石狩沖   厚田沖  
釣り船 鷹丸  
                     無料カウンター
               
                 更新日 平成29年 9月 17日

予約  090−3772−3899
釣果情報  ご利用案内 乗船場所 



17日
昨日「16日」マゾイ主体のソイ類、ガヤ合して1人20-45匹でした。
10日マゾイが少し型の良いのが、ソイ類、ガヤ大小合して、1人30-50匹でした。少し沖よりで竜巻発生
。9日1週間ぶりのソイ釣りで沖の方は少しうねりが、風が付くのは昼ぐらいですが少し早上がりにして。特別大はあがらないが、ソイ類、ガヤ合して40匹超えた人もでマゾイが多かったとの事、外道でヒラメ58センチでした

9月2日
太平洋は台風の影響でかなり波高しの様子ですが日本海は影響なく穏やかのソイ釣りでした。特に大型は目立ちはしなかったが数はソイ類、ガヤ合して40越えの人も、回数的には少ない出港でしたが夏枯れの時期と言われる割には目立って少ない釣果と言うほども無くまずまずでした。これからは時化も多くなる時期ですが、まだ在庫はいそうです。
27日
昨日今日と予報悪くソイ釣り 中止しました
20日
ソイ、ガヤ合して20-40匹ですが型の良いマゾイ等含まれています



16日
昨日もまずまずの釣果で、今日の場合はどうかなとあまり期待を持たせない朝の一言でしたが、お客さんにそれは釣れない日だってあるさ、となだめられ、いざ戦場となると食い合すのも魚を上げるのも、餌ずけ、針はずしもレトロの人のわりにはリズム感抜群で昨日回った根と同じ様なコースだが潮回りだけでは無く根がかりさせないで上げる、センス、慣れかなと、ガヤのわり多い様で次マゾイと釣った人で70超えとの事。「イカのオッパイ針を改良してた客も、わんさかガヤきてました。」

15日
今日は潮の流れとささやかな風のバランス良く根の隅々を探索出来たのと慣れたお客さんの腕も良かったのか今時期としてはまずまずの昼釣りの釣果出は。マゾイの割多く、シマゾイ、ガヤ、Kゾイ、と合して20-40越えも。でした。

8月6日
昨日「5日」は風強くソイ釣りは中止しました。今日は風も弱まり穏やかとはいかないがマゾイが割多くKゾイとガヤは少な目で合して25-35匹でした。
30日
小さなガヤの群れが大きく魚探反応であるが餌が大きなため数はいまいち。ガヤの割多い人とソイの割多い人、合して1人15-30匹でした。又ヒラメの人も。

29日とろ凪の割にガヤの反応いまいち無く小さい反応はありですが、皆さんの餌が大きめで、しかし根に付いてるメタボなガヤにまだ居たマゾイ、Kシマの型の良いのが、カジカ、ヒラメ、も、釣った人でソイ類合して25匹、10匹いかない人も

24日
土曜、日曜日都合あり今日の出港でした。船の流れの目印に船長も古い乾いたイソメで25センチクラスのガヤ70匹。マゾイ、シマゾイの型良しが10匹。これは置き竿の船長の釣果。餌も大きめなお客さんはガヤも大型でソイ類合して重たそうなくーらーでした。写真は1時間半の釣果

16日途中雨、雷が、少しばかり早上がりでも釣った人で50匹との事、ガヤと、ソイ類で半々ですがまだ型の良いのが上がってました
15日
うねりが厚田沖まで入ってが次第に穏やかに、産卵の後の荒食いなのかマゾイ、Kソイの型良しが時にダブル、トリプル、そして根がかりも。波が落ち着いてからタイラバの人も結構上がってました。釣った人は50匹近くとの事。ガヤ全体で3割、ヒラメ1枚。

8日うねりが少しあり、最初から酔いの人も居る中暑さにも負けず頑張ったタイラバ組のねーちゃんが、バリバリ釣れる中1番大きいのが「58センチ」。タイラバ組でヒラメも。餌釣りの方が数では釣ったひとで45-50匹では、ガヤソイ類あわしてですがどちらも型良し。底の方では型の良いガヤですが、上の方の大きな群れの魚探反応に船長ためしに乾燥したイソメを居れてみたら20センチクラスの小さいガヤが2引き3匹と釣れてました。餌針を小さくすればですが、底で大物狙いで誰もちびガヤは構ってなかったです。


5日
穏やかで波風無く潮も無く船中ガラ空きで船長も置き竿にして船の流れ、位置確認の為とお客様より理解を頂いて。最初からKですが船長にばかり見学に来る人も、こりゃ客に悪いと思いながらも敗けじと釣る
良くない船長だが終わってみれば客もしっかりクーラーもの。常連さん珍しいもの初めて見た、ほやなら分かるけどシル貝それも1部落そのまましゃくり上げてました。日頃のセンスがと思ってたけど10個のうち5個くれたからいいお客です。
25-30匹ですが今時期での昼ではまずまずかと。


7月1日
カレイはもう何処かに行ってしまったと前置きしながらも今日を楽しみにと言うチーム。しかしもしや何処かにと淡い期待も。沖に出たり、浅瀬に来たり、また、より沖にと例年より早くいなくなったわと、来年もしチャレンジするなら早めがいいよと言いながら終わってみれば1人5-10匹。仲の良い親子3代できた元気な子が型のいいのが。ほとんど記念写真。ご苦労様でした。遅ればしながら今シーズンのカレイ釣り終了
します。


25日沖は小雨が時々、今日は慣れ、不慣れの差が出て不慣れさんは根がかり多く釣果淋しく慣れさんは大型のくろ、マゾイが釣った人で24匹でした。

24日
沖の方は濁りも無く潮と南寄りの風がアンバランス。餌釣りの竿ラインを目印の操船でタイラバはやはり、かなり斜めに流されてましたが上手いタイミングでタイラバさんの方が船中では数上げてました。1人10-20匹ですが型が良く当別カジカ、ブリ「2ほん」も上がり結構クーラーはボリュウム物です


18日
カレイの方はこっちだあっちだと移動し良好なポイントを探し、僚船の便りも貰いながらですが大分釣果は淋しくなってました。例年の今ころならまだピークですが、日が変わればまたかもしれないが。そんな本日、天気もよいせいか可愛いお子さん達が、また超美人の親子が初めての船釣とか釣り上げるつどの歓声が何よりでした。1り15-20匹Kガシラ、川がレイ、イシモチ、マガレイの良型交じり。

17日
久振りのソイ釣り小人数と言う訳と船の流れの目印に船長も置き竿をとお客様から許可を得ての開始。潮、風が無く比較的楽な操船でした。マゾイ、シマゾイ、クロとガヤは少なめで1人20-30匹。置き竿の船長にも型の良いのが、口の悪い客は場所が良いとか何か技欠けてるとか聞こえる様にブーイングが、外道でヒラメ。

6月7日
銭函沖のカレイも少なくなり大分北方面にカレイも移動した摸様です。今日は港沖で1人40-70匹型の良いマガレイ交じってます

。28日
マガレイ主体で例年より全体に型は良くなり40センチ以上のも結構上がってました。1人80-120匹

27日久振りのソイ、沖の海は船は見当たらず、貸す切り状態。しかし夜と違って甘いものではありません。潮は川のように早く、根がかりはバンバン。型の良いまぞいがめだちました。10-20匹.外道でヒラメ、とんでつかじか、ホッケ。

21日
昨日より更に釣り日和。なぜか型も良く数も釣れてます。皆さん100匹前後でした

20日
例年より型の良いマガレイが上がってました。マガレイが主体で皆さん100匹前後でした。

19日
手のひらサイズのカレイ「マガレイ」ですが型の良いマガレイ。宗八が交じり1人100匹。超えた人も
14日週末になると風が強く先週も又昨日今日とカレイ釣り残念ながら中止しました。カレイ良型も交じりながらつれてる様です
5日
子供の日にはやっぱり子供に型の良いマガレイが、最大で42センチも。から揚げサイズも入れて80匹の人も、暖かくなるにつれ良くなった様です

4日沖の方の予報は良く無い様でしたが、ソイ場は穏やかで昨日よりは暖かい日でした。数では少し寂しい気ですが、型の良いのが1人4-5本ガヤ等合して1人10-16匹でした。