売春する貧困女子大生 

 学費のためにデリヘルで売春する二十歳の貧困現役女子大生


官能を擽るエロティシズム小説

無料官能短編小説

風俗体験記・甘い官能

おすすめアダルト動画


 ある休日の午後、私は部屋のパソコンで何気なくあるデリヘルのホームページを見ていた。このデリヘルは中国、韓国、タイなど外国人ばかりだ。その中に日本女性も何人かいる。
 以前、山手線の下町のとある駅前からこのデリヘルに電話して駅の近くのホテルに女性に来てもらった。やって来たのは20歳くらいの若い中国女性だった。ソープではない限り、普通の日本女性ばかりのデリヘル店では本番はない。だが下町にある外国人のこのデリヘル店では本番ができる。
  ネットでこのデリヘル店の本日の出勤欄を見ているとなんと日本女性で現役の二十歳の女子大生が載っている。ちょっと気になったので早速、デリヘル店のあるとある駅まで行き、この店に電話をした。
 このデリヘル店のホームページに載って女子大生のことを尋ねると、出勤して来ているので指名が出来るそうだ。ただ料金が外国人の女性より高いという。
 私は承諾してこの女子大生を指名し、指定されたあるホテルに行った。
 ホテルに入るとすぐに指名した女性がやって来た。ホームページに書いてあった通り、160センチ程でショートカットのスタイルの良い女性だった。風俗などではよく年齢などは嘘を言っていることが多いので訪ねてみるとやはり現役の女子大生でまだ19歳と言っていた。在籍している大学までは教えてくれなかったが、週に3回ほど店に出ているという。
 やはり若い女子大生は違う部屋のドアを開けて入って来た時から若い女性の体臭をムンムンさせていた。まずは一緒にシャワーを浴びた。ピチピチの女子大生の肌は水をも弾き、艶々でゴムまりのように弾力がある。海へ行って来たと言っていたが日焼けの跡がさらに若い色気を醸しだしていた。日焼けしていない身体の中心部にある葦のような黒い繁みがさらに悩ましく私を興奮させた。
 シャワーを済ましてベッドに行くとまだぎこちないが女子大生の柔らかく生温かい唇でフェラチオをしてくれた。舌先がペニスをなぞるとその快感にみるみるとペニスが大きく勃起した。私はあまりの快感に恍惚として目を閉じた。現役の女子大生に今、自分のペニスをフェラチオされていると思うとさらに興奮した。フェラチオだけでいきそうになった。



続きを読む  上に戻る


官能を擽るエロティシズム小説

無料官能短編小説

風俗体験記・甘い官能

おすすめアダルト動画

売春する貧困女子大生     学費のためにデリヘルで売春する二十歳の貧困現役女子大生