分離発注・国産木材でゆっくり建てるkigumi土壁の家。三重の木を推奨する三重県の設計事務所です。  

     

      木を生かす建築デザイン    

                         

                                                            WOOD PRO   SSD建築士事務所

AX

  → safe  space  design

     (管理人ブログ)

→ 管理人紹介
→分離発注で建てる

   kigumi土壁の家

→ 家づくりについて
→ 低温輻射土壁暖房
→ 無垢材天板ストック
→ 新ホームページ

 

メール メール

 

26/ 01/06 更新

 

 

 

 

 

 

 

BBS7.COM
MENU RND NEXT
 

 

 

建築家紹介センター

 

流行に左右されない、やさしい木と土の家


 分離発注方式での家づくり(一括発注方式も選べます)

 

うわべの性能に惑わされない、本物の素材だけが持つ質感

 

 

 

 

 

 日本人に還れる気候風土に合う住まいデザイン

 



kigumi土壁の蓄熱と断熱・遮熱の温熱環境ローコスト版もあり)

 

 

分離発注とは

 建設会社が一括請負しない請負方式です。

 少しご理解頂くのに時間が掛かると思いますが、大工工事・電気工事・屋根工事・・・の様に各工事契約を別々にするやり方です。

 建設会社は一括で施主と契約して、下請け工事に粗利をのせて経費を足したものが総工事金額となります。

 単純に言うと、建設会社の粗利を省いたやり方というメリットがあります。

ただし、工事には監督も必要ですし、工事原価も大量発注する大手建設業者の方が有利な事は否めません。

 大工職が手刻みする伝統的構法と土壁というやり方なので、おのずと時間とコストが掛かります。

 そんなコスト部分を少しでも抑制できる事と、伝統的構法と土壁は昔なら当たり前ですが、今となっては特殊なやり方なので、慣れていない工務店では管理し辛いという点も、分離発注が木組み土壁に向いている点と言えます。

Yahoo!ジオシティーズ
Counter