【移植後の日々】

ここでは、移植からの日数を表示します

◆緑文字は薬品名◆小文字は春の様子と母の気持ちです

移植当日 データ紛失? 骨髄移植PM7:30〜AM1:16
朝からだるそうな春。。朝食のシチューは少しだけ食べる。その後少しづつ復活。移植が始まると1時間毎に看護婦さんが血圧などを測りに来る。春に特に変わった変化はなし。春は10時頃には就寝。12時頃まで起きていた母も先生の言葉に甘えて就寝。移植が終わる頃に目覚め、様子を見た位。
1日後 WBC:100
HGB:8.8
PLT:68000
CRP:0.5
朝、起きられず、食欲も無くなる。
頂き物のゼリーだけ食べる。
プログラフ、MTX(メソトレキセート)注入
2日後 データ紛失? 朝、起きられず。薬が飲めなくなる。
3日後 データ紛失? 朝、起きられず。夕方のどの痛みを訴える
朝、MTX注入
4日後 WBC:100
HGB:8.3
PLT:87000
CRP:1.6
のどの痛さから、つばを口の中に溜め込む様になる。うがい薬の変更。CRPの上昇により、抗生剤をきついものに変える。夕方より、37.4度前後の発熱。寒がるので毛布をもらう。食事もあまり採らない。髪が少しずつ抜け始める。抜け毛対処用のガムテープを購入。
5日後 WBC:100
HGB:8.3
PLT:60000
CRP:3.3
朝、37.4度で寒がる。朝食は×。のどがかなり痛い様。口の中に少し口内炎。全体的にだるいようで横にあっている方が多い。CRPがまた上がる。抗生剤変更。髪の毛がかなり抜ける。触ると一度に抜けるほど。本人が喜んで髪を抜き始める。掃除が大変。
6日後 WBC:100
HGB:7.9
PLT:36000
CRP:7.4
朝、MTX注入。
朝、37.5度で寒がる。朝から吐き気。吐き気止めを1日2回定期的に入れてもらうことになる。のどの痛みも強く、つばが飲み込めない。食事が食べられない。薬も頑張るが、全部戻す。おしりがかぶれ始める。髪の毛の抜け方が激しいので、洗髪してもらう。ほとんど髪が無くなる。CRPが7台に上昇。
ファンギゾンを点滴で注入。低カロリー輸液注入始まる。
夜9時頃、38度の発熱。就寝前に遊んでいたら突然の鼻血。看護婦さんを呼んで対処してもらう。夜11時頃、強い吐き気。明け方4時頃、また強い吐き気。胃液を戻し始める。吐き気止めを使うが止まらず、眠剤で眠りにつく。
7日後 WBC:100
HGB:7.8
PLT:25000
CRP:8.8
血小板輸血。吐き気あり。かなりしんどうそうにしている。
口の中が少し白くなる。吐き気の為、水分、食事共に取れないため、カロリー輸液をUPする。おしりが赤い為、エンペシドクリームをだしてもらう。CRPが横ばいの為、抗生剤ミノマイシンからバンコマイシンへ変更。10時と5時にに吐き気止め注入。
8日後 WBC:100
HGB:6.1
PLT:65000
CRP:7.0
赤血球輸血。強い吐き気。朝、37.5度。食欲殆ど無し。
昼頃から水様下痢。その後も一日中吐き気。少し低血圧。
夕方ビタミン、痛み止め注入。
9日後 WBC:100
HGB:7.7
PLT:44000
CRP:7.0
朝。37.8度。起きられず、10時半まで熟睡。吐き気で起きる。CRP横ばい。
利尿剤を定期的に(2回/1day)に注入決定。
カイトリル(吐き気止め)、アタピー(眠剤・痛み止め)も定期的(2回/1day)に注入。
10日後 WBC:200
HGB:7.5
PLT:23000
CRP:6.1
相変わらず吐き気。
りんごジュースを一口飲むが戻す。お昼から夕方までご機嫌で遊ぶ。夕方からまた吐き気、下痢。深夜1時39度。解熱剤使用。氷枕を持ってきてもらう。
吐き気の為、アタピーで眠らせる。
11日後 WBC:500
HGB:7.6
PLT:51000
CRP:5.6
採血・採尿・喉の検査。少し食欲が出る。喉の痛みも少し和らぐ。朝10時37.9度。夜39.4度。解熱剤使用。
抗生剤アザクタム追加。
12日後 WBC:500
HGB:6.7
PLT:28000
CRP:6.1
体に小さな発疹。腹部、太もも、おしりに出る。少し痒みもあり。
熱が下がり、喉の痛みも無くなる。
吐き気の為中止していた投薬復活。ファンギゾン、フェノバール、タウリン、ウルソ、バクシダール。ファンギゾンは本人の希望により粒に変更。
13日後 WBC:1200
HGB:8.1
PLT:17000
CRP:5.8
WBCが1200になる。春もかなり元気になる。
夕方から、カリニ肺炎などの予防の為のバクタの投薬を開始する。
14日後 WBC:2000
HGB:7.3
PLT:50000
CRP:2.5
WBCが2000になり、一気に全面隔離解除!
個室から2人部屋へ移動。午後久々のお風呂。
CRPも2.5に下がる。夕方から38度台の熱。夜中38.6度。氷枕使用。

ファンギゾン吸入がなくなる。
15日後 WBC:3600
HGB:8.0
PLT:43000
CRP:1.9
採血・採尿
朝、38.3度、夜38度台の発熱
夕方からゾビラックス(粒)投薬開始
16日後 採血なし 血小板輸血
朝、昼殆ど食べないが夕食はおにぎり1個食べる。一日中元気。発疹もあまり目立たない。
17日後 採血なし 一日中元気!
18日後 WBC:5800
HGB:8.3
PLT:75000
CRP:0.7
採血・採尿・採便。熱も無く元気
CRP→0.7に下がるファンギゾン、バクシダール夕方に投薬終了。
19日後 採血なし 元気。
3時から入浴。G−CSF投与終了
20日後 WBC:9200
HGB:8.8
PLT:63000
CRP:0.5
元気
午後から下痢1回。
夜9時でプログラフ投与終了。翌朝からカプセルに変更。
21日後 採血なし 元気
下痢1日2回→GVHD?
プログラフ錠剤朝9時&夜9時服用開始。利尿剤も中止。点滴の量も減量。
22日後 WBC:4400
HGB:8.7
PLT:63000
CRP:0.4
採血・採尿
CRP→0.4に下がる肝臓の数値が上がるのでミノファーゲン投薬。
23日後 採血なし 元気
抗生剤マキシピーム投与。サイトメガロウイルス予防デノシン投与。ビタミン投与終了。
24日後 採血なし 午前中に部屋移動。2人部屋から総室(4人部屋)へ
25日後 WBC:2500
HGB:9.0
PLT:71000
CRP:0.2
採血・採尿
26日後 採血なし 元気
27日後 WBC:1900
HGB:8.8
PLT:70000
CRP:0.2
採血
CRP0.2に下がる→抗生剤投与中止。午後から週1回のデノシン投与。
28日後 採血なし 元気
便の状態が少しましになる。午前中入浴。
29日後 WBC:1900
HGB:9700
PLT:59000
CRP:0.2
採血。午後から点滴が外れる!
肝臓のお薬は飲み薬に変更。
30日後 採血なし 夜から翌日の夜まで移植後初の外泊許可。
朝、食事を戻すが元気。
31日後 WBC:2600
HGB:10.0
PLT:34000
CRP:0.5
朝、2度食事を戻すが元気。夜8時帰院。

前のページへホームへ次のページへ