ザ・登城TOPへ

ザ・登城

関東地方

下野(栃木県)

その山容から、法螺貝城の異名を持つ皆川氏累代の山城

下野 皆川城[みながわじょう]  (山 城) 【所在地】 栃木県栃木市皆川城内町

築城時期:  寛喜年間(1229〜1232) 築城者:  皆川宗貞

みながわ じょう 余湖図の 竪堀A を上部より見下ろす

 遺 構  《 遺構/曲輪・土塁・空堀・竪堀・水堀・井戸 》
 皆川城は、山の形をそのまま利用したものでその形から「法螺貝城」とも呼ばれている。
山を何重にも取り巻く曲輪群の塊はまさに法螺貝であり、その山容をみれば一目瞭然であろう。
主な曲輪は腰曲輪であるが、意外と幅も広く居住性にも富んでいたようである。

 山そのものは比高70mほどで、さほど巨大なものではないが、現在は城址公園として整備され、遺構も全山にわたり良好に残っています。
 腰曲輪を主とする曲輪跡、横堀や竪堀、土塁などの遺構を随所に見ることができます。また現在、「皆川地区公民館」の建物は、往時の枡形に建てられたものであり、南麓一帯は居館跡となっている。

 また、城址から南西約500mのところにある金剛寺には、歴代の皆川氏一族の霊廟があります。
 さらに、皆川城東小学校の南に位置している東宮神社(春日神社)は、皆川城の守護神として祀られたものであり、ここも皆川城の一郭をなしたものであった。


 寛喜年間(1229〜1232)に長沼(小山)宗政の嫡孫・皆川宗貞が東南麓に築いたのが始まりと伝えられている。皆川氏は宗貞が皆川氏を称したのが始まりである。

 「蟠竜斎(ばんりゅうさい)」の異名を持ち、「結城家中にこの人あり」と畏怖されたバリバリの猛将・水谷正村を叔父に持つ皆川広照は、1576(天正4)年、兄の広勝の急死により、皆川氏五代の家督を継ぐ。
 広照ははじめ宇都宮氏に仕えた。処世術に優れた人物で、1581(天正9)年には織田信長に名馬を送って誼を通じた。信長の死後は羽柴秀吉や徳川家康らと通じる。1586(天正14)年、北条氏の侵攻を受けて降伏し、北条氏の家臣となる。

 1590(天正18)年、秀吉の“小田原征伐”のとき、徳川家康に投降して所領を安堵され、不便な山城の皆川城を廃して、平地に栃木城を築いて居を移した。
 1603(慶長8)年、徳川家康の6男・松平忠輝が信濃川中島18万石に封ぜられると、 皆川広照は忠輝の家老として、信濃飯山に配され、飯山藩が立藩する。

 その後、忠輝の補佐役を務めていた広照は、いくら諫言しても改められない忠輝の行状を幕府に訴えたところ、逆に家老として不適格と断罪され、1609(慶長14)年に改易されてしまった。

 しかし、広照は1623(元和9)年に赦免されて、広照の息子である皆川隆庸が常陸府中藩を継ぐ。隆庸のあとは広照の孫の成郷が継ぐが、嗣子無く死去し、1645(正保2)年に皆川氏は断絶する。なお、成郷の弟の皆川秀隆の系統が江戸時代、旗本として存続したという。


 不行跡を咎められ、除封されてしまった松平忠輝。 隆慶一郎氏の「捨て童子・松平忠輝」(新潮文庫)は、隆氏特有の伝奇的な面が強調されすぎている嫌いがあるが、松平忠輝および。その傳役・皆川広照については必読書です。

JP皆川手前のY字路を右折してから、ここを右折します
ここに矢印の付いた「皆川地区公民館」の
案内板があります

麓の居館跡に建つ立派な「皆川地区公民館」
公民館建物手前から、ほら貝の山容をした城址を見上げる 山麓南西部の居館跡に残る土塁
居館跡南側の水堀
近くの老人の話では、子供の頃ここでよく
水浴びをしたものだという
こちらは居館跡西側部分の水堀跡です
下の余湖図の「い」の部分
南麓居館跡に建つ公民館の西側の芝生広場から
山城部分を見上げる
下の余湖図の「横堀A」の部分
西郭(2郭)の一段下の腰曲輪にある井戸 西郭(2郭)への虎口部
城内で一番広い曲輪の西郭(2郭)
休憩広場となり、四阿が設けられています
東郭(本丸)に建つ城址碑
東郭(本丸)からの南西方向遠望
歴代の皆川氏一族の霊廟がある「金剛寺」も見えます
東郭(本丸)からの北方向遠望
下に見えるのは、皆川城CCのコースです

金剛寺境内の歴代皆川氏一族の霊廟
第五代皆川広照の墓石
嘉永4年12月22日、80歳にて没
戒名は「三清院殿善翁慶勝大居士」

余湖図セレクション 皆川城 出典元
余湖図コレクション
余湖くんのお城のページ」−「皆川城」のページに
掲載されているものを借用させていただきました

参考サイト 余湖くんのお城のページ 余湖 殿 独特のタッチで描かれた3,000城以上掲載の
「余湖図コレクション」は圧巻です

登城アクセス
 車  : 東北自動車道栃木IC〜右折/栃木IC出口〜県道32号線〜右折/箱森
  町〜右折/とりせん角〜右折/皆川郵便局手前Y字路〜市道〜右折〜皆川地
  区公民館〜

駐車場 : 皆川地区公民館の駐車場を利用


「栃木市」公式 HPへ

ザ・登城TOPへ 関東地方の城郭へ
ザ・登城TOPに戻る  関東地方の城郭へ

山梨県長野県新潟県 ・ 群馬県栃木県茨城県千葉県埼玉県神奈川県東京都