youtubeへ


HADRON XXは、
経験豊富なパイロットのためのリフレックススポーツ/クロスカントリーパラグライダーです。

HADRON XXは、高速飛行とクイックコントロールで快適な翼として生まれました。
クラシックタイプの競技会と長距離飛行とスラローム競技会とサーマルソアリングが目的です。
HADRON XXは最新技術による翼の設計により。特にクロスカントリーに効果を発揮します。


我々は初めて空力フラップシステムを実用化いたしました、
高地での離着陸のための革新的なアイデアだけでなく、
サーマルリフトをより有効に活用できるようになりました。

ハドロンとは、自然の巨大な量のエネルギーを運ぶことができる
高速化された小さな素粒子のことです。
この場合にはパラグライダーの名前が正確にその「個性」を反映していることを保証します。



長い研究開発期間の後に、最初のプロトタイプはグレゴスキー氏によって
2014年の初めに、既にテストされていました。
最終的に、我々はHADRON XXが最大限に完成されていることを確信しています。


HADRON XXは革新的な可変角翼型で高性能パラモーターウイングを
リフレッシュしようとしています。
このような翼を探している多くのパイロットに迎えられることになるでしょう。


HADRON XXは
高度な飛行経験を少なくとも100時間以上必要なパラモーター用グライダーです。
競技会用として設計されています。


(高地での離着陸を含む)クロスカントリーフライト、
ユニバーサルなパイロットとしての技量(ナビゲーション、燃費、正確性)を検証する
クラシックなパラモーター競技会に参加し、パラモーターとしての飛行と、
クラシックなPGのサーマルソアリングを行うことでしょう。
これがHADRON XXの基本的な特徴です。


アスペクト比6.15 フラット、4.5 投影 62セル
ライン構成によって23%の有害抵抗を減少しました。

シャークノーズの採用
トレーリングエッジのミニリブ、補強材の三つの部分(前縁に2つ、背面に1つ)、
3Dバルーニング。


AFS(空力フラップシステム) - 追加の小さなトリマーにより、あなたは、
部分的に(航空機内フラップのような)翼形を変更することができます。

風の弱い時の離着陸やサーマルソアリングなどで、
小さいトリマーを引いてアクティブにすることができます。
他のすべてのフライトの部分ではほとんどAFSトリマーは(非アクティブ)に
開放する必要があります。


小さいトリマーが非アクティブであることは、
メインのトリマーとアクセルシステムとは独立したものとなっています。
つまり通常飛行ではリトルトリマーは開放です。(オープン開)
アクセルやメインのトリマーと組み合わせてリトルトリマーを使用することは、
キャノピーの安定性と回復性能に悪影響を与えてしまいます。
フラップを使用時の失速は厳禁です、リカバリーできない可能性があります。


Bライザーの追加されたプーリーは、
トリマーやアクセルシステムで高速飛行をする時の抵抗を減らしています。


テストパイロットが賞賛する滑らかな2Dステアリング
クイックな加速がワンターンだけで有られるので、操作性に慣れるまではウイングオーバーに
注意が必要です。
思っているよりも強力な加速でバレルロールになってしまう。
必要以上のGに注意が必要です。





HADRON XXは、すべての我々のグライダーとともに、
正確なレーザーカッターの機能を利用して、
最新の技術で製造されています。
最高のヨーロッパの品質を保証する、設計者の厳格な監督の下で、ポーランドで行われます。



18
20
22
24
Approval
DGAC 
DGAC
DGAC
DGAC
Number of cells
62
Wing area flat [m2]
18.00 
20.00 
22.00
28.00
Wing area projected [m2]
15.14 
16.82 
18.50 
20.19 
Wingspan flat [m] 
10.52 
11.09 
11.63 
12.14 
Wingspan projected [m]
8.26 
8.71  
9.13 
9.54
Aspect ratio flat  
6.15
Aspect ratio projected
4.51
Sink rate [m/s] 
min = 1.3 +/- 0.2 
Speed [km/h]  
min = 29 ; trim = 43/49/63 ; max = 75 +/- 5 
Lines + risers length [m]] 
6.20
 6.54 
6.86 
7.17 
Total lines length [m] 
239.81 
253.36 
266.23 
278.53
Take-off weight [kg]  
90-135 
100-150 
110-160 
120-170
Canopy weight [kg]
5.0  
5.3 
5.8 
6.2







HADRON XX フライトレポート

2015.12.3 by Ryoya I.








HADRON XX取り扱い説明書のページへ移動

トップへ
戻る