ザ・登城TOPへ
MENU
現存する木造天守閣昭和まで存続していた木造天守閣日本の「五大名城」日本三大山城・水城・平山城
日本五大山城関東七名城

ザ・登城
城 郭 あ れ こ れ


 城(Castle) という言葉に・・・・・貴方は何をイメージされますか?
 城と云うと、天守閣・石垣、或いは満々と水を蓄えた濠などをイメージされる方が多いと思います
 当初、合戦に備えた「砦」として始まり、やがて、「権力の象徴」「政治の中心地」
 として発展拡大されてきました。

城郭アイコン 一体、日本にはどれくらいの数の、お城があるの?!
 記録によると、その数、25,000強と云われています
 その規模は、千差万別ですが、江戸時代には200を切り、天守閣が有った城は70位でした。
 そのうち、現存天守閣は、 たったの12基だけ!  他の、現在見られる天守閣は、
 再建・復興や模擬天守など、すべて、あとから造られたものです。



 現存する木造天守閣(当時の姿のまま残っている天守は12城のみ)


国 宝
重 要
文化財
姫路城 松本城 犬山城 彦根城
姫路城 松本城 犬山城 彦根城
重 要
文化財
丸亀城 高知城 松山城 弘前城
丸亀城 高知城 松山城 弘前城
備中松山城 丸岡城 松江城 宇和島城
備中松山城 丸岡城 松江城 宇和島城
※ 姫路城のみ世界遺産指定です

■ 昭和まで存続していた木造天守閣
 上記の現存天守閣12棟を含め、全国に19棟ありましたが、1棟が火災で焼失、6棟が戦災で焼失してしまいました。

火災焼失 戦災焼失
松前城 名古屋城 大垣城 和歌山城 岡山城 福山城 広島城
※ 松前城は昭和24年に焼失  画像は焼失前のものではなく、その後に再建された天守閣です


狼煙アニメ  日本の「五大名城」を・・・・(私の一念が10%程度混ざりますが m(__)m )

 城 郭 名
 所 在 地   現 存 遺 構  備考・コメント
姫 路 城
(白鷺城)
兵庫県姫路市 大天守、東・西・乾小天守(3)、
天守丸渡櫓、城門、石垣、堀
 見飽きることの無い、その美しさは随一。
世界文化遺産、国宝(重文)
大 坂 城 大阪府大阪市
中央区
天守台、千貫櫓他に4の櫓、城門、石垣、堀  天下人“太閤さん”の築城・居城。大坂夏の陣で豊臣秀頼と共に灰塵と化す。10年かけて徳川大坂城を再築 重要文化財
名古屋城 愛知県名古屋市
中区本丸
天守台、末申櫓、辰巳櫓、戌亥隅櫓、表二之門の他に2の門、石垣、堀  織田信長公の生れた城(旧 那古野城) 廃城後、家康公が築城し、尾張徳川家として16代続く 重要文化財
熊 本 城 熊本県熊本市
本丸町
宇土櫓の他に10の櫓、不開門、高石垣、長塀  名築城者の加藤清正が築いた天下の“名城”。 重要文化財
江 戸 城 東京都千代田区千代田 日本最大の天守台、櫓、櫓門、塀、石垣  徳川幕府265年間の府城。 江戸城西の丸・吹上曲輪などの一帯が現在の皇居。 重要文化財

日本100名城

100名城イラスト

平成18年2月13日に、「日本城郭協会」より選定発表されました。


日本三大山城
岩村城 美 濃 岐阜県恵那市岩村町城山 本丸部分の標高721m、総延長1.7Kmもの石垣群
高取城 大 和 奈良県高市郡高取町上子嶋 標高584mの高取山山頂一帯に広がる壮大な山城
備中松山城 備 中 岡山県高梁市内山下 現存唯一の山城の天守(重文)、小堀遠州による大修築
日本三大水城
諏訪高島城 信 濃 長野県諏訪市高島一丁目 その堅固さは、「高遠三日に諏訪七日、飯田・松本通りがけ」と言われた
ほど
三原城 備 後 広島県三原市城町 毛利水軍を統率した元就3男・知勇兼備の名将・小早川隆景が築いた
海の要塞
今治城 伊 予 愛媛県今治市通町3−1−3 名築城家・藤堂高虎が砂地の三角州に築き、軍船を停泊させた巨大な
海城
日本三大平山城
姫路城 播 磨 兵庫県姫路市本町 舞い降りた白鷺を思わせる世界遺産、優雅な姿のなかに隠された恐るべき
しかけ
和歌山城 紀 伊 和歌山県和歌山市一番丁 南海道に偉容を誇り、「南海の鎮」を担った御三家紀州徳川家の牙城
伊予松山城 伊 予 愛媛県松山市丸の内 加藤嘉明が築き、家康の甥が引き継いだ堅城。我が国最後の完全な
城郭建築
日本五大山城
春日山城 越 後 新潟県上越市中屋敷字春日山 「軍神」・「毘沙門天の化身」・「越後の龍」…上杉謙信の本城
七尾城 能 登 石川県七尾市古城町 この城を奪った上杉謙信は眺めの良さに感嘆!
観音寺城 近 江 滋賀県蒲生郡安土町石寺 近江源氏の佐々木氏、後に近江国守護六角氏の居城。総石垣造り
小谷城 近 江 滋賀県東浅井郡湖北町伊部 信長の妹・お市が嫁いだ浅井長政ほか浅井氏3代の山城
月山冨田城 出 雲 島根県安来市広瀬町冨田 歴代の出雲国守護職の居城、戦国時代には大名尼子氏の本拠地

関東七名城
唐沢山城 下 野 栃木県佐野市栃本町・他 関八州を一望に収め、天下に名を知らしめた山城
宇都宮城 下 野 栃木県宇都宮市本丸町 本多正純の「釣天井事件」伝説でも名高い平城
金山城 上 野 群馬県太田市金山町 足利尊氏と新田義貞による攻防の舞台にもなった名城
前橋城 上 野 群馬県前橋市大手町 幕末、動乱に備え和洋折衷型の要塞に変貌した堅城
太田城 常 陸 茨城県常陸太田市中城町 清和源氏の名流佐竹氏による常陸統一の根拠地
川越城 武 蔵 埼玉県川越市郭町二丁目 北条氏綱軍の奇襲河越夜戦と松平信綱の善政の舞台
忍 城 武 蔵 埼玉県行田市本丸 石田三成ら豊臣勢に水攻めされても落ちなかった浮城

※ 前述の、宇都宮城・川越城・忍 城 に、
 ◆ 箕輪城  (群馬県高崎市箕郷町西明屋字城山)
 ◆ 沼田城  (群馬県沼田市西倉内町)
 ◆ 水戸城  (茨城県水戸市三の丸)
 ◆ 古河城  (茨城県古河市中央町)
 ◆ 小田原城(神奈川県小田原市城内)

を加えた8城を 「関東八名城」 とする名数もあります。


ページTOPに移動します 
城郭TOPに戻る