名古屋演劇教室 WORK SHOP 情報               → TOP  → ワークショップ情報  → 公演情報  → about us

 
 
 
 
 
 
 

2014年度 演劇ワークショップ情報


 

  

 

 

  

WS当日は、アクテノンの“参観日”です。

様々な催しが開催されます。

お誘いあわせの上、ご参加下さい。

 

 

⇒名古屋市演劇練習館アクテノン

 

【ご質問をいただきました】

『俳優を目指さない人の為の演劇WS』について 
お問合わせをいただきました。 
参加を迷っている方の参考になりそうなので、 
その答えを、補足としてここにも書きます。 

Q>ちょっと気になるのですが、

どんなことをするのですか? 

A>演劇はコミュニケーション芸術ですので、 
コミュニケーション・ゲームで遊ぶ感じです。 
ゲームをしながら声を出したり、

身体を使ったりします。 
初対面の方同士でも楽しめるゲームを

していただきたいと思っています。 

また、演劇の「仕組み」を紐解いてみたいと思います。 
皆さんが演劇について抱いているイメージを

プラットホームとして、 
演じるってどんなことなのか、

コミュニケーションってなんなのか、 
俳優はどんな作業をしているかを

身体や声を使いながら、

考え、体験してみたいと思います。 


Q>人前で何かさせられるのですか? 

A>自己紹介程度のことはありますが、 
特に個人に焦点を当て、

演じていただくということはありません。 
やはり、人前で演じることは照れ臭いモノです。 
このワークショップは、

演劇に対してそういうアプローチではなく、 
ごく自然な、リラックスした形で

演劇を知っていただきたいと思っています。 

苦手なプログラムやゲームは、 
見学していてくださっても構いません。 
どうぞ、お気軽にご参加ください。 

 

 

■名古屋演劇教室主催/秋のワークショップ

 

 

『俳優を目指さない人の為の

 

 

演劇ワークショップ』

 

 

日時:2014年11月23日(日・祝)午後1時〜5時

 

会場:名古屋市演劇練習館アクテノン

 

★当ワークショップは定員に達したため、募集を締め切りました。

以降はキャンセル待ちにて承ります。

★見学歓迎です。ご自由にご来場ください。

★当ワークショップは毎年開催しています。Twitter、Facebookでも随時情報発信中です。

★また、こちらからメールでの事業ご案内登録ができます。

 

≪俳優を目指さない人の為の演劇ワークショップ≫はその名の通り、

俳優を目指していない方々を対象とした、演劇のワークショップです。

ですから、俳優修業のようなことはやりません。

演劇のエッセンスで遊ぶ、と考えていただければ近いと思います。

 

俳優の作業とはなにか?

俳優は舞台の上でどんなことを感じ、考えているのか?

演じるってどんなことなのか?

 

そんなことを、簡単なシアター・ゲームやエチュードを

行いながら体感していただきたいと思っています。

決して難しいことはやりません。

普段の、そのままの状態で臨んでいただければ、十分に楽しんでいただけますし、

リフレッシュにも最適かと思います。

そのうえで、演劇の本質に触れて頂ければと思います。

 

このワークショップを体験していただくことにより、

演劇への興味をより深めていただき、

皆様の今後の観劇体験が、より楽しいものになれば幸いです。

 

そして、地域の演劇文化の裾野が、少しだけでも広がれば

大変うれしく思います。

 

どうぞお気軽にご参加ください。

 

 

※学校の先生やヘルパーさん始め、人と接する職業の皆さまにもお勧めです!

 

  

 

■会場:名古屋市演劇練習館アクテノン

 

■日程:2014年11月23日(日・祝)午後1時〜午後5時

 

■定員:20名程度(先着順)

 

■参加費:1,000円

 

 

●対象

1.俳優を目指していないけれど、俳優や演劇に興味のある方。

2.演劇の楽しさを体感してみたい方。

3.演劇の本質に触れてみたい方。

4.コミュニケーションの楽しさを体験してみたい方。

5.演劇を始めてみようかと考えている方。

※学校の先生やヘルパーさん始め、人と接する職業の皆さまにもお勧めです!

※年齢不問・演劇経験不問・未経験者歓迎・演劇経験のある方も歓迎!

 

◆参加お申し込み方法◆

※10月4日(土)よりお申し込み受付開始。

★定員に達したため、募集は締め切りました。(11/9)

★見学歓迎。ご自由にご来場ください。

 

●メールにて、下記項目1〜6をご記入の上、

お申し込みください。

●件名は『WS申し込み』で

お願いします。様式はありません。

●折り返し確認のご連絡を差し上げ、

お申し込みの完了となります。

●参加費は、ご来場時にご持参願います。

●ご不明点等が有りましたら、

お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ・お申し込み先/名古屋演劇教室

 ⇒E-mail:workshop360nagoya@gmail.com

 ⇒Tel/Fax:0561-54-8984

 ⇒Mobile:090-9929-8459

 

 

1.お名前(フリガナ)・性別

2.年齢・性別

3.住所・連絡先電話番号

4.メールアドレス(PC・携帯) 

5.演劇体験

6.志望動機

 

 

●当日は「アクテノン参観日」にあたります。

一般の方の見学がありますので、ご了承下さい。

●当日、記録・報告・広報用写真を撮影させて

いただきますので、ご了承下さい。

●会場に駐車場はありません。

公共交通機関などをご利用下さい。

●ご不明点などありましたら、お気軽に

名古屋演劇教室までお問い合わせください。

 

 

※ワークショップ・タイトルの

『俳優を目指さない人の為の演劇ワークショップ』は、

不等辺演劇倶楽部・林成彦氏のご好意により

使用させていただいています。

⇒不等辺さんかく劇団サイト

⇒林成彦さんのブログ

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■主なプログラム内容予定

 

【シアター・ゲーム】

簡単なゲームを行い、お互いの距離感、意思疎通、関係性などを体感して下さい。

俳優の作業とは、相手との関係をどう築いていくかです。シアター・ゲームを通じ、

初対面の方々とのコミュニケーションからスタート。不思議なほど親しくなれます。

【声の種類】

俳優にとって、声は最も重要なアイテムです。

声の種類ってどんなもの?声を使って、思いや感情をどうやって伝えるの?

日常生活にも役立つ内容です。

【演劇の特殊性】

演劇は、文学・映画・案学・アートなど、

他の芸術ジャンルと大きく違う特徴を持っています。

それが、人類最古の芸術と言われる所以であり、

決して効率的とは言えない演劇が、連綿と継承されてきた所以です。

非常に興味深い演劇の特殊性を考えてみましょう。

【イメージを共有する】

演劇における俳優は、観客の前で物語をライブで演じます。

そして観客は、作品鑑賞に来るのではなく、ドラマを体験しに劇場へ足を運びます。

演劇は、俳優と観客との共犯(イメージの共有)によって成立します。

それってどういうこと?演劇はどうして成立しているの?

楽しみながら紐解いてみましょう。

【五感をフル活動】

舞台上の俳優は、視覚や聴覚だけでなく、五感をフル活動しています。

なぜそれが必要なの?五感を使うと、舞台上でどんな効果があるの?

身体や心の感覚が、リラックスして開いていく感じを、

簡単なエチュードで体感してみてください。

【創作してみましょう】

参加者の皆さんで、オリジナル・ドラマを創作してみましょう。

でも、全然難しくありません。アイデアを出し合い、楽しみながら発表できます。

 

 

■ナビゲーター

 

★小熊ヒデジ(てんぷくプロ)

1985てんぷくプロ旗揚げに参加。以後、名古屋を拠点とし、俳優を中心とした演劇活動を行う。1998年、天野天街らとともにKUDAN Projectを始動、海外公演を開始。2008年には、地域演劇文化活性化を目的とした名古屋演劇教室を発足。現在は俳優活動以外にも、演出、プロデュース、アウトリーチ活動など、幅広い演劇活動を行う。他劇団やプロデュース公演出演・演出なども多数。2005年、名古屋市芸術奨励賞受賞。同年、松原若尾演劇賞受賞。CoRich舞台芸術祭2014俳優賞受賞。

 

★金原祐三子(avecビーズ)

avecビーズ代表。北村想主宰プロジェクト・ナビに16年間所属。解散時、これからも北村作品を続けたいと劇団avecビーズを立ち上げる。劇団MODE、てんぷくプロ、ひと組などの外部劇団のほか、2009年12月第8回AAF戯曲賞受賞作『船酔いバッハ』、2012年10月パルコ・プロデュース『ヒッキー・ソトニデテミターノ』(岩井秀人/作・演出)に出演している。表現ワークショップみんなの木の『ピアノと朗読』公演にも参加。高校演劇などの演技講師も勤める。

 

   

ワークショップ参加お申し込み先/お問い合わせ先

名古屋演劇教室

メール メール

Mobile:090-9929-8459

Tel/Fax0561-54-8984

488-0068 愛知県尾張旭市南原山町南原山59-4

 

Yahoo!ジオシティーズ