戻る
Miniplane PER IL VOLO  




Miniplane に新しいフレームがスタート
大型4分割プロペラガードで1400mmプロペラ装備
高出力と軽量エンジンです。

現在は最大直径1500mmのプロペラガードでの発売ですが、
順次各サイズが販売されます。

また、旧バージョンのMINIPLANEにも使用可能な分割プロペラガードが
オプションとして販売予定です。
これで、長年愛用していたMINIPLANEが、またすばらしい相棒とスタートです。




世界選手権2018のエコノミーディスタンスで一位を獲得
Miniplane XL + Hadron XX 17で 2kgのガソリンで約75km飛行して、
他を圧倒しました。

一周約3kmのトライアングルコースをなるべく長距離飛行する競技です。
着陸場は3ヶ所指定されているので、それ以外の場所は場外着陸となります。
五十嵐のMINIPLANEは約75km飛行できました。
その他の選手は60km代でしたので、
やはり燃費の良いMINPLANEの独壇場でした。




PER IL VOLO社
開発から約20年以上経過して、今も圧倒的な支持を受けるTop80エンジンの開発メーカー

 
2017日本選手権優勝機 宮城県島津選手優勝
各国の大会でMINIPLANEが上位を独占しました。

PER IL VOLO社 MINIPLANEは新システムテスト中です。
インジェクションとは、コンピュータ制御で燃料を噴射するシステムで、
今の自動車やバイクはほとんどこの方式を使っています、
つまり信頼性の向上に欠かせないシステムなのです。
さらに、コンピュータ制御なので、色々な動作をさせる事ができます。
外気温度や大気密度、エンジンの温度や状況を把握して必要な燃料噴射ができます、
もちろん燃費レースには最強の見方です。
現在PER IL VOLO社ではインジェクションシステムで各種エンジンのテスト中

Miniplane GE
">g
テスト中のGEで高度テスト飛行2200mでもノーマルのままで性能を発揮
すでにモンブランでは4000mでの飛行テスト成功

TOP-80エンジンは、ついにTOPの名にふさわしい称号を獲得しました。
2001年から、世界選手権を連勝、さらに上位をほとんど独占。
この世界が認めるTOP−80を設計開発しているのがPER IL VOLO社です。
設計者のディエゴチェケット氏は2001年のFLM日本選手権にも来日して、日本の
モーターフライヤーとの交流をされましたのでお会いになった方もいらっしゃると思います。

高性能エンジンで世界の流れを変えたと言っても過言ではない
TOP−80を設計、製造するイタリア ぺルイルボロ社のパラモーターです。

現在販売モデルの中で世界一軽量で静かなエンジンです。
ハーネス込みで約18.8kg
肩吊りのカラビナ位置を広く取りツイストの危険性を防ぎ、低振動、低騒音の
ギャーリダクションとアイドリング時にプロペラが空転するクラッチ付きで、
さらに安全性と低燃費、静粛性を高めながら高出力を実現しています。

">動画 149kgでのタンデムフライト テストフライトをご覧ください。

パイロットはディエゴ社長

MINIPLANE GEによるORCA XXタンデムフライト
87kg+75kg=162kg++タンデム
" target="_blank" onclick="WMOpenWin('',640,480);return false;" onkeypress="WMOpenWin('',640,480);return false;">o


上空で再始動出来る独自のシステムなど、たくさんのアイデアが盛り込まれながら
シンプルで乗り心地を追求したユニットです。



このユニットの最大の利点は軽さです、ハーネス込みで重量約18.8kgに作られ
テイクオフの容易さに一役かっています。

このミニプレーンはハードケースに収納できるので、
海外ツアーなどでも移動に気を使う必要が無くなりました。

ユニットの軽さとTOP−80の低振動、低騒音、低燃費、高出力のマッチングが
フライヤーに新しい世界を見せてくれる事でしょう。

イタリアの革命的な開発者が作ったミニプレーンTOP−80で
新しい世界を体験してください !


軽量なので女性フライヤーにも人気です。
------------------------------------------------------------------------------
周りのプロペラガードはグラスファイバーロッドで出来ているので、
全て簡単に取り外しができてこの写真の黄色いアルミフレームのサイズになります。

燃費が良いので長距離飛行も楽々
12リットルタンク標準装備で4時間飛行可能
わずかの燃料で飛行できるので、軽量の利点がさらに効果がアップします。
軽量だけではなく、その推力はタンデムフライトもトライできるほどの推力です。
実績のTOP80は簡単なメンテナンスを行う事で長寿命を実現している
専門のメンテナンス工場がバックアップ体制を整えているので安心してお使い頂けます。
実際、生産されたほとんどのTop80エンジンは今も稼動しています。

新設計のアクセルシステム
細いグリップはライズアップ時のライザーを持ちやすくしています、また長時間飛行では手の疲
れを軽減しています。さらにオリジナルの高強度ワイヤーを使用しているので、
安全性が高い。
細部までこだわった設計思想がベストセラーTop80エンジンを支えています。


新設計のギャボックスとクーリングシステム
軽量化を目的にギャボックスは美しく仕上がっています。
反転トルクの少ないギャボックスと強制空冷方式のクーリングシステムは、
安定した推力を保証しています。



 MINIPLANE
技術資料
miniplane
 M
miniplane
 L
miniplane
 XL
エンジン
TOP-80 80cc
エンジン仕
単気筒 2サイクル
冷却方
強制空冷ファン式
エンジン性
15 h.p./9200 R.P.M.
推力 (KG.)
 47kg
52kg
55kg
始動方法 ショルダー
スターター付き
リコイル始動飛行中の再始動可能
排気マフラ
 ローノイズレベル イグゾースト
キャブレタWALBRO
インテークサイレンサー付き
フレーム構
アルミニュームフレーム
グラスロッド分割ガード 標準装備
プロペラサイズ
115cm
125cm
130cm
減速比
1/3.38
1/3.6
1/3.84
減速方
ローノイズ ギャリダクション
搭載燃
12リットル
ガソリン/オイル 混合
ハイオク無鉛ガソリン(日本ではレギュラーガソリンでOK)
CastrolTTS 50:1
飛行時
約3時間から約4時間
空気密度と翼面加重の条件による
重量 (ハーネス込み)
 約18.8Kg
 約18.9Kg
約20kg
最大パイロット体重
 80kg
110kg
120kg
ハーネ
 クイックバックル
ユニット寸(CMS.)
130 x 130 x 45
135 x 135 x 45
140 x 140 x 45
コンパクトユニット寸法(CMS.)
 90 x 45 x 40
 90 x 45 x 40
90 x 45 x 40
トランスポートトラン
50x40x100 cm   6 Kg オプション
MINIPLANE L ABMシステム
体重移動のしやすいカラビナが可動できるアクティブシステムABMタイプ
MINIPLANEのABMは推力線がカラビナの位置にセットしているので飛行姿勢が安定していま
す。急激な体重移動には適しませんが多くのフライヤーが安心して使用できるように設計され
ています。
" target="_blank" onclick="WMOpenWin('',640,480);return false;" onkeypress="WMOpenWin('',640,480);return false;">a
">m

photo by Jitta 村岡 ジッタ




2011日本選手権優勝 MINIPLANE L ABM Pilot Ryoya Igarashi


         
常に技術革新して、より良い製品開発を行っています。


MINIPLANE ABM Ryoya sp. FI
">b




MINIPLANEのネットの張り方です。参考にしてください。

プロペラガードを円形に組み立てたら、中央の図の様にDの皿ねじフックにひもを2重に引っ掛
けます。左右ともこのフックに引っ掛けます。






次に本体フレームにアルミロッド4本をねじ込みます。
そのロッドの先端をプラスチックフィッティングでグラスファイバーに接続します。
差し込む時はワンタッチで入りますが、
抜くときはアルミロッド側のロック解除部分を押しながら分離します。
内部の爪でアルミに食い込むようになっていますので、
無理に引っ張るとプラスチックが破断しますので注意してください。









最後にネットのラインの端から2個目のリングを反対側の本体フレームEのフックに引っ掛けま
す。
左右とも引っ掛けたら、端のリングを持って青いラインと反対側から来ているラインに2回まわ
してEのフックにリングを固定します。

テンションが足りなければ3回巻きます。



















戻る