 

西安咸陽国際空港での待ち時間、乗り継ぎ・乗換え時間を有効に使ってのお得な西安旅行 

お問い合わせ・見積もり:goods568@yahoo.co.jp     ホットオンライン:86-29-85657531(24時間対応、日本語可) 

 

2時間

 

1.         西安咸陽国際空港→漢陽陵博物館→西安咸陽国際空港

※      漢陽陵博物館:地上考古陳列館+中国初の地下博物館である漢陽陵帝陵外蔵坑保護展示庁

 

2.         西安咸陽国際空港→秦都咸陽市(咸陽博物館)→西安咸陽国際空港

※      咸陽市:秦の始皇帝は都をおいた所です。

※      咸陽博物館:秦・漢代の文物品が多い、特に漢代(200年前)兵馬俑は、鮮やかな色が残る特別なものです。

 

3.         西安咸陽国際空港→唐順陵→周陵→西安咸陽国際空港

※      唐順陵:女帝則天武后の生母楊氏のお墓です、陵の前に34体の石彫像が現存しています。

※      周陵:周文王のお墓です。

 

 

3時間

4.            西安咸陽国際空港→茂陵→西安咸陽国際空港

※ 茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営の期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝のお墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

 

5.            西安咸陽国際空港→乾陵→西安咸陽国際空港

※      乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、幅広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

 

6.            西安咸陽国際空港→市内(西安城壁など、西安市内の一箇所のみ)→西安咸陽国際空港

※      西安城壁:現在の西安の街を取り囲んでいる現存する中国古代城壁のなかで最も保存状態が良い城壁です(中国明代の建物です)、城壁のの上にて、西安市内の眺めがいいです。

 

7.            西安咸陽国際空港→楊貴妃墓→西安咸陽国際空港

 

4時間

8.            西安空港→市内(お時間が許す限り、西安市内の2っ箇所をお楽しみ下さい)→西安国際空港

 

9.            西安咸陽国際空港→秦兵馬俑博物館→西安咸陽国際空港

※     秦兵馬俑博物館:世界第八大奇跡、世界遺産になっています。

 

10.         西安咸陽国際空港→茂陵→楊貴妃墓→西安咸陽国際空港

※     茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝お墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

 

11.        西安咸陽国際空港→乾陵→乾陵博物館(永泰公主墓込み)→西安咸陽国際空港

※     乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

 

 

5時間

12.      西安空港→市内(お時間が許す限り、西安市内の3,4っ箇所をお楽しみ下さい)→西安空港

13.        西安咸陽国際空港→秦兵馬俑博物館→秦の始皇帝陵(車窓)→華清池→西安咸陽国際空港

※     秦兵馬俑博物館:世界第八大奇跡、世界遺産になっています。

※     秦の始皇帝陵は未だに発掘されていないので「ただの小山」、車窓見学になっています。

※     華清池(宮)は玄宗皇帝が楊貴妃との日々を送ったところです、楊貴妃など専用の浴槽が幾つ残り。

 

14.        西安咸陽国際空港→茂陵→楊貴妃墓→秦都咸陽市(咸陽博物館)→西安咸陽国際空港

※     茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝お墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

※     咸陽市は、秦の始皇帝は都をおいた所です。咸陽博物館は、秦・漢代の出土品が多くて、特に、前漢代(200年前)の兵馬俑は、鮮やかな色が残る特別なものです。

 

15.        西安空港→乾陵→乾陵博物館(永泰公主墓込み)→秦都咸陽市(咸陽博物館)→西安空港

     乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

     咸陽市は、秦の始皇帝は都をおいた所です。咸陽博物館は、秦・漢代の出土品が多くて、特に、前漢代(200年前)の兵馬俑は、鮮やかな色が残る特別なものです。

 

 

6時間

16.        西安空港→市内(お時間が許す限り、西安市内の4,5っ箇所をお楽しみ下さい)→西安空港

 

17.         西安空港→崋山→西安空港

     崋山:中国五岳の中でも、崋山は最も険しい山で、「天下第一剣山」といわれています。最高峰は約2160m、山の至る所に断崖絶壁があり、山道は険しい、多くの人は華山に登ることを探検と呼び、途中で恐れを成して引き返す者も多いところです。

 

18.        西安空港→茂陵→楊貴妃墓→乾陵→乾陵博物館(永泰公主墓込み)→西安空港

※     茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝お墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

     乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

 

19.        西安空港→乾陵→乾陵博物館(永泰公主墓込み)→法門寺→西安空港

※     乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

※   法門寺:お釈迦様の真身舎利を安置しているところで有名です。

 

20.        西安空港→茂陵→楊貴妃墓→法門寺→西安空港

※     茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝お墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

※     法門寺はお釈迦様の真身舎利を安置しているところで有名です。

 

 

7時間

21.       西安空港→市内(お時間が許す限り、西安市内の6,7っ箇所をお楽しみ下さい)→西安空港

 

22.        西安空港→兵馬俑→始皇帝陵(車窓)→華清池→西安市内(2っ箇所のみ)→西安空港

※     秦兵馬俑博物館:世界第八大奇跡、世界遺産になっています。

※     秦の始皇帝陵は未だに発掘されていないので「ただの小山」、車窓見学になっています。

※     華清池(宮)は玄宗皇帝が楊貴妃との日々を送ったところです、楊貴妃など専用の浴槽が幾つ残っています。

 

23.         西安空港→乾陵→乾陵博物館(永泰公主墓込み)→法門寺→五丈原→西安空港

※      乾陵:中国史上唯一無二の女姓皇帝−則天武后と高宗李治の夫婦合葬墓です、広い乾陵参道の両側には唐代彫刻の迫力を十分に伝える石像がずらりと並んでいます。乾陵の周りには散在している孫息子、孫娘たちのお墓の入墓も可能です。そのうちの永泰公主墓の隣に、4300点あまりの出土品が展示されている乾陵博物館があり、唐三彩の文物品が多い博物館です。

※     法門寺はお釈迦様の真身舎利を安置しているところで有名です。

※     五丈原:諸葛孔明は、命を落とした地です。三国志のファンなら是非一度はお訪れてみて下さい。

 

24.        西安空港→茂陵→楊貴妃墓→法門寺→五丈原→西安空港

※      茂陵:前漢時代の皇帝陵墓の中で最も大きくて、造営期間も長いし、副葬品も非常に豊富な漢の武帝お墓です。その周りには、霍去病墓、衛青墓、李婦人墓、霍光墓、金日磾墓、陽信公主墓、公孫弘墓、上官桀(傑)などの陪葬墓があり、特に、霍去病墓の周りにある自然石のかたちを生かした動物の石彫りは、中国のもっとも古く、もっとも完成された陵墓石刻中の珍品であるといえます。

※     法門寺はお釈迦様の真身舎利を安置しているところで有名です。

※     五丈原:諸葛孔明は、命を落とした地です。三国志のファンなら是非一度はお訪れてみて下さい