ワールドキャンパス多摩(WCT)

世界の若者たちが今年もたまにやってきます!


熊本県に本部を置くNPO法人ワールドキャンパスインターナショナルが募集する10数か国からの17歳以上の若者たちが日本の各地でホームステイしながら交流・学習するプログラムです。交流・学習プログラムは各地域の人たちにより独自に企画運営されます。世界中から参加する若者は、日本人や日本文化について深く理解し、日本のサポーターになって帰国します。ワールドキャンパスによる多摩市での市民交流を今年も成功させるため、皆さんのご協力をよろしくお願いします。
























 

【 What's New 】


2017.07.13更新

世界とあくしゅTamaひろば

2017年8月8日(火)

詳細については画像をクリックして下さい

 




 2017.05.12更新
2017ホストファミリー募集 <終了>
 【申込書

2016.10.15更新
2016年WCT報告書
(p1&8)(p2&7)(p3&6)(p4&5)
 2016企画書

・・・・・・・・・

2017企画書
・企画
・スケジュール
・世界の若者と多摩市

会則 

 リンク >

World Campus International (WCI)

 NPOグロウバル言語文化研究会

 































 

ワールドキャンパス多摩(WCT)

趣意書

ワールドキャンパス多摩
代表 橋本 正晴

 ワールドキャンパス多摩実行委員会は、今年度よりワールドキャンパス多摩(WCT)と名称変更し、組織として会則もより整備いたしました。そして、これまでと変わらず、「WORLD CAMPUS International」の趣旨に賛同し、今年もここ多摩市に「海外の若者たち」を継続して受け入れ、「多摩市民に世界の風を」を合言葉に、多摩の子どもたちと市民に国際交流の機会を提供していく所存です。

WORLD CAMPUS International」では、世界各国から数十名の参加者を募り、日本ツアーを行います。多摩市を含め、日本の協賛都市を訪問します。参加する若者は、約2ヶ月の日本ツアーで、○ホームステイ(草の根レベルでの文化体験学習)、○訪問地域での社会貢献、地域活動、地域との交流、○地域学習(地元ならではの各所訪問等)を行います。

 

昨年に引き続き「市民との交流の輪」を主要テーマとしてより一層充実したものにしたいと考えています。 @小学校等訪問・交流 A市民、子どもたちとのふれ合い B市民に国際交流の機会を提供する C海外の若者たちに多摩市を知ってもらうこと Dワールドキャンパス多摩の活動のPR、支援者を増やすことを目的としています。また、多摩地域の各大学との交流も、引き続き進めていく予定です。

ワールドキャンパス多摩は、市民のひとり一人が少しずつ力を出し合い、これからの国際社会を担う子ども達や市民の皆さんに、ここ多摩に居ながらにして、世界のリーダーを夢みて学ぶ、このエネルギー溢れる若者たちと直にふれあう機会を、永く提供していく役割を担っていく所存です。

この事業は、多摩地域の市民が中心となり受け入れを行っています。運営についても、広く市民、団体からの協賛で賄われるものです。

WORLD CAMPUS in 多摩」の事業に賛同していただくとともに、是非この活動にご支援をいただければ幸甚に思います。

WCIは、日本(東京都)と米国(連邦政府)から認証を受けた特定非営利活動法人(NPO法人)であり、いかなる特定の政治・思想的団体や宗教、企業にも属さない独立のNPOです。