農地改革で没落した地主の小説-無償買収だった農地改革の事実

農地改革の真実を没落した地主の子供が自らの体験から描いた厚い記述の小説!
日本は敗戦後、農地改革で地主制度は解体され、国は地主から1円も支払わずに無償買収した。
教科書が教えない実際は悲惨な無償買収だった農地改革の事実の歴史を小説に描いた。

悲劇の連鎖-農地改革で没落した地主の悲惨な生涯
敗戦、 GHQの農地改革 ・時代や制度に翻弄され壮絶な男の人生

 敗戦後の日本に待っていたのはGHQマッカーサーによる農地改革であった。本書は、この改革によって多くの土地を失った地主を父に持つ息子・健一の悲劇の生涯を描いている。
 当時の国の無情な政策の農地改革で国に見捨てられ悲惨な生涯を送った地主の家族の物語である。この小説には戦争は過去のものと忘却してはならない。力強いメッセージがこめられている。

戦後の農地改革の事実、実際は無償買収 

農地改革、 農地解放 とは
農地改革(農地解放)とは敗戦後に GHQ マッカーサーによる農地の改革です。日本は敗戦により、国家が崩壊した。そして農地改革で地主制度は解体され、国は地主から1円も支払わずに無償買収した土地を小作人へと売り渡した。
 それは農地改革の成果として日本の社会と経済の全体に大きな影響を及ぼした。無償買収で国は地主に土地代を払う重荷を負わずにすんだため、日本経済は太平洋戦争の敗戦から徐々に立ち直り、経済は復興していった。地主は日本が敗戦から立ち直るための犠牲となり、悲惨な生涯を送った。国家は未だに地主に1円の補償もしていない。
 一方、農地改革でただ同然で土地を手に入れた小作人は、その後の日本経済の発展により土地が高騰して富を得た。こうして富を得たもの没落していったものと、農地改革による戦後日本経済の復興には光と影ができたことを逸話的方法で描いている。


韓国国営のKBSテレビから取材を受け、韓国のテレビで紹介されました。

『悲劇の連鎖』−農地改革で没落した地主の悲惨な生涯
発行所 日本文学館 定価 800円+税 

著者のサイン入りを販売しています。著者が直接郵送いたしますので下記からお申し込みください。
送料は無料です。

著者のサイン入り本のお申し込み

 
著者 新美憲 1950年、愛知県生まれ
放送大学 教養学部人間の探求文学卒業  
東京都世田谷区在住。
生まれた時に農地改革で代々の大地主だった家が没落 。その後、上京してタクシードライバーとして働きながら放送大学で国文学を学ぶ。
悲劇の農地改革で没落した家のことをもとにして小説『悲劇の連鎖』ー農地改革で没落した地主の悲惨な生涯ーを出版。今の豊かな日本があるのは過去の犠牲があるからということをこの小説で描いた。


他の出版物
『過去からの手紙』エッセイ集

アクセスカウンター

農地改革、GHQの農地解放で没落した地主の悲惨な生涯の小説-農地改革の事実